スポンサーリンク

 

中務茂兵衛が建立した標石を取材した記事を一覧にまとめています。新しい記事を制作するごとに更新を行っています。

中務茂兵衛義教<なかつかさもへえよしのり>

中務茂兵衛義教<なかつかさもへえよしのり/弘化2年(1845)4月30日-大正11年(1922)2月14日>

周防國大嶋郡椋野村(すおうのくにおおしまぐんむくのむら、現山口県周防大島町)出身。 22歳の頃に周防大島を出奔。明治から大正にかけて一度も故郷に戻ることなく、四国八十八ヶ所を繰り返し巡拝する事279回と87ヶ所。バスや自家用車が普及している時代ではないので、殆どが徒歩。 巡拝回数は歩き遍路最多記録と名高く、また今後も上回ることはほぼ不可能な不滅の功績とも呼ばれる。
明治19年(1886)、茂兵衛42歳。88度目の巡拝の頃から標石の建立を始めた。標石は四国各地で確認されているだけで243基。札所の境内、遍路道沿いに多く残されている。

 

 

中務茂兵衛標石の基礎知識

遍路道標(一宮寺門前)のおはなし【83番札所「一宮寺」門前】 2019,0219

 

 

徳島県

2番/鳴門市

四国遍路を始めて最初に目にする中務茂兵衛標石【2番札所「極楽寺」境内】 2019,0813
巡拝回数:186度
建立年月:明治34年2月

 

2-3番/板野町

88度目の巡拝を記念して建てた初期の標石【2番札所「極楽寺」→3番札所「金泉寺」】 2019,0327
巡拝回数:88度
建立年月:明治19年3月

 

3番/板野町

讃岐男に阿波女。実は國境近くに立つ標石【3番札所「金泉寺」門前】 2019,0327
巡拝回数:192度
建立年月:明治35年12月

 

3番/板野町

遠く離れた奥の院仙龍寺の情報が刻まれた標石【3番札所「金泉寺」近く】 2019,0327
巡拝回数:198度
建立年月:明治36年12月

 

5-6番/板野町

湖国の方々の御寄進によって建てられた標石【5番札所「地蔵寺」近く】 2017,1006
巡拝回数:197度
建立年月:明治36年7月

 

7番/上板町

医者の例えで有名な地域ゆかりの中務茂兵衛標石【7番札所「十楽寺」門前】 2018,0402
巡拝回数:161度
建立年月:明治31年3月

 

中務茂兵衛標石 8番9番中間

8-9番/阿波市

遍路道分岐点の新旧様々な道案内の中にある中務茂兵衛標石【8番札所「熊谷寺」→9番札所「法輪寺」】 2019,0817
巡拝回数:167度
建立年月:明治32年3月

 

8-9番/阿波市

最古参の標石は他では見ることができない個性の宝庫【8番札所「熊谷寺」→9番札所「法輪寺」】 2019,0817
巡拝回数:88度
建立年月:明治19年3月

 

9番法輪寺先標石 四国のみち道標

9-10番/阿波市

四国遍路の語源となった地域由来の標石【9番札所「法輪寺」→10番札所「切幡寺」】 2019,0817
巡拝回数:173度
建立年月:明治32年12月

 

10-11番/阿波市

吉野川土手で見ることができる復旧された標石【10番札所「切幡寺」→11番札所「藤井寺」】 2019,0328
巡拝回数:88度
建立年月:明治19年3月 ※破損により復旧

 

11-12番/吉野川市

遍路ころがしで道順を知らせる中務茂兵衛標石【11番札所「藤井寺」→12番札所「焼山寺」】 2019,0318
巡拝回数:164度
建立年月:明治31年8月

 

13-14番/徳島市

徳島市五ヶ所参り道中にたつ標石【13番札所「大日寺」→14番札所「常楽寺」】 2019,0318
巡拝回数:137度
建立年月:明治27年7月

 

15-16番/徳島市

仏像が刻まれた中務茂兵衛標石【16番札所「観音寺」近く】 2019,0621
巡拝回数:161度
建立年月:明治31年●● ※月不明

 

小松島警察署近くの標石 高地蔵

17-18番/小松島市

施主の職業が記されている標石【17番札所「井戸寺」→18番札所「恩山寺」】 2019,0817
巡拝回数:215度
建立年月:明治40年1月

 

18番/小松島市

標石から見る兵庫と神戸の違い【18番札所「恩山寺」近く】 2019,0319
巡拝回数:181度
建立年月:明治34年2月

 

18-19番/小松島市

18番・19番の中間で見られる宮崎県由来の標石【18番札所「恩山寺」→19番札所「立江寺」】 2019,0320
巡拝回数:165度
建立年月:明治31年11月

 

18-19-20番/小松島市

建立に関わった人々の役割が記された標石【19番札所「立江寺」近く】 2019,0320
巡拝回数:171度
建立年月:明治32年5月

 

20番/勝浦町

第20番奥の院への方向を示す中務茂兵衛標石【20番札所「鶴林寺」門前】 2019,311
巡拝回数:179度
建立年月:明治33年1月

 

20番/勝浦町

中務茂兵衛建立の中で最大級の標石【20番札所「鶴林寺」境内】 2019,0311
巡拝回数:179度
建立年月:明治33年11月

 

22-23番/阿南市

今と昔で与える情報が異なる標石【22番札所「平等寺」→23番札所「薬王寺」】 2019,0622
巡拝回数:153度
建立年月:明治30年1月

 

23-24番/美波町

土佐街道沿いに置かれた標石【阿波驛路寺「打越寺(うちこしじ)」門前】 2019,0622
巡拝回数:219度
建立年月:明治40年11月

 

高知県

28-29番/南国市

伊藤萬蔵×中務茂兵衛合作の標石【28番札所「大日寺」→29番札所「国分寺」】 2019,0408
巡拝回数:160度
建立年月:明治31年2月

 

28-29番/南国市

かつての国府所在地。土佐國の真ん中に立つ標石【29番札所「国分寺」近く】 2019,0328
巡拝回数:157度
建立年月:明治30年●●月 ※月不明

 

29-30番/南国市

古くからの交通の要衝「岡豊」に建てられた標石【29番札所「国分寺」→30番札所「善楽寺」】 2020,0209
巡拝回数:152度
建立年月:明治29年11月

 

30-31番/高知市

高知城近くにある標石から読み取る当時の四国遍路界【30番札所「善楽寺」→30番札所奥の院「安楽寺」】 2019,0321
巡拝回数:145度
建立年月:明治28年11月

 

31-32番/高知市

五台山の麓に残された標石は、京都の中心で暮らす人物によるもの【31番札所「竹林寺」近く】 2019.0427
巡拝回数:185度
建立年月:明治34年12月

 

34番/高知市

標石が建立された年月から当時の情勢を想像する楽しみ【34番札所「種間寺」門前】 2020,0209
巡拝回数:252度
建立年月:大正3年3月

 

37-38番/四万十市

足摺と中村城下の分かれ又に立つ標石【37番札所「岩本寺」→38番札所「金剛福寺」】 2019,0427
巡拝回数:149度
建立年月:明治29年4月

 

37-38番/四万十市

四万十川渡し場分岐に残された中務茂兵衛標石【37番札所「岩本寺」→38番札所「金剛福寺」】 2019,0427
巡拝回数:153度
建立年月:明治29年11月

 

38-39番/四万十市

北前船寄港で栄えた離島集落の住民が寄進した中務茂兵衛標石【39番札所「延光寺」入口】 2020,0314
巡拝回数:265度
建立年月:大正5年12月

 

39番/宿毛市

延光寺から観自在寺へ向かう地点にある標石【39番札所「延光寺」門前】 2017,1123
巡拝回数:114度
建立年月:明治23年5月

 

 

愛媛県

40-41番/愛南町

柏坂の登り口に残る遍路石と大先達「中務茂兵衛」の教え【愛媛県愛南町柏】 2015,1226
巡拝回数:184度
建立年月:明治34年10月

 

40-41番/愛南町

四国有数の遍路ころがし道中にある中務茂兵衛建立の大師像【愛南町柏坂】 2019.1223
巡拝回数:120~125度?
建立年月:明治25年正月

 

40-41番/宇和島市

標石から読み取れる四国と九州の繋がり【別格6番札所「龍光院」参道】 2017,0915
巡拝回数:190度
建立年月:明治35年7月

 

40-41番/宇和島市

淀川河川改修時期にそこで暮らしていた方々が寄進した標石【40番札所「観自在寺」→41番札所「龍光寺」】 2020,0313
巡拝回数:229度
建立年月:明治32年9月

 

41番龍光寺 鳥居前標石

41番/宇和島市

鳥居前に残された中務茂兵衛巡拝後期の標石【41番札所「龍光寺」鳥居前】 2019,0813
巡拝回数:263度
建立年月:大正5年7月

 

仏木寺 山門 標石

42番/宇和島市

歌を詠んだ人物が刻まれている標石【42番札所「仏木寺」門前】 2019,0813
巡拝回数:100度
建立年月:明治21年5月

 

42-43番/西予市

建立月日まで記されている、道引大師前の標石【42番札所「仏木寺」→43番札所「明石寺」】 2020,0313
巡拝回数:209度
建立年月:明治39年1月

 

香川県

66番/徳島県三好市

最も標高が高い場所にたつ中務茂兵衛標石【66番札所「雲辺寺」境内】 2019,0312
巡拝回数:147度
建立年月:明治29年2月

 

76番/善通寺市

大先達「中務茂兵衛」が伝える四国遍路メッセージ【76番札所「金倉寺」門前の遍路石】 2017,0223
巡拝回数:121度
建立年月:明治24年11月

 

80-83番/高松市

中務茂兵衛の札所順とは異なる行先を示す標石【83番札所「一宮寺」西の路傍】 2017,0622
巡拝回数:147度
建立年月:明治29年2月

 

83番/高松市

中務茂兵衛初期の標石【83番札所「一宮寺」門前】 2017,0622
巡拝回数:88度
建立年月:明治19年3月

 

83-84番/高松市

中務茂兵衛初期の標石【83番札所「一宮寺」北の路傍】 2017,0622
巡拝回数:88度
建立年月:明治19年3月

 

83-84番/高松市

高松市市街地に残された中務茂兵衛標石【高松市紙町】 2018,0402
巡拝回数:141度
建立年月:明治28年2月

 

87-88番/さぬき市

結願へカウントダウンの地に立つ標石【87番札所「長尾寺」→88番札所「大窪寺」】 2019,0427
巡拝回数:139度
建立年月:明治27年9月

 

 

88-1番/東かがわ市

中務茂兵衛、生きて四国遍路を回った証、最後の標石【阿讃県境「境目(さかいめ)」編】 2017,1124
巡拝回数:279度
建立年月:大正10年6月

 

88-1番/東かがわ市

本州への連絡汽船の案内が記された標石【「三宝寺」近く[香川県東かがわ市]】 2017,1124
巡拝回数:186度
建立年月:明治34年12月

 

88-1番/東かがわ市

中務茂兵衛、生きて四国遍路を回った証、最後の標石【「三宝寺」門前編】 2017,1124
巡拝回数:279度
建立年月:大正10年6月

 

88-1番/東かがわ市

四国一周を目指して進む道中にある中務茂兵衛標石【88番札所「大窪寺」→1番札所「霊山寺」】 2019,0209
巡拝回数:278度
建立年月:大正9年11月

 

88-1番/東かがわ市

かつての港町の賑わいを想像することができるやや大きな標石【88番札所「大窪寺」→3番札所「金泉寺」】 2020,0222
巡拝回数:165度
建立年月:明治31年11月

 

データルーム

取材標石数

徳島県…21基
高知県…10基
愛媛県…7基
香川県…12基

巡拝回数別

~100度…6基
101~130度…3基
131~160度…12基
161~190度…16基
191~220度…6基
221~250度…1基
251度~…6基

令和2年3月17日火曜日現在

 

あなたにおすすめ

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」
TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

野瀬 照山

八十八ヶ所案内人・先達であり、旅人をお迎えするゲストハウスそらうみを運営。 四国八十八ヶ所結願30回、うち歩き遍路12回。 四国六番安楽寺出家得度。四国八十八ヶ所霊場会公認先達。 高松市一宮町で「さぬき高松ゲストハウスそらうみ(http://www.sanuki-soraumi.jp/)」を運営。