四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路道

中務茂兵衛、生きて四国遍路を回った証、最後の標石【阿讃県境「境目(さかいめ)」編】

四国八十八ヶ所第88番大窪寺を出て 1時間強。徳島県との県境を跨ぐ地点に中務茂兵衛さんの標石が残されています。 こちらの石は茂兵衛さんの人生の中で最晩年のものと伝わります。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

目的は結願だけに限らず【88番札所「大窪寺(おおくぼじ)」】

四国八十八ヶ所結願所・第88番大窪寺。今も昔も多くのお遍路さんがこの場所を目指しますが、ここが終わりの場所とは限りません。 四国八十八ヶ所は “線” じゃなくて “円” な
Continue Reading
遍路豆知識

民間人で一番最初に四国遍路を行った人物【衛門三郎(えもんさぶろう)】

三坂峠を下り松山市へ下りてきたところ、第46番浄瑠璃寺から続く八十八ヶ所の札所密集地域の間に位置する番外霊場・文殊院。 民間人で一番始めに四国遍路を回ったとされる「衛門三郎」の旧家と伝わります。
Continue Reading
遍路道

吉野川の日本最大級川中島「善入寺島」を渡る【10番札所「切幡寺」→11番札所「藤井寺」】

10番札所「切幡寺」の石段・坂道を下ってからは、11番札所「藤井寺」まで少し遠い10km弱の道のりです。道中には、川の中の中洲を通過する珍しい遍路道で、日本三大暴れ川のひとつ「四国三郎」と呼ばれる「吉野川」を渡ります。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

がんばって追加111段で、「大塔」からの景色を堪能【10番札所「切幡寺(きりはたじ)」】

10番札所「切幡寺」は、切幡山中腹の標高155mに一気に登る坂道と333段の石階段が有名です。本堂・大師堂にたどりつくだけでもくたびれますが、追加の111段を登って、「大塔」を拝み、山からの景色をぜひ堪能していただきたい
Continue Reading
遍路道

大きい荷物を預かってもらって、いざ切幡寺の坂道・333石階段【切幡寺手前「須見光栄堂」】

10番札所「切幡寺」は、切幡山中腹の標高155mに一気に登る坂道と333段の石階段が有名です。登り道入口の参道には、数件のお店が並んでいて、そこで大きな荷物を預かっていただけるありがたいお接待を受けられるのです。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top