四国遍路情報サイト「四国遍路」
四国別格二十霊場

伊豫國最後の札所は熱の病にご利益あり【別格14番札所「椿堂(つばきどう)」】

別格14番札所「椿堂」がある場所は愛媛県の最東部であり、数km走れば徳島県との県境。歩き遍路を順打ちで進んだ場合、本札所・番外札所を含め、伊豫國最後の霊場となります。
Continue Reading
四国別格二十霊場

お大師さまの椿の杖が病を封じたおさわり大師の霊場【別格14番札所「椿堂(つばきどう)」】

別格14番札所「椿堂」には椿の大木があり、お大師さまが地域で流行していた病を封じ込めたという伝説があります。 現代においても、おさわり大師に病平癒を願う参拝者が訪れるお寺です。
Continue Reading
遍路道

四国霊場最高峰の標高911mへの急坂を登る【66番札所「雲辺寺」への「遍路ころがし」】

讃岐國最初の66番札所「雲辺寺」は、四国霊場最高峰の標高911mにあり、お寺に登る登山道は当然のごとく「遍路ころがし」とよばれる難所です。心も体もしっかり準備を整えて挑みましょう。
Continue Reading
遍路宿

伊予國最後の野宿スポット「ハト小屋」「しんきん庵・法皇」【65番札所「三角寺」→66番札所「雲辺寺」】

伊予最後の野宿スポットとして横山公会堂近くの通称「ハト小屋」と、遍路小屋「しんきん庵・法皇」があります。 お大師さまが熱病を封じ込めたといわれる別格14番札所「常福寺(椿堂)」にも立ち寄っていきましょう。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top