四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路道

阿讃県境の稜線を歩いて大滝山へ向かう【別格20番札所「大瀧寺」への阿讃縦走登山ルート】

スポンサーリンク   別格20番大瀧寺は標高946mの大滝山の山頂付近に位置し、その道のりは険しい遍路ころがしの一つ。いくつかある登山道の中で、徳島/香川の県境になっている稜線を歩いて、寺を目指します。
Continue Reading
遍路道

前山ダムのほとりの明治最後の年に建てられた中務茂兵衛標石【87番札所「長尾寺」→88番札所「大窪寺」】

第88番大窪寺前後に残されている中務茂兵衛標石はキャリア後期のものを多く見ることができますが、こちらに残されている石も242度。巡拝回数から明治の終わりに建てられた標石であることがわかります。   あなたにおす
Continue Reading
遍路道

かつての港町の賑わいを想像することができるやや大きな標石【88番札所「大窪寺」→3番札所「金泉寺」】

第88番大窪寺、それから奥の院與田寺と来て徳島県へ向かうお遍路さんが通るこの場所は、かつて風待ち潮待ちを行う船の入出港で賑わった引田。港町であり県境の街でもあるその街への入口に、中務茂兵衛の標石が残されています。
Continue Reading
遍路道

四国一周を目指して進む道中にある中務茂兵衛標石【88番札所「大窪寺」→1番札所「霊山寺」】

第88番大窪寺を打ち終え山から里へ出て、総奥の院與田寺を参り、阿讃國境の大坂峠を目指して進んでいる地点。香川県最東の街・東かがわ市の市役所前に、中務茂兵衛晩年の標石が残されています。
Continue Reading
遍路道

見事な紅葉、境目の大銀杏【阿讃県境「境目(さかいめ)」】

第88番大窪寺から約4km進むと、香川県・徳島県の県境地点であり、遍路道の分岐点である「境目」集落があります。当集落には地域のシンボルツリーである大きな銀杏の木があり、晩秋の時期には鮮やかな黄色に紅葉します。
Continue Reading
遍路道

お遍路のイメージがわかる貴重な資料群【前山おへんろ交流サロン】

87番札所と88番札所の間に位置する「前山おへんろ交流サロン」には、四国八十八ヶ所巡礼に関する貴重な歴史的資料が展示されています。四国全域の札所の位置を示すジオラマもあり、遍路の全体イメージをつかむのに便利です。
Continue Reading
遍路道

結願へカウントダウンの地に立つ標石【87番札所「長尾寺」→88番札所「大窪寺」】

四国八十八ヶ所霊場を全て回ることを「結願(けちがん)」と言いますが、第1番霊山寺から巡拝を始めた場合の結願の寺は、第88番大窪寺。その結願へ向けた道の途中に、こちらの標石はあります。
Continue Reading
遍路B級グルメ

結願所の春の名物「しだれ桜」と「団蔵うどん」【八十八庵(やそばあん)[大窪寺門前]】

四国八十八ヶ所霊場の結願所、88番札所「大窪寺」は秋の紅葉の名所として有名ですが、春の季節はしだれ桜を楽しむことができます。 門前のうどんの名店「八十八庵」では、知る人ぞ知る人気メニュー「団蔵うどん」をいただきました。
Continue Reading
遍路宿

四国八十八ヶ所霊場巡礼結願前の便利な立地の善根宿「88ALBERGUE」【86番札所「志度寺」近く】

四国八十八ヶ所霊場巡礼も佳境に迫った86番札所「志度寺」の近くに、2018年春にオープンした善根宿「88ALBERGUE」があります。 香川大学の大学生が手造りしたという善根宿には、いろいろな工夫がつまっています。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top