四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路道

世界的に知られる津浪教訓話の基となった地の施主による標石【77番札所「道隆寺」→78番札所「郷照寺」】

スポンサーリンク   第77番道隆寺を出発して10分ほど歩いたところ。丸亀市に入ってすぐのところの道沿いに中務茂兵衛標石が残されています。この石を眺めていると、防災教訓の基となった話が浮かび上がってきます。
Continue Reading
遍路道

中務茂兵衛、四国遍路最盛期とみることができる標石【76番札所「金倉寺」→77番札所「道隆寺」】

善通寺市周辺に近在する札所参りの最後となる第77番道隆寺。寺が近くなったところで車道脇に除けて残されている標石が目に入ります。   あなたにおすすめ    四国遍路情報サイト「四国遍路」TOPページに
Continue Reading
遍路道

五差路に二つ並んで立っている中務茂兵衛標石(西側)【76番札所「金倉寺」→77番札所「道隆寺」】

香川県西部に残されている中務茂兵衛標石は、岡山の施主による石が多いこととこんぴらさんに関する記載が見られることが特徴の一つ。多度津町の五差路、一対二基の西側の標石は、まさにその要件を両方満たしています。
Continue Reading
遍路道

五差路に二つ並んで立っている中務茂兵衛標石(東側)【76番札所「金倉寺」→77番札所「道隆寺」】

第76番金倉寺から第77番道隆寺に向かう道中、遍路道と旧街道が重複している五差路で見ることができる、一対二基の標石。この記事では東側にある標石を詳しく観察します。
Continue Reading
遍路×レイライン

レイライン的な観点から見た札所の構造【香川県三豊市・善通寺市・多度津町エリア[76番札所「金倉寺」・77番札所「道隆寺」]】

香川県西部から中部の三豊市・善通寺市・多度津町には、70番から77番札所が狭いエリアに集中していて、地形的には起伏が少ないので、一気に札所巡りが進みます。 レイライン的にみると、巡礼の仕上げに相応しい構造が見えてきます。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

たくさんの観音様が一堂に会する多度津のお寺【77番札所「道隆寺(どうりゅうじ)」】

77番札所「道隆寺」の境内には、西国・秩父・坂東の百観音など、全国各地の観音霊場として名高いお寺の御本尊が安置されています。 草創期には、相次いで高僧が住職となり、たいへん栄えた歴史があります。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top