四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路道

日土友好元年と同時期に建てられた中務茂兵衛標石【76番札所「金倉寺」近く】

スポンサーリンク   第76番金倉寺を出てすぐ。有名讃岐うどん店のある交差点の脇に、中務茂兵衛標石を見ることができます。古い石ながら字の判別が容易で、記載内容を基にいくつも話題が広がっていきます。
Continue Reading
遍路道

中務茂兵衛ゆかりの寺院にある小さな88度目の標石【76番札所「金倉寺」近く】

第76番金倉寺駐車場の出入口に、注意していなければ気づかない大きさの中務茂兵衛標石が残されています。茂兵衛建立最初期の標石のひとつで、後年のものと比べて肩書など記載事項が異なる・一定ではない点が特徴の一つといえます。 &
Continue Reading
遍路道

通常とは異なる配置の大師堂とその前に残されている中務茂兵衛標石【76番札所「金倉寺」祖師堂】

中務茂兵衛の師僧の寺院であり、智証大師ゆかりの第76番金倉寺。境内大師堂前にも中務茂兵衛標石が残されていますが、その大師堂は他の札所とは違ったルールに基づいて大師らが祀られています。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

金倉寺ゆかりの人物と日本近代史の輝かしい1ページ【76番札所「金倉寺(こんぞうじ)」】

お大師さまの甥・智証大師が発展させ、本サイトでもたびたびご紹介している中務茂兵衛の師僧の寺院でもある第76番金倉寺。その存在が日本史を変えたかもしれない、そんな人物との関わりを想像できるエピソードをご紹介します。
Continue Reading
遍路道

金倉寺山門で見ることができる規格外の中務茂兵衛石柱[右]【76番札所「金倉寺」門前】

中務茂兵衛の四国遍路を発展させた師僧の寺である第76番金倉寺。茂兵衛さんと縁が深いだけあって通常は見ることができないような規格外の標石を門前で見ることができます。
Continue Reading
遍路道

金倉寺山門で見ることができる規格外の中務茂兵衛石柱[左]【76番札所「金倉寺」門前】

中務茂兵衛の師僧の寺院・第76番金倉寺。関わりが深いだけあって標石が数多く残されています。そのうちの2基はこちら山門前にあるもの。大きさや表記内容など、規格は他では見られないものになっています。
Continue Reading
遍路宿

総本山善通寺宿坊「いろは会館」は弘法大師生誕の地に泊まれる宿泊施設【75番札所「善通寺(ぜんつうじ)」】

75番札所善通寺の宿坊「いろは会館」は、最大250名が収容できる大きな宿坊です。早朝の勤行や、宿泊者だけが利用できる天然温泉「大師の里湯」など、善通寺ならではの体験ができるので、お遍路さんにとても人気があります。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

「三羽雀」から「菊に善」への寺紋の変遷に秘められた「真言宗善通寺派」の歴史【75番札所「善通寺(ぜんつうじ)」】

空海を輩出した佐伯氏が使用していたとされる「三羽雀紋」にあやかり、香川県内では雀紋を寺紋に使う寺が複数存在しますが、佐伯氏にゆかりの深い75番札所善通寺の現在の寺紋は「菊に善」。寺紋の視点で善通寺の歴史の変遷に迫ります。
Continue Reading
遍路豆知識

空海を生んだ佐伯家に由縁をもつ寺紋「三羽雀紋」の探求

空海を輩出した讃岐國の豪族「佐伯家」が使っていたとされる「雀紋」。それにあやかり香川県内のいくつかの寺では「三羽雀紋」が寺紋に使われているという話を耳にして、三羽雀紋の探求をはじめました。
Continue Reading
遍路道

三つの札所が一面に併記されている中務茂兵衛標石【73番札所「出釈迦寺」→74番札所「甲山寺」】

奥に見えている三角形の山は甲山(かぶとやま)。山のふもと東側に第74番甲山寺(こうやまじ)があります。その間近となる場所に中務茂兵衛標石が残されています。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top