四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路×サイクリング

75番札所善通寺~78番札所郷照寺まで【ミニベロ遍路走行データその28】

スポンサーリンク   75番札所善通寺から78番札所郷照寺までは全体的にフラットで、初心者でも楽に走り抜けることのできるルートだ。その走行距離も比較的短く、色々なところへ立ち寄りながら道中をのんびりと楽しみたい
Continue Reading
遍路×レイライン

二至と北を意識した讃王の聖地【讃留霊王神社(香川県丸亀市)】

讃王は、日本書紀では日本武尊の子の武殻王であると記されています。日本武尊が祀られた聖地は、関東以北では、太陽との関わり、とくに二至を指すケースが多いのですが、この讃王を祀った聖地にも同様の傾向が見られます。  
Continue Reading
遍路×レイライン

レイライン的な観点から見た札所の構造【香川県宇多津町・丸亀市エリア[78番札所「郷照寺」]】

香川県中部の丸亀平野に位置する78番札所郷照寺は、冬至の入日を意識した堂宇配置になっています。飯野山や青ノ山など周辺のランドマークとそれに関係する寺社の配置をレイライン的な観点で見ると新しい発見があります。
Continue Reading
遍路道

金倉寺山門で見ることができる規格外の中務茂兵衛石柱[左]【76番札所「金倉寺」門前】

中務茂兵衛の師僧の寺院・第76番金倉寺。関わりが深いだけあって標石が数多く残されています。そのうちの2基はこちら山門前にあるもの。大きさや表記内容など、規格は他では見られないものになっています。
Continue Reading
遍路道

世界的に知られる津浪教訓話の基となった地の施主による標石【77番札所「道隆寺」→78番札所「郷照寺」】

第77番道隆寺を出発して10分ほど歩いたところ。丸亀市に入ってすぐのところの道沿いに中務茂兵衛標石が残されています。この石を眺めていると、防災教訓の基となった話が浮かび上がってきます。
Continue Reading
遍路道

五差路に二つ並んで立っている中務茂兵衛標石(西側)【76番札所「金倉寺」→77番札所「道隆寺」】

香川県西部に残されている中務茂兵衛標石は、岡山の施主による石が多いこととこんぴらさんに関する記載が見られることが特徴の一つ。多度津町の五差路、一対二基の西側の標石は、まさにその要件を両方満たしています。
Continue Reading
遍路道

五差路に二つ並んで立っている中務茂兵衛標石(東側)【76番札所「金倉寺」→77番札所「道隆寺」】

第76番金倉寺から第77番道隆寺に向かう道中、遍路道と旧街道が重複している五差路で見ることができる、一対二基の標石。この記事では東側にある標石を詳しく観察します。
Continue Reading
遍路道

不思議な道標頻出地帯に「丸型ポスト」の姿あり【遍路道「丸型ポスト」まとめ(香川県中讃地域編)】

香川県讃岐國に入ってからしばらく見かけなかった「丸型ポスト」を久々に中讃地域で発見しました。 このエリアの遍路道には不思議な道標がいくつかあり、意味を考えこみながら歩きました。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

2宗共存の珍しいお寺は「厄除けうたづ大師」と親しまれる【78番札所「郷照寺(ごうしょうじ)」】

78番札所「郷照寺」は、時宗と真言宗の2宗派が共存する珍しい歴史をもつお寺です。 お大師さまが厄除け誓願をされた歴史をもち、「厄除けうたづ大師」として、長く地域に親しまれています。
Continue Reading
遍路B級グルメ

独特のスパイスと親鳥の歯ごたえがクセになる丸亀名物「骨付鳥」【骨付丸亀鳥[丸亀市]】

香川県丸亀市には半世紀ほど前からの伝統がある名物「骨付鳥」という地元グルメが存在します。 独特のスパイスと親鳥の歯ごたえがクセになる逸品を地元民でにぎわう有名店「骨付丸亀鳥」でいただきました。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top