四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路道

旧道沿いに残されている標石から考察する「豫」と「予」【70番札所「本山寺」→71番札所「弥谷寺」】

スポンサーリンク   讃岐の遍路道中は札所間距離が1~2時間と近いところが多いのですが、こちらの石がある第70番本山寺と第71番弥谷寺の間は少し距離が離れています。標石に刻まれている情報から、新字・旧字を考察し
Continue Reading
遍路道

第71番弥谷寺参道登り口の三叉路にある標石【71番札所「弥谷寺」参道】

第71番弥谷寺へ徒歩で向かう際、階段が始まる地点で目に入るこちらの標石。石が立っている地点を中心として、三方向に分かれる三叉路になっています。   あなたにおすすめ    四国遍路情報サイト「四国遍路
Continue Reading
遍路道

善通寺市街への入口に立つ中務茂兵衛標石【71番札所「弥谷寺」→72番札所「曼荼羅寺」】

お大師さまの故郷である善通寺の街への入口に中務茂兵衛標石が残されています。場所柄か、かつて四国に上陸する人々で賑わった周辺の港町の情報が記載されています。
Continue Reading
遍路道

極小の標石。僅かな手掛かりから記載内容を紐解く【71番札所「弥谷寺」→72番札所「曼荼羅寺」】

第71番弥谷寺を出て鳥坂峠を越えて国道11号と合流。こちら「三井の江」交差点の三叉路を曲がると善通寺市に点在する札所群が始まります。その交差点脇に隠されるように小さな中務茂兵衛標石が顔を出しています。
Continue Reading
遍路道

水上ゴルフ練習場の角に傾いて立つ標石【71番札所「弥谷寺」→72番札所「曼荼羅寺」】

中務茂兵衛標石の密集地帯の一つ・善通寺市。順打ちではその入口となる場所にあったであろう標石が、少し辺鄙な場所に残されています。
Continue Reading
遍路道

繊維産業の街の寄進者らによる中務茂兵衛標石【71番札所「弥谷寺」→72番札所「曼荼羅寺」】

讃岐の遍路ころがしの一つである第71番弥谷寺から下山して、里に出て来た地点。細い路地の路傍に高地蔵と共に中務茂兵衛標石が残されています。
Continue Reading
遍路道

芋泥棒と間違われた西行法師の歌碑が残された番外霊場【七仏寺(しちぶつじ)】

お大師さまが生まれた善通寺周辺は、札所が密集しているだけでなく、遍路道沿いに大師ゆかりの霊蹟が多数存在します。 西行法師の歌碑が残る「七仏寺」もそのひとつです。
Continue Reading
遍路×レイライン

レイライン的な観点から見た札所の構造【香川県三豊市・善通寺市・多度津町エリア[71番札所「弥谷寺」]】

香川県西部から中部の三豊市・善通寺市・多度津町には、70番から77番札所が狭いエリアに集中していて、地形的には起伏が少ないので、一気に札所巡りが進みます。 レイライン的にみると、巡礼の仕上げに相応しい構造が見えてきます。
Continue Reading
遍路道

夢枕に現れる不動明王のおはなし【70番札所奥の院「妙音寺(みょうおんじ)」】

香川県西部・西讃(せいさん)と呼ばれる地域。 70番本山寺と71番弥谷寺の遍路道中に讃岐國最古と伝わる寺院があり、お願いごとをすると夢の中に現れてお告げを与えてくれる仏さまが祀られています。
Continue Reading
12

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top