四国遍路情報サイト「四国遍路」
四国八十八ヶ所霊場

目的は結願だけに限らず【88番札所「大窪寺(おおくぼじ)」】

四国八十八ヶ所結願所・第88番大窪寺。今も昔も多くのお遍路さんがこの場所を目指しますが、ここが終わりの場所とは限りません。 四国八十八ヶ所は “線” じゃなくて “円” な
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

眼洗いの清水と亀が持ち帰った銅鐘【39番札所「延光寺(えんこうじ)」】

修行の道場と呼ばれる高知県16ヶ寺最後の札所、第39番延光寺。 本尊である薬師如来は “目治し薬師” と呼ばれ信仰を集めています。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

厄除けのさかまつが失われました【6番札所「安楽寺(あんらくじ)」】

四国八十八ヶ所第六番札所・安楽寺縁起のさかまつ(さか松) が枯れてしまったため、切られました。 2017年10月に入ってみるみる元気がなくなり、あれよあれよと弱っていったそうです。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

香川県内最古といわれる古鐘に伝わる伝説【80番札所「国分寺(こくぶんじ)」】

創建は古く万葉の時代、聖武天皇の詔により全国各地に造営された国分寺。 讃岐國のそれは四国霊場第80番札所。 建造物は当時のものではないものの、後年の改修でも創建当時の伽藍の状態は古き良き佇まいを今に伝えています。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

首から上の病に霊験あらたかと伝わる梅見地蔵【30番札所「善楽寺(ぜんらくじ)」】

冬でも温暖な高知は青空が似合います。 30番札所「善楽寺」の境内に留まられて、お遍路さんを見守り続けるお地蔵さまがいらっしゃいます。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

総本山善通寺は大門から入ることがおすすめ【75番札所「善通寺」東院】

四国八十八ヶ所の中で最大の面積を誇る総本山善通寺(第75番札所)。 歩き遍路道の順路や駐車場の位置に不便がありますが、できれば 「金堂」→「御影堂 」の順番で参拝しましょう。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

東寺のお礼参りはお大師さまが住まわれていた「御影堂」へ【東寺 教王護国寺(とうじ きょうおうごこくじ)】

京都市内にある「東寺」は、平安時代から続く真言宗の根本道場で、高野山と並んで多くのお遍路さんが四国巡礼のお礼参りに訪れます。 お大師さまが住まわれていた「御影堂」で旅の感謝をお伝えください。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

トイレを綺麗に掃除してみませんか【15番札所「国分寺」の烏枢沙摩明王】

律令制の時代に全国に建立された國分寺・國分尼寺。 四国八十八ヶ所第15番・阿波国分寺にあるお堂に祀られている、ある神さまのお話です。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top