四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路道

古くからの交通の要衝「岡豊」に建てられた標石【29番札所「国分寺」→30番札所「善楽寺」】

スポンサーリンク   高知県都・高知市の隣町である南国市(なんこくし)は、かつては国府が置かれ、戦国大名の長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)が根城となる岡豊城(おこうじょう)を築いたように、土佐國における交通
Continue Reading
遍路豆知識

四国八十八ヶ所霊場奥の院・元札所情報まとめ【高知県編】

高知県の四国八十八ヶ所霊場「奥の院」および「元札所」情報をとりまとめました。本サイト内に関連記事があるものはリンクを掲載しています。   あなたにおすすめ    四国遍路情報サイト「四国遍路」TOPペ
Continue Reading
遍路道

高知城近くにある標石から読み取る当時の四国遍路界【30番札所「善楽寺」→30番札所奥の院「安楽寺」】

高知城の登り口近くに茂兵衛さんの標石が残されています。 高知市中心部には八十八ヶ所の本札所が無いため、一般的には市街地中心部が巡礼ルート(遍路道)にはなっていませんが、明治以降、そうではなかった時期があります。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

首から上の病に霊験あらたかと伝わる梅見地蔵【30番札所「善楽寺(ぜんらくじ)」】

冬でも温暖な高知は青空が似合います。 30番札所「善楽寺」の境内に留まられて、お遍路さんを見守り続けるお地蔵さまがいらっしゃいます。
Continue Reading
遍路道

謝りながら走る「路面電車」を横目に「歩道橋」を渡った先は「植物園」【30番札所「善楽寺」→31番札所「竹林寺」】

高知市街地歩行は、市街地らしからぬツッコミどころ満載の奇妙な遍路道。謝りながら走る「路面電車」がいたかと思えば、「歩道橋」が遍路道になっていて、いつの間にか「植物園」に突入しました。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

土佐一宮「土佐神社」の「別当寺」としての混迷の歴史を学ぶ【30番札所「善楽寺(ぜんらくじ)」】

30番札所「善楽寺」は、土佐の國の総鎮守である土佐一宮「土佐神社」の別当寺の役割を果たしてきた重要なお寺。明治時代の神仏分離により廃寺となってからは苦難や混迷の時代を乗り越えて現代に至ります。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top