四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路道

古いフォントが特徴的な小さな標石に秘められた内容【64番札所「前神寺」→65番札所「三角寺」】

スポンサーリンク   第65番三角寺を目指して登り坂を進んでいると、公園があり水の流れる音がする場所に差し掛かります。その付近に小さな中務茂兵衛標石がありますが、その背丈ながら記載内容という個性は抜群の石です。
Continue Reading
遍路道

古書の街で暮らす施主らが寄進した中務茂兵衛標石【64番札所「前神寺」→65番札所「三角寺」】

第65番三角寺へ向かって高速道路くぐった辺り。その辺りの丘には墓地が広がっていますが、この区画に移されたであろう中務茂兵衛標石が存在します。   あなたにおすすめ    四国遍路情報サイト「四国遍路」
Continue Reading
遍路道

三角寺へ続く道すがらの公園のような場所に移されている標石【64番札所「前神寺」→65番札所「三角寺」】

第65番三角寺を目指して登り坂が始まった地点。この時点で遍路道はまだ住宅街の中を進みますが、小さな公園の隅に移された中務茂兵衛標石が残されています。
Continue Reading
遍路道

施主住所に北海道6区時代の住所が記されている標石【64番札所「前神寺」→65番札所「三角寺」】

旧金毘羅街道からわかれ第65番三角寺を目指して、いよいよ登り坂が始まる地点。そのふもととなる住宅地の塀部分に中務茂兵衛標石が残されていますが、北海道で暮らす施主のものを初めて目にしました。
Continue Reading
遍路道

かつての金毘羅街道と新しいバイパスとの交点で見ることができる大きい標石【64番札所「前神寺」→65番札所「三角寺」】

標石密集地帯・四国中央市。順々に見て行くとその理由が分かるような気がしますが、こちらにある石はサイズが大きく記載内容が豊富な豪華な標石です。
Continue Reading
遍路道

国会議員を務めた人物によって建てられた標石【64番札所「前神寺」→65番札所「三角寺」】

標高465mの高所にある第65番三角寺を目指して、登るその山が見えてきた辺り。旧来の遍路道をたどってくると、兵庫県の名士が建立に関わったこの石が現れます。
Continue Reading
遍路道

地域の大師堂前に残されている中務茂兵衛標石【64番札所「前神寺」→65番札所「三角寺」】

かつての金毘羅街道から分岐して第65番三角寺を目指す道中。お大師さまが祀られている大師堂前に中務茂兵衛標石が残されています。
Continue Reading
遍路道

かつての金毘羅街道沿いに地域住民らによって建てられた標石【64番札所「前神寺」→65番札所「三角寺」】

第65番三角寺を目指して東へ向かって進んでいると現れるのがこちらの標石。かつての金毘羅街道沿いで、民家に引き込まれるような形で立つ姿が印象的です。
Continue Reading
遍路道

遠く土佐國まで続く旧土佐街道沿いに残されている標石【65番札所「三角寺」→66番札所「雲辺寺」】

四国中央市周辺の標石に「奥の院」の文字は広く見ることができますが、この石で見ることができる「土佐高知」は珍しいもの。この道がかつて重要な街道であった証です。
Continue Reading
遍路道

土佐街道を越えて来た旅人が目にする中務茂兵衛標石【65番札所「三角寺」→66番札所「雲辺寺」】

奥の院・仙龍寺からの遍路道を含む、土佐街道を越えて来た旅人向けに標石が立てられている場所があります。川之江の街の眺めが良いこの地は、かつて存在した旅篭を通じて様々な旅人が出会う場所だったかもしれません。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top