スポンサーリンク

 

中務茂兵衛が建立した標石の記事を一覧にまとめています。新しい記事が公開されましたら、随時更新いたします。

 

中務茂兵衛 < 弘化2年(1845)4月30日 - 大正11年(1922)2月14日 >

周防國大嶋郡椋野村(現 山口県周防大島町)出身。
18歳の頃に周防大島を出奔。明治から大正にかけて 一度も故郷に戻ることなく、四国八十八ヶ所を繰り返し巡拝する事 279回。バスや自家用車が普及している時代ではないので、殆どが徒歩。 巡拝回数は 歩き遍路最多記録 と名高く、また今後も上回ることはほぼ不可能な不滅の功績とも呼ばれる。 
明治19年(1886)、茂兵衛42歳。88度目の巡拝の頃から標石の建立を始めた。標石は四国各地で確認されているだけで243基。札所の境内、遍路道沿いに多く残されている。

 

中務茂兵衛標石の基礎知識

遍路道標(一宮寺門前)のおはなし【83番札所「一宮寺」門前】 2019,0219

 

 

徳島

5番 ~ 6番 / 板野町

湖国の方々の御寄進によって建てられた標石【5番札所「地蔵寺」近く】 2017,1006

 

7番 / 上板町

医者の例えで有名な地域ゆかりの中務茂兵衛標石【7番札所「十楽寺」門前】 2018,0402

 

 

高知

39番 / 宿毛市

延光寺から観自在寺へ向かう地点にある標石【39番札所「延光寺」門前】 2017,1123

 

 

愛媛

40番 ~ 41番 / 愛南町

柏坂の登り口に残る遍路石と大先達「中務茂兵衛」の教え【愛媛県愛南町柏】 2015,1226

 

40番 ~ 41番 / 宇和島市

標石から読み取れる四国と九州の繋がり【別格6番札所「龍光院」参道】 2017,0915

 

 

香川

76番 / 善通寺市

大先達「中務茂兵衛」が伝える四国遍路メッセージ【76番札所「金倉寺」門前の遍路石】 2017,0223

 

80番 ~ 83番 / 高松市

中務茂兵衛の札所順とは異なる行先を示す標石【83番札所「一宮寺」西の路傍】 2017,0622

 

83番 / 高松市

中務茂兵衛初期の標石【83番札所「一宮寺」門前】 2017,0622

 

83番 ~ 84番 / 高松市

中務茂兵衛初期の標石【83番札所「一宮寺」北の路傍】 2017,0622

 

83番 ~ 84番 / 高松市

高松市市街地に残された中務茂兵衛標石【高松市紙町】 2018,0402

 

88番 ~ 1番 / 東かがわ市

中務茂兵衛、生きて四国遍路を回った証、最後の標石【阿讃県境「境目(さかいめ)」編】 2017,1124

 

88番 ~ 1番 / 東かがわ市

本州への連絡汽船の案内が記された標石【「三宝寺」近く[香川県東かがわ市]】 2017,1124

 

88番 ~ 1番 / 東かがわ市

中務茂兵衛、生きて四国遍路を回った証、最後の標石【「三宝寺」門前編】 2017,1124

 

あなたにおすすめ

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」
TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

野瀬 照山

八十八ヶ所案内人・先達であり、旅人をお迎えするゲストハウスそらうみを運営。 四国八十八ヶ所結願30回、うち歩き遍路12回。 四国六番安楽寺出家得度。四国八十八ヶ所霊場会公認先達。 高松市一宮町で「さぬき高松ゲストハウスそらうみ(http://www.sanuki-soraumi.jp/)」を運営。