四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路×レイライン

四国霊場の龍燈伝説【大瀧寺・御厨人窟・仙遊寺・神峯寺・取星寺】

前回の記事で、讃岐に残る龍燈伝説についてご紹介しましたが、調査を進めていくと、四国霊場の複数の聖地でも龍燈にまつわる話が残っていることがわかりました。 神秘的な光が四国の信仰や文化と密接にかかわっているように感じます。
Continue Reading
遍路B級グルメ

甘辛焼豚と半熟目玉焼きがご飯にからみつく今治市民のソウルフード【重松飯店[今治市]】

今治市のご当地B級グルメといえば、もはや全国区になった「焼豚玉子飯(やきぶたたまごめし)」です。 市内のたくさんの中華料理屋で提供されていますが、その中でも超有名店の「重松飯店」でがっつりいただきました。
Continue Reading
遍路B級グルメ

来島海峡の渦潮がソーダミントのソフトクリームに変身【道の駅 今治湯ノ浦温泉】

札所密集地域の愛媛県今治市の「道の駅 今治湯ノ浦温泉」はお遍路さんの休憩好適スポットです。今治の名所である「来島海峡」をイメージした珍しいソフトクリーム「マリンソフト」を発見しました。
Continue Reading
遍路豆知識

遍路の父と呼ばれる「真念」ゆかりのへんろ石

昔昔の四国八十八ヶ所はルールが定まっていない、道が険しい、地図が無い等、一般人が到底回れるようなものではなく、修行僧など 限られた人たちしか回ることができませんでした。江戸時代中期、それを可能にした人物がいます。
Continue Reading
遍路道

遍路宿の案内人の「丸型ポスト」といかつい奴を見逃すなかれ【遍路道「丸型ポスト」まとめ(愛媛県東予エリア編)】

愛媛県東予エリアで見つけた「丸型ポスト」は、遍路宿の案内をしてくれていた親切な奴でした。 これまでの「丸型ポスト」とは姿が異なるいかつい奴もお見逃しなく。
Continue Reading
遍路B級グルメ

来島海峡の「朝獲れアジ」を使った「海峡めし」をいただく【道の駅「今治湯ノ浦温泉」】

今治市の「来島海峡」は潮の流れが急で船の航行では難所ですが、身の締まった魚が獲れる良好な漁場でもあります。 新鮮な「朝獲れアジ」を使った名物「海峡めし」を「道の駅 今治湯ノ浦温泉」でいただきました。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

お大師さまと握手ができて、薬師如来さまの薬壺に病気回復を祈願する伊予の国府跡【59番札所「国分寺(こくぶんじ)」】

遍路旅で「国分寺」と名の付くお寺は3カ寺目で、他県の「国分寺」同様、元は国府があった場所にあるお寺です。 境内ではお大師さまと握手ができて、薬師如来さまの薬壺に病気回復の祈願ができるという体験型のお寺でした。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

仙人が忽然と姿を消した伝説のお寺にはお大師さまの「御加持水」と天然温泉付き「宿坊」あり【58番札所「仙遊寺(せんゆうじ)」】

58番札所「仙遊寺」は、40年ほど寺に籠った仙人が忽然と姿を消した伝説が寺名の由来になっています。 歩き遍路にありがたいお大師さまの「御加持水」と天然温泉付き「宿坊」があり、「通夜堂」でのうれしいお接待もあるようです。
Continue Reading
遍路道

遍路案内犬の供養池「犬塚池」を通り、作礼山から「今治市街」と「しまなみ海道」を一望【57番札所「栄福寺」→58番札所「仙遊寺」】

57番札所「栄福寺」を出発してすぐの大きなため池「犬塚池」は札所間の案内をしていた犬の供養池でもあるそうです。作礼山頂上の58番札所「仙遊寺」への急坂登山は難所ですが、見事な眺望を楽しむことができました。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

お堂と近代建築の融合の立役者は若き住職と建築家のお兄さん【57番札所「栄福寺(えいふくじ)」】

57番札所「栄福寺」では、歴史を感じるお堂と、寺務所やトイレの近代建築が共存する珍しいお寺です。 このような新しい取り組みをされているのは、若くして住職に就任した白川密成住職と建築家である住職のお兄さんでした。
Continue Reading
12

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top