四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路×レイライン

白峯寺(第81番札所)と天皇寺(第79番札所)を結ぶ崇徳上皇の御霊鎮魂のレイライン【「ゆかりの地とレイライン」編】

崇徳上皇をどのように祀り、敬って、その霊を慰めたのか、レイライン的な観点から見ると、古の讃岐の人たちの優しい思いが浮き彫りになってきます。 それは四国のお遍路の伝統にも繋がる死者に寄り添う宗教文化に根ざしたものでしょう。
Continue Reading
遍路×レイライン

白峯寺(第81番札所)と天皇寺(第79番札所)を結ぶ崇徳上皇の御霊鎮魂のレイライン【「怨霊伝説と讃岐の鎮魂」編】

非業の死をとげた崇徳上皇は讃岐の地で荼毘にふされます。 その後、様々な怨霊伝説がうまれることになりますが、自分を篤くもてなしてくれた讃岐の人たちには、怨霊となってからも情を注いで、常に守っていると考えられています。
Continue Reading
遍路×レイライン

白峯寺(第81番札所)と天皇寺(第79番札所)を結ぶ崇徳上皇の御霊鎮魂のレイライン【「讃岐配流と非業の死」編】

崇徳上皇といえば、日本史上もっとも恐れられた怨霊に挙げられますが、讃岐國では悲運の天皇として手厚く祀り、180度異なる穏やかな御魂として受け止められてきました。 レイライン的な観点から、その理由を紐解きます。
Continue Reading
遍路×レイライン

豊玉姫の聖地とレイライン―屋島から新川を辿る―【「高仙山」編】

新川を遡っていくと、その源流は聖山「高仙山」の中腹に行き着きます。 讃岐平野を一望する高仙山の山腹・山麓はかつての大寺院で、豊玉姫命の新川遡上伝説との関連性も感じる聖地です。
Continue Reading
遍路×レイライン

豊玉姫の聖地とレイライン―屋島から新川を辿る―【「嶽山」「山大寺」「氷上八幡神社」編】

新川の上流に、その露出した岩肌が遠方からも確認できる特徴的な聖山「嶽山」があります。 山周辺の寺社仏閣との関係性をみていくと、山岳修験の聖地であったことがうかがえます。
Continue Reading
遍路×レイライン

豊玉姫の聖地とレイライン―屋島から新川を辿る―【「静薬師」「空風呂」編】

新川の遡上を続け源流に近寄ってきた三木町とさぬき市の境目あたりに、古墳が群集する一帯があります。 そこには源義経の妾「静御前」や「行基」由来の史跡もあり、聖地として崇められてきた歴史を感じます。
Continue Reading
遍路×レイライン

豊玉姫の聖地とレイライン―屋島から新川を辿る―【「鰐河神社」「和爾賀波神社」編】

新川沿いの聖山である白山・嶽山の山麓に、豊玉姫命が新川を遡上して鎮座したとされるふたつの「わにかわ神社」があります。 山岳信仰と海人族の豊玉姫命信仰が融合した巨大な聖地であった可能性がみえてきます。
Continue Reading
遍路×レイライン

豊玉姫の聖地とレイライン―屋島から新川を辿る―【「眞行寺」「八ヶ峰」「勅使神社」編】

白山の東には八ヶ峰と呼ばれる小高い丘があり、その麓には眞行寺と勅使神社が並んでいます。 新川沿いの聖地を結ぶ二至ライン上に位置し、レイライン的ネットワークの重要地点でもあります。
Continue Reading
遍路×レイライン

豊玉姫の聖地とレイライン―屋島から新川を辿る―【「白山」「白山神社」編】

香川県三木町の中心部、新川北東方向にそびえる「白山」は、その円錐形の美しい山容から「東讃富士」と呼ばれる、地域のシンボルでありランドマークです。 古代から信仰の対象であった痕跡を残す聖山でもあります。
Continue Reading
遍路×レイライン

豊玉姫の聖地とレイライン―屋島から新川を辿る―【「天野神社」編】

新川を南に遡上し、香川県三木町の中心部に差しかかるあたりに「天野八幡神社」があります。 この神社の伝統行事「大獅子・獅子舞」は豊玉姫命との関連をうかがわせ、さらに弘法大師信仰や海人族との関係の痕跡を残す聖地です。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top