スポンサーリンク

 

「田中の法輪さん」こと第9番法輪寺。その呼び名通り、田圃が広がる中にお寺があり、田園遍路道に中務茂兵衛標石が残されています。一般的に見ることができるものより少し小さな標石ですが、他では見ることができない特徴があります。

田園の先に法輪寺が見える

 

中務茂兵衛 < 弘化2年(1845)4月30日 - 大正11年(1922)2月14日 >

周防國大嶋郡椋野村(現 山口県周防大島町)出身。 18歳の頃に周防大島を出奔。明治から大正にかけて 一度も故郷に戻ることなく、四国八十八ヶ所を繰り返し巡拝する事 279回。バスや自家用車が普及している時代ではないので、殆どが徒歩。 巡拝回数は 歩き遍路最多記録 と名高く、また今後も上回ることはほぼ不可能な不滅の功績とも呼ばれる。 明治19年(1886)、茂兵衛42歳。88度目の巡拝の頃から標石の建立を始めた。標石は四国各地で確認されているだけで243基。札所の境内、遍路道沿いに多く残されている。

 

標石の正面に表記されている内容は

中務茂兵衛標石・最古参の88度目

八十八度目為供養
周防國大島郡椋埜村
行者中務茂兵衛

88度目の四国遍路!
中務茂兵衛42歳、最初期の標石です。

すなわち古いわけで、他でもたまに88度目の標石を見ることがありますが、そのどれもが字が消えている。字体(フォント)的に判別しづらい。こちらの標石のように、刻まれている字をしっかり確認することができるものは稀です。

また、通常「椋野村(むくのむら)」となっているところが「椋埜村」と、「野」の字が「埜」になっているものも他では見られません。中務茂兵衛全標石の中でも、個性を放っている標石といえます。

 

標石の裏面に表記されている内容は

現在の天満付近で暮らす者による標石

大阪北区壺屋町壹丁目
願主清水定七

壺屋町壹丁目(1丁目)…
現在の大阪市北区天満3丁目・4丁目

大川(旧淀川)沿い、天満橋と天神橋の間にあるエリア。昭和53年(1978)の住居表示実施によって現在の町名に改められましたが、元々は壺を販売・取引するお店が立ち並んでいたことに由来しているようです。

「願主」の肩書は中務茂兵衛自身が名乗り、スポンサーは「施主」を肩書に名乗るのが従来の法則ですが、この標石は異なります。自身は「行者」を名乗っています(88度目の標石でよく見ることができる肩書)。
これ以後一般的になる標石と大きさも異なりますし、色んな意味で「規格外」の点が数多く見られる個性的な標石です。

 

標石の左面に表記されている内容は

明治19年3月の建立

明治十九年三月吉辰

同年同月、帝国大学令が公布され、東京大学が「帝国大學」に改称されています。

中務茂兵衛42歳の四国遍路。自身の厄年を契機に、後発の四国遍路のために標石の建立を始めたといわれています。

 

ここでは写真がありませんが、右面には「左八ばん」と記されています。

仕事上、色んな標石を見ておりますが、この古さで字の判別が容易で、これほど保存状態が良い石は珍しい。個性的であり、規格外、最古参品。
個性でいえばトップクラスのものを持っている、貴重な標石です。

9番札所「法輪寺」周辺にはいくつかの中務茂兵衛標石が残されています。以下リンクの記事でご紹介していますので、こちらもぜひご覧ください。

遍路道分岐点の新旧様々な道案内の中にある中務茂兵衛標石【8番札所「熊谷寺」→9番札所「法輪寺」】

四国遍路の語源となった地域由来の標石【9番札所「法輪寺」→10番札所「切幡寺」】

 

【「法輪寺手前の田園遍路道にある標石」 地図】

 

あなたにおすすめ

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」
TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

野瀬 照山

八十八ヶ所案内人・先達であり、旅人をお迎えするゲストハウスそらうみを運営。 四国八十八ヶ所結願30回、うち歩き遍路12回。 四国六番安楽寺出家得度。四国八十八ヶ所霊場会公認先達。 高松市一宮町で「さぬき高松ゲストハウスそらうみ(http://www.sanuki-soraumi.jp/)」を運営。