四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路×サイクリング

81番札白峯寺〜83番札所一宮寺まで【ミニベロ遍路走行データその30】

スポンサーリンク   81番札所白峯寺から82番札所根香寺までさらにアップクライムが続くが、その後には高台から望む瀬戸内の島々や高松市街を眺めながら五色台を一気に駆け下りる。
Continue Reading
遍路×サイクリング

79番札所天皇寺〜81番札所白峯寺まで【ミニベロ遍路走行データその29】

途中、みかんの樹々や瀬戸大橋を眺めながらの81番札所白峯寺まで続くクライムライド。道幅は広いが観光地でもあるため交通量は多いので注意が必要。坂道を登り終えると、嬉しいお接待のみかんが待っていた。   あなたにお
Continue Reading
遍路×レイライン

城山で雨乞いの祈祷を行った菅原道真と巨石遺構【城山(香川県坂出市)】

香川県坂出市の城山には、讃岐国司として赴任した菅原道真が雨乞い祈祷を行ったと伝説があります。現在でも残る巨石遺構や地域の構造から、古代の巨石信仰と道真の時代の歴史を紐解きます。
Continue Reading
遍路×レイライン

レイライン的な観点から見た札所の構造【香川県五色台エリア[81番札所「白峯寺」]】

81番札所白峯寺は、五色台の南西にある白峯山直下に位置しており、かつて修験道場の拠点であったと考えられます。崇徳上皇を祀った白峯御陵が一体となった広い境内は、レイラインを強く意識した配置になっています。
Continue Reading
遍路×レイライン

レイライン的な観点から見た札所の構造【香川県五色台エリア[79番札所「天皇寺」]】

79番札所天皇寺は、讃岐に配流された崇徳天皇とゆかりが深いお寺です。天皇陵と天皇寺・白峰宮の配置から、悲運のうちに亡くなった崇徳帝の魂を鎮め、成仏を願う意味が見えてきます。
Continue Reading
遍路宿

自己を見つめる坐禅道場の遍路宿【喝破道場(香川県高松市)】

82番札所「根香寺」近くにある坐禅道場「喝破道場」には、無料開放している宿泊可能な「ヘンロ小屋」と、禅体験も可能な有料の「遍路宿」があり、それぞれの目的で使い分けされています。真摯に「道」を求める人を受け容れる宿です。
Continue Reading
遍路×レイライン

白峯寺(第81番札所)と天皇寺(第79番札所)を結ぶ崇徳上皇の御霊鎮魂のレイライン【「ゆかりの地とレイライン」編】

崇徳上皇をどのように祀り、敬って、その霊を慰めたのか、レイライン的な観点から見ると、古の讃岐の人たちの優しい思いが浮き彫りになってきます。 それは四国のお遍路の伝統にも繋がる死者に寄り添う宗教文化に根ざしたものでしょう。
Continue Reading
遍路×レイライン

白峯寺(第81番札所)と天皇寺(第79番札所)を結ぶ崇徳上皇の御霊鎮魂のレイライン【「怨霊伝説と讃岐の鎮魂」編】

非業の死をとげた崇徳上皇は讃岐の地で荼毘にふされます。 その後、様々な怨霊伝説がうまれることになりますが、自分を篤くもてなしてくれた讃岐の人たちには、怨霊となってからも情を注いで、常に守っていると考えられています。
Continue Reading
遍路×レイライン

白峯寺(第81番札所)と天皇寺(第79番札所)を結ぶ崇徳上皇の御霊鎮魂のレイライン【「讃岐配流と非業の死」編】

崇徳上皇といえば、日本史上もっとも恐れられた怨霊に挙げられますが、讃岐國では悲運の天皇として手厚く祀り、180度異なる穏やかな御魂として受け止められてきました。 レイライン的な観点から、その理由を紐解きます。
Continue Reading
遍路×レイライン

讃岐レイラインの大動脈【善通寺と屋島を結ぶ讃岐の基準線】

讃岐東部のレイラインは夏至の日の出と冬至の日の入方向の二至を結んでいます。 空海の生誕地である「善通寺」と高松のシンボル「屋島」を結ぶこのレイラインは讃岐の大動脈といえるでしょう。
Continue Reading
12

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top