四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路道

札所名が二ヶ寺ずつ四ヶ寺記されている標石【85番札所「八栗寺」→86番札所「志度寺」】

スポンサーリンク   第85番八栗寺から下山して少し歩いた場所にある道の駅。多くのお遍路さんはそちらでお手洗いなど休憩を取られるのではないでしょうか。そこを出発してすぐの場所、国道11号交差点付近に中務茂兵衛標
Continue Reading
遍路道

線路敷地内に残されている古びた標石【84番札所「八栗寺」→85番札所「志度寺」】

第85番八栗寺から山を下りてくると、JR・ことでん・国道11号と交通大動脈が一堂に会する地点に出てきます。その中のJR高徳線の敷地内に古びた中務茂兵衛標石が残されています。   あなたにおすすめ  
Continue Reading
遍路道

元祖大阪で暮らす施主によって寄進が行われた標石【84番札所「屋島寺」→85番札所「八栗寺」】

江戸時代に四国八十八ヶ所の原形を定めたといわれる真念の墓所がある洲崎寺。その外塀部分に下部が埋もれている中務茂兵衛標石が存在します。
Continue Reading
遍路道

源平合戦の舞台となった地に残されている標石【84番札所「屋島寺」→85番札所「八栗寺」】

順打ちで第84番屋島寺から急坂を下ってきた地点。下山して右に曲がる場所に保存状態が良く、字の判別が容易な中務茂兵衛標石が残されています。
Continue Reading
遍路道

中務茂兵衛70歳の時に建てられた水路横の標石【34番札所「種間寺」→35番札所「清瀧寺」】

第34番種間寺を出たお遍路さんは、一車線前後の車道を経由しながら次の第35番清滝寺を目指します。春野らしく水路がある横に中務茂兵衛標石が残されています。
Continue Reading
遍路道

20代で寄進を行った兵庫県の名士による標石【34番札所「種間寺」→35番札所「清瀧寺」】

第34番種間寺を出て第35番清滝寺へ向かう道中。このエリアで数多く見られる用水路を渡った地点に兵庫県の名士の寄進による中務茂兵衛標石が残されています。
Continue Reading
遍路道

古いフォントが特徴的な小さな標石に秘められた内容【64番札所「前神寺」→65番札所「三角寺」】

第65番三角寺を目指して登り坂を進んでいると、公園があり水の流れる音がする場所に差し掛かります。その付近に小さな中務茂兵衛標石がありますが、その背丈ながら記載内容という個性は抜群の石です。
Continue Reading
遍路道

古書の街で暮らす施主らが寄進した中務茂兵衛標石【64番札所「前神寺」→65番札所「三角寺」】

第65番三角寺へ向かって高速道路くぐった辺り。その辺りの丘には墓地が広がっていますが、この区画に移されたであろう中務茂兵衛標石が存在します。
Continue Reading
遍路道

標石密集地帯・四国中央市にある標石の元祖・真念遍路石【64番札所「前神寺」→65番札所「三角寺」】

標石密集地帯・愛媛県四国中央市。庶民への四国遍路普及に伴ってそれを手助けする標石建立が江戸時代から行われてきました。第65番三角寺へ向かう道中に、その元祖となる真念遍路石が丁寧な形で残されています。
Continue Reading
遍路道

三角寺へ続く道すがらの公園のような場所に移されている標石【64番札所「前神寺」→65番札所「三角寺」】

第65番三角寺を目指して登り坂が始まった地点。この時点で遍路道はまだ住宅街の中を進みますが、小さな公園の隅に移された中務茂兵衛標石が残されています。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top