四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路×サイクリング

22番札所平等寺〜生見まで【ミニベロ遍路走行データその9】

スポンサーリンク   体力的にも精神的にも注意が必要な前半の山道区間と快適な海岸線沿いの後半。徳島県から高知県へまたぐ走行では、山と海の明確なコントラストがある。グリーンラインの存在で道から感じるお遍路文化。
Continue Reading
遍路×サイクリング

サーフボードと自転車が思い出に残った道の駅ならぬ海の駅【海の駅東洋町(高知県東洋町)】

開放感のある「海の駅東洋町」。様々なアウトドアアクティビティを楽しめる場所は周辺地元民に人気のスポット。ミニベロとサーフボードのコントラストが印象的。   あなたにおすすめ    四国遍路情報サイト「
Continue Reading
遍路道

國境の古道で峠を越えて土佐へ入る【阿佐國境「古目峠(こめとうげ)」】

かつて土佐へ入國する際に厳しい取り調べが行われていた古目番所を過ぎて、旧土佐浜街道であり阿波・土佐國境の峠である古目峠(こめとうげ)を目指します。
Continue Reading
遍路道

宍喰住民による涙の別れと徳島県最南所に位置する霊場【古目大師(こめだいし)】

徳島県最南の街・宍喰(ししくい)。ひと山越えると高知県という県境の街でもありますが、古の四国遍路を回想しながら県境を越える古道の峠を目指したいと思います。
Continue Reading
遍路道

四国最小の鉄道事業者に間もなく登場する世界初の乗物【阿佐海岸鉄道「DMV(Dual Mode Vehicle)」】

四国八十八ヶ所を順打ちで進んだ場合、徳島県の次は高知県に入ります。その県境の街にある僅かの小さな鉄道をご存知でしょうか。国鉄の置き土産ともいえる小さな鉄道事業者は今、変革期を迎えています。
Continue Reading
遍路道

昔の難所「野根」で休憩のあとは、「猿との遭遇Part2」の要注意区間【高知県東洋町国道55号】

阿波の國に別れを告げ、ひたすら続く海沿いの国道55号で、土佐の國に入っていきます。 県境のまち「東洋町」には、猿との遭遇あり、歩きにくい危険箇所あり、それ以外にもネタ満載の要注意区間でした。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top