スポンサーリンク

 

第2番極楽寺から第3番金泉寺に向かう遍路道の第3番にほど近い手前、かつては田んぼの畦道だった場所の入り口に、中務茂兵衛門最初期の標石が残されています。

第3番金泉寺境内へ続く遍路道

倉庫のような建物の奥に見える林は、第3番金泉寺がある場所。そこへ続く道はかつては田んぼの畦道でしたが、近年コンクリートブロックが敷かれ歩き易くなりました。

 

中務茂兵衛 < 弘化2年(1845)4月30日 - 大正11年(1922)2月14日 >

周防國大嶋郡椋野村(現 山口県周防大島町)出身。
18歳の頃に周防大島を出奔。明治から大正にかけて 一度も故郷に戻ることなく、四国八十八ヶ所を繰り返し巡拝する事 279回。バスや自家用車が普及している時代ではないので、殆どが徒歩。 巡拝回数は 歩き遍路最多記録 と名高く、また今後も上回ることはほぼ不可能な不滅の功績とも呼ばれる。 
明治19年(1886)、茂兵衛42歳。88度目の巡拝の頃から標石の建立を始めた。標石は四国各地で確認されているだけで243基。札所の境内、遍路道沿いに多く残されている。

—– こちらの記事に登場する主な地名・単語
標石(しるべいし)
周防國大島郡椋野村(すおうこくおおしまぐんむくのむら)
第3番金泉寺(だい3ばんこんせんじ)
畦道(あぜみち)
阿波國板野郡撫養斎田村(あわのくにいたのぐんむやさいたむら)

 

標石の裏面に表記されている内容は

古い標石ゆえ劣化も相当

明治十九年三月

西暦1886年。同年同月、帝国大学令が公布され、東京大学が帝国大学に改称されています。

標石表面にクラックが入っていて心配。

 

標石の正面に表記されている内容は

袖付き指差し

●●
周防國●●
行者 中司●●

中務茂兵衛標石では最古残のもの。全体的に字が消えてしまっていて、判別が非常に難しい。
後年、自身の肩書を「巡拝先達」と名乗っていますが、この時は「行者」。古い標石の特徴の一つです。

古いものは刻まれている内容が一定ではないので、ある文字が見えたら大体どのようなことが書かれているんだろうなあ、と連想することもできません。解読が難解な標石です。

 

標石の左面に表記されている内容は

現在の鳴門市の方が施主

阿波國板野郡撫養
斎田村
施主
●●●

阿波國板野郡撫養斎田村… 現在の徳島県鳴門市撫養町斎田
鳴門市中心部、JR鳴門駅西側の地域にあたります。
撫養はかつては船で四国に上陸する際の港町。現在は本四連絡自動車道が通過する地点。交通手段が変わっても、四国の玄関口には変わりありません。

自身88回目の四国遍路を機に 標石の建立を始めた中務茂兵衛。
特徴は、前述の標石への記述内容が一定しないことと、たっている土地もしくは地元(=山口県)の人が施主になっているものが多く見られるので、初期はパトロンが少なくスポンサー集めに苦心したのではないかと想像します。

 

標石の右面に表記されている内容は

光明真言

光明真言●●

施主さんの意向なのか、願主である茂兵衛さんによるものか。
茂兵衛さんの標石に経文が刻まれていることはあまりないのですが、初期の標石にはそれが見られます。

 

第3番金泉寺の近くにたつ別の標石に関しても、以下のリンクの記事でご紹介しています。

讃岐男に阿波女。実は國境近くに立つ標石【3番札所「金泉寺」門前】

遠く離れた奥の院仙龍寺の情報が刻まれた標石【3番札所「金泉寺」近く】

 

【「3番札所「金泉寺」手前の標石」 地図】

 

あなたにおすすめ

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」
TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

野瀬 照山

八十八ヶ所案内人・先達であり、旅人をお迎えするゲストハウスそらうみを運営。 四国八十八ヶ所結願30回、うち歩き遍路12回。 四国六番安楽寺出家得度。四国八十八ヶ所霊場会公認先達。 高松市一宮町で「さぬき高松ゲストハウスそらうみ(http://www.sanuki-soraumi.jp/)」を運営。