四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路宿

総本山善通寺宿坊「いろは会館」は弘法大師生誕の地に泊まれる宿泊施設【75番札所「善通寺(ぜんつうじ)」】

スポンサーリンク   お遍路さんが泊まる宿の歴史や運営コンセプトについてインタビューする遍路宿紹介シリーズ。弘法大師ご生誕の地に建つ75番札所善通寺の宿坊「いろは会館」の歴史や宿泊者への思いについて、善通寺の僧
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

「三羽雀」から「菊に善」への寺紋の変遷に秘められた「真言宗善通寺派」の歴史【75番札所「善通寺(ぜんつうじ)」】

空海を輩出した佐伯氏が使用していたとされる「三羽雀紋」にあやかり、香川県内では雀紋を寺紋に使う寺が複数存在しますが、佐伯氏にゆかりの深い75番札所善通寺の現在の寺紋は「菊に善」。寺紋の視点で善通寺の歴史の変遷に迫ります。
Continue Reading
遍路豆知識

空海を生んだ佐伯家に由縁をもつ寺紋「三羽雀紋」の探求

空海を輩出した讃岐國の豪族「佐伯家」が使っていたとされる「雀紋」。それにあやかり香川県内のいくつかの寺では「三羽雀紋」が寺紋に使われているという話を耳にして、三羽雀紋の探求をはじめました。
Continue Reading
遍路道

三つの札所が一面に併記されている中務茂兵衛標石【73番札所「出釈迦寺」→74番札所「甲山寺」】

奥に見えている三角形の山は甲山(かぶとやま)。山のふもと東側に第74番甲山寺(こうやまじ)があります。その間近となる場所に中務茂兵衛標石が残されています。
Continue Reading
遍路道

願主と施主の立ち位置が逆になっている最初期の中務茂兵衛標石【73番札所「出釈迦寺」→74番札所「甲山寺」】

第72番曼荼羅寺(第73番出釈迦寺)を出発すると、我拝師山など善通寺五岳山を右手に見ながら第74番甲山寺を目指します。その道中に中務茂兵衛最初期の標石が残されています。
Continue Reading
遍路道

曼荼羅寺の南北参道脇に残されている中務茂兵衛標石【72番札所「曼荼羅寺」近く】

我拝師山のふもとにある二つの札所の一つ・第72番曼荼羅寺。多くの地図に従って歩くとこちらの場所を通ることはありませんが、かつてのお遍路さんはここを通っていたのでしょうか。中務茂兵衛標石が残されています。
Continue Reading
遍路道

やや破損が目立つ100度目の中務茂兵衛標石【72番札所「曼荼羅寺」南北参道出口】

中務茂兵衛標石の密集地帯である第72番曼荼羅寺周辺。境内から南北に延びる参道出口に、やや破損が目立つ中務茂兵衛標石が残されています。
Continue Reading
遍路道

曼荼羅寺山門前にあるやや大きな中務茂兵衛標石【72番札所「曼荼羅寺」門前】

第72番曼荼羅寺に入る道は東南北と三箇所ありますが、山門が設けられているこちらは東側。その門前にやや大きめの中務茂兵衛標石が残されています。
Continue Reading
遍路道

標石が建てられた時代、首都は広島に置かれていた【72番札所「曼荼羅寺」→73番札所「出釈迦寺」】

背後に我拝師山(がはいしざん)を臨む坂道、第72・73番を行き来する道の途中に、中務茂兵衛標石が残されています。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top