四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路豆知識

四国遍路に役立つ「道の駅」まとめ【高知県編】

スポンサーリンク   札所間の距離が長い高知県の遍路道は買い物困難エリアも多く、食事や休憩場所を提供してくれる道の駅の存在をありがたく感じます。地元食材やグルメがひととおり網羅されているので、高知県の食文化に触
Continue Reading
遍路道

北前船寄港で栄えた離島集落の住民が寄進した中務茂兵衛標石【39番札所「延光寺」入口】

高知県最後の札所・第39番延光寺。とにかく長い土佐國の道のり、ここへ到着することで得る安堵感はとても大きい。その札所への入口で見ることができる標石に記されている情報は、とても個性があるものです。   あなたにお
Continue Reading
遍路道

延光寺から観自在寺へ向かう地点にある標石【39番札所「延光寺」門前】

少し赤みがかかった古びた標石。 四国八十八ヶ所第39番延光寺をお参りして、次の第40番観自在寺に向かって歩くスタート地点に、中務茂兵衛さんの標石が残されています。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

眼洗いの清水と亀が持ち帰った銅鐘【39番札所「延光寺(えんこうじ)」】

修行の道場と呼ばれる高知県16ヶ寺最後の札所、第39番延光寺。 本尊である薬師如来は “目治し薬師” と呼ばれ信仰を集めています。
Continue Reading
遍路道

土佐から伊予へ。国境の峠と境界石

土佐國修行の道場 / 伊豫國菩提の道場を分ける予土国境(よどくにざかい)の名前を松尾峠(まつおとうげ)と言います。 旧来の街道・遍路道の雰囲気が残されていて、頂上にはそれぞれの領地を示す境界石が今も残ります。
Continue Reading
遍路B級グルメ

「あんこonあんこ」の魅惑の甘味「羊羹パン」ほかおもしろパンの数々【道の駅「みしょうMIC」】

40番札所「観自在寺」近くの「道の駅みしょうMIC」では、レトロなパッケージのおもしろパンをたくさん見つけました。 特に「あんパン」の上に「羊羹」をぬった「羊羹パン」は、甘いもの好きにはたまらない珍品でした。
Continue Reading
遍路道

高知県と愛媛県の県境「松尾峠」を越えて「菩提の道場」に突入【39番札所「延光寺」→40番札所「観自在寺」】

高知県と愛媛県の県境は旧道距離約6km、標高300mの「松尾峠」を越えて、いよいよ伊予の國「菩提の道場」に突入です。 峠の頂上の「松尾大師跡」は宿泊も可能なお堂が残っていますので、ぜひお立ち寄りを。
Continue Reading
遍路B級グルメ

甘味とあっさりが両立の「四国美鮮豚」のロースかつを「塩」でいただく【とんかつ かつ村(宿毛市)】

自然豊かな「四万十」で育った「四国美鮮豚」は、ビタミンB・コラーゲン・たんぱく質が豊富で、甘味がありながらしつこくなくあっさりいただける良質な豚肉。豪華なロースかつを甘味がひきたつ「塩」をつけていただきました。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

赤亀さんが竜宮城から梵鐘を背負って帰ってきた土佐の國最後の札所【39番札所「延光寺(えんこうじ)」】

土佐の國最後の39番札所「延光寺」は、赤亀さんが竜宮城から梵鐘を背負って帰ってきた伝説が残るお寺です。お寺にたくさんいる亀さんをしっかり拝んで、「修行の道場」を締めくくります。
Continue Reading
遍路B級グルメ

大月特産の「柿」と高知・南予ならではの「ひがしやま」の羊羹【道の駅「ふれあいパーク大月」】

高知県大月町の名産品といえば「弘見の大柿」で、それを使った珍しい「柿羊羹」を歩き遍路携帯食として購入しました。 そして高知・南予ならではの「ひがしやま」の羊羹もありましたが、これはなんのことかわかりますか?
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top