四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路道

日土友好元年と同時期に建てられた中務茂兵衛標石【76番札所「金倉寺」近く】

スポンサーリンク   第76番金倉寺を出てすぐ。有名讃岐うどん店のある交差点の脇に、中務茂兵衛標石を見ることができます。古い石ながら字の判別が容易で、記載内容を基にいくつも話題が広がっていきます。
Continue Reading
遍路道

中務茂兵衛ゆかりの寺院にある小さな88度目の標石【76番札所「金倉寺」近く】

第76番金倉寺駐車場の出入口に、注意していなければ気づかない大きさの中務茂兵衛標石が残されています。茂兵衛建立最初期の標石のひとつで、後年のものと比べて肩書など記載事項が異なる・一定ではない点が特徴の一つといえます。 &
Continue Reading
遍路道

通常とは異なる配置の大師堂とその前に残されている中務茂兵衛標石【76番札所「金倉寺」祖師堂】

中務茂兵衛の師僧の寺院であり、智証大師ゆかりの第76番金倉寺。境内大師堂前にも中務茂兵衛標石が残されていますが、その大師堂は他の札所とは違ったルールに基づいて大師らが祀られています。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

金倉寺ゆかりの人物と日本近代史の輝かしい1ページ【76番札所「金倉寺(こんぞうじ)」】

お大師さまの甥・智証大師が発展させ、本サイトでもたびたびご紹介している中務茂兵衛の師僧の寺院でもある第76番金倉寺。その存在が日本史を変えたかもしれない、そんな人物との関わりを想像できるエピソードをご紹介します。
Continue Reading
遍路道

金倉寺山門で見ることができる規格外の中務茂兵衛石柱[右]【76番札所「金倉寺」門前】

中務茂兵衛の四国遍路を発展させた師僧の寺である第76番金倉寺。茂兵衛さんと縁が深いだけあって通常は見ることができないような規格外の標石を門前で見ることができます。
Continue Reading
遍路道

金倉寺山門で見ることができる規格外の中務茂兵衛石柱[左]【76番札所「金倉寺」門前】

中務茂兵衛の師僧の寺院・第76番金倉寺。関わりが深いだけあって標石が数多く残されています。そのうちの2基はこちら山門前にあるもの。大きさや表記内容など、規格は他では見られないものになっています。
Continue Reading
遍路道

中務茂兵衛、四国遍路最盛期とみることができる標石【76番札所「金倉寺」→77番札所「道隆寺」】

善通寺市周辺に近在する札所参りの最後となる第77番道隆寺。寺が近くなったところで車道脇に除けて残されている標石が目に入ります。
Continue Reading
遍路道

五差路に二つ並んで立っている中務茂兵衛標石(西側)【76番札所「金倉寺」→77番札所「道隆寺」】

香川県西部に残されている中務茂兵衛標石は、岡山の施主による石が多いこととこんぴらさんに関する記載が見られることが特徴の一つ。多度津町の五差路、一対二基の西側の標石は、まさにその要件を両方満たしています。
Continue Reading
遍路道

五差路に二つ並んで立っている中務茂兵衛標石(東側)【76番札所「金倉寺」→77番札所「道隆寺」】

第76番金倉寺から第77番道隆寺に向かう道中、遍路道と旧街道が重複している五差路で見ることができる、一対二基の標石。この記事では東側にある標石を詳しく観察します。
Continue Reading
遍路道

歌を詠んだ人物が刻まれている標石【42番札所「仏木寺」門前】

四国八十八ヶ所・第42番仏木寺。寺院に訪れるとまず、近年再建された立派な山門が目に入りますが、その門前に添句がきざまれた中務茂兵衛標石が残されています。
Continue Reading
12

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top