四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路道

四万十川最後の渡しは今も細々続いているようです【37番札所「岩本寺」→38番札所「金剛福寺」】

スポンサーリンク   人は川や海の上を歩くことはできません。昔の四国遍路は、四国各所の水辺で渡し舟を利用していました。四国第二の大河・四万十川(渡川)を渡る際も同様。四万十川で最後まで残った河口の渡し舟は、かつ
Continue Reading
遍路道

四万十川渡し場分岐に残された中務茂兵衛標石【37番札所「岩本寺」→38番札所「金剛福寺」】

高知県の第37番岩本寺から第38番金剛福寺への約90kmの道のりは、その札所間距離自体が難所といえるほど離れています。四万十川河口に近いこの地点は、かつて難所であったであろう「川渡し」を超えた先にある三叉路。中務茂兵衛標
Continue Reading
遍路道

四国遍路の父「真念」ゆかりの「真念庵」と「ドライブイン水車」は足摺岬への中継基地【四万十市→土佐清水市】

四万十市から土佐清水市に入ると巨大な道標遍路石があり、ここは四国遍路の父「真念」ゆかりの「真念庵」のある分岐点です。現代の「真念庵」とも呼べる「ドライブイン水車」を中継基地として足摺岬を目指します。
Continue Reading
遍路道

クロマツが立ち並ぶ「入野の浜」の朝散歩から「四万十大橋」を渡る【入野松原→四万十市】

樹齢300年を越える数十万本のクロマツが立ち並ぶ「入野松原」は、地元の方々の散歩道でご挨拶と交流の連続でした。遠浅白砂の美しい浜を抜けて、最後の清流「四万十川」を「四万十大橋」で渡れば、旧中村市の「四万十市」に突入です。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top