スポンサーリンク

 

小松島市へ入り、第18番恩山寺手前まで進んだところ。この区間の多くは国道55号バイパス沿いを歩きますが、小松島警察署付近から少し脇道へ入ると、こちらの中務茂兵衛標石がある地点に来ることができます。

高地蔵らと共に一角にまとめられている

 

中務茂兵衛 < 弘化2年(1845)4月30日 - 大正11年(1922)2月14日 >

周防國大嶋郡椋野村(現 山口県周防大島町)出身。 18歳の頃に周防大島を出奔。明治から大正にかけて 一度も故郷に戻ることなく、四国八十八ヶ所を繰り返し巡拝する事 279回。バスや自家用車が普及している時代ではないので、殆どが徒歩。 巡拝回数は 歩き遍路最多記録 と名高く、また今後も上回ることはほぼ不可能な不滅の功績とも呼ばれる。 明治19年(1886)、茂兵衛42歳。88度目の巡拝の頃から標石の建立を始めた。標石は四国各地で確認されているだけで243基。札所の境内、遍路道沿いに多く残されている。

 

標石の正面に表記されている内容は

やや大きめの標石

正面上部
(指差し)
井戸寺
恩山寺
(弘法大師像)

大きさは一般的な中務茂兵衛標石より一回り大きく、指差しや大師像の部分に浮彫が施される等、高度な技術が多用されています。

廣嶋の材木商によるもの

正面下部
施主
廣嶋市下柳町
材木商●●

「広島市下・柳町」か「広島市・下柳町」なのか。はたまた「柳」ではないのか。
判別が難しいところですが、同じく刻まれている「材木商」の情報を手掛かりに考えると、かつて市中心部に「材木町」、そして「元柳町」がありました。前者は町名の通り、太田川上流で切り出された木材を、筏や荷船によって運び集積していた地域。このエリアで材木商を行っていた人物が寄進した…と考えてみてはいかがでしょう。

これらの地名は昭和40年(1965)に実施された町名改正によって統合され、現在「中区中島町(なかくなかじまちょう)」になっています。平和記念公園は同じ中島町、つまり広島原爆の爆心地です。

 

標石の右面に表記されている内容は

三角寺奥の院(仙龍寺)の情報


小枩嶋
伊豫國三角寺奥の院
厄除●大師●●
●開帳あり四国巡拝
●●

小枩嶋…小松島=現小松島市

番外霊場・仙龍寺(別格13番)への参籠の勧めが記されています。
この情報は、他のいくつかの標石で見ることができますが、宣伝のようなものなのでしょうか。はたまた施主さんが奥の院の信者さんなのでしょうか。

 

標石の左面に表記されている内容は

遍路キャリア後期の215度目

弐百十五度目為供養
周防國大島郡椋野村
願主中務茂兵衛義教

215度目の四国遍路は、中務茂兵衛63歳の時。遍路キャリア後半に差し掛かっている時代です。

ここから左へ100mほど行くと、弘法大師ゆかりの水が湧いています。

 

標石の裏面に表記されている内容は

四面とも刻字あり

明治四十年一月
世話人●●

西暦1907年。翌2月に麒麟麦酒が設立されています。

 

第18番恩山寺へは、この場所から徒歩30分くらい。源平合戦の際に源義経が上陸したと伝わる場所が、ここから恩山寺へ向かう途中にあります。
※源義経上陸地近くにも中務茂兵衛標石が残されており、以下リンクの記事でご紹介しています。

18番・19番の中間で見られる宮崎県由来の標石【18番札所「恩山寺」→19番札所「立江寺」】

 

【「小松島警察署近くの標石」 地図】

 

あなたにおすすめ

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」
TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

野瀬 照山

八十八ヶ所案内人・先達であり、旅人をお迎えするゲストハウスそらうみを運営。 四国八十八ヶ所結願30回、うち歩き遍路12回。 四国六番安楽寺出家得度。四国八十八ヶ所霊場会公認先達。 高松市一宮町で「さぬき高松ゲストハウスそらうみ(http://www.sanuki-soraumi.jp/)」を運営。