四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路道

中務茂兵衛標石と現存する戦後間もない頃に制定された道路標識【70番札所「本山寺」→71番札所「弥谷寺」】

スポンサーリンク   第70番本山寺から第71番弥谷寺の間は讃岐國の遍路道の中では比較的距離が長いこともあり、中務茂兵衛標石を頻繁に見ることができます。三豊市役所近くのこの場所は石の他にも古い道路標識が残されて
Continue Reading
遍路道

現在とは異なる東京の姿を考察することができる標石【70番札所「本山寺」→71番札所「弥谷寺」】

第70番本山寺から第71番弥谷寺に向かう旧道のため池近く、奥には善通寺五岳山の一部が見えるロケーションに立つ中務茂兵衛標石。こちらの石からは、現在とは随分違う東京の歴史を知ることができます。   あなたにおすす
Continue Reading
遍路道

国道11号旧道で見ることができる京都の人物による標石【70番札所「本山寺」→71番札所「弥谷寺」】

四国の大動脈である国道11号から一本入った旧道沿い。分かれ又に中務茂兵衛標石が残されています。京都の施主によるもので、香川県内西讃地域とのつながりも想像する標石です。
Continue Reading
遍路道

大師誕生の地への近道が記された本山寺石門前の標石【70番札所「本山寺」石門前】

第70番本山寺の境内東側に位置する石造りの門。駐車場がこちらの方角にないので、自家用車やバス遍路で寺を訪れるお遍路さんはあまり目にしない場所ですが、この門の前に中務茂兵衛標石が残されています。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

第70番本山寺の古堂たちと同時期の出来事【70番札所「本山寺(もとやまじ)」】

古い建造物を多数目にすることができる第70番本山寺。最古参のものは鎌倉時代で、その後戦国の世があったことを考えると現存しているのは奇跡ともいえます。本山寺の歴史と同時期の日本を考察します。
Continue Reading
遍路道

財田川土手を歩く遍路道のそばに移設されている標石【70番札所「本山寺」近く】

順打ちで第69番観音寺から第70番本山寺を目指して財田川の土手を歩いて来たところ。本山寺がもうすぐの場所に中務茂兵衛標石が残されています。
Continue Reading
遍路×サイクリング

66番札所雲辺寺麓~75番札所善通寺まで【ミニベロ遍路走行データその27】

1日で10箇所の霊場を参拝することになるルート。66番札所雲辺寺のロープウェイまでの登坂から始まり、日本の歴史上重要な寺院のひとつである75番札所善通寺での参拝で終わる1日。
Continue Reading
遍路道

旧道沿いに残されている標石から考察する「豫」と「予」【70番札所「本山寺」→71番札所「弥谷寺」】

讃岐の遍路道中は札所間距離が1~2時間と近いところが多いのですが、こちらの石がある第70番本山寺と第71番弥谷寺の間は少し距離が離れています。標石に刻まれている情報から、新字・旧字を考察したいと思います。
Continue Reading
遍路×レイライン

レイライン的な観点から見た札所の構造【香川県三豊市・善通寺市・多度津町エリア[70番札所「本山寺」]】

香川県西部から中部の三豊市・善通寺市・多度津町には、70番から77番札所が狭いエリアに集中していて、地形的には起伏が少ないので、一気に札所巡りが進みます。 レイライン的にみると、巡礼の仕上げに相応しい構造が見えてきます。
Continue Reading
12

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top