四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路道

かつての番所付近で見ることができる独自規格の標石【43番札所「明石寺」→44番札所「大寶寺」】

スポンサーリンク   第43番明石寺から次の第44番大寶寺に向かって鳥坂峠を目指す道中。かつて藩を行き来する旅人の取り調べを行う番所が置かれた「東多田」の集落に、独自規格の標石が残されています。
Continue Reading
遍路道

Y字交差点の根元で両者の行先を知らせる標石【43番札所「明石寺」→44番札所「大寶寺」】

第43番明石寺を出てしばらく進むと、Y字交差点の根元に中務茂兵衛標石が残されています。地図を広げて見てみると、この場所はかつて隣町とを行き来するのに用いられていたルートが分岐する地点でした。   あなたにおすす
Continue Reading
遍路×サイクリング

歩きお遍路さんとの出会い【大洲市での出来事】

愛媛県西予市から山を越えて大洲市に入ったところの休憩所にて、”歩きお遍路さん”との出会いがあった。自転車による巡礼とは異なる歩きお遍路の世界は一体どんなものなのだろう。せっかくなので、お話を聞いてみた。
Continue Reading
遍路道

山中に潜行したキリシタン大名【別格7番札所「金山出石寺」への遍路道】

南予は海を隔てて九州と向き合う位置柄、そちらからの影響を多分に受けてきた地域です。別格7番札所出石寺へ向かう遍路道で見ることができるキリシタン史跡は、旧領奪還の夢が儚く散った、公家出身の戦国大名ゆかりの場所です。
Continue Reading
遍路道

新谷を盛り上げた当地出身の豪商【池田貫兵衛(いけだかんべえ)】

かつて新谷藩の金蔵があった場所と同じ通り沿い、少し西寄りに大きな屋敷があります。 塀の長さは100mはあろうかという豪邸ですが、こちらは新谷出身の豪商の邸宅です。
Continue Reading
遍路道

お城は無いけれど大名が居たことを示す遺構【新谷藩陣屋跡・金蔵跡[大洲市]】

かつての駅舎がモチーフ? 漫画家・松本零士氏ゆかりの大洲市立新谷小学校。 この場所はかつて陣屋があり、大洲藩から分知した新谷藩が治めていました。
Continue Reading
遍路道

銀河鉄道999の始発駅?特徴的な時計台を持つ小学校【新谷小学校[大洲市]】

銀河鉄道999始発駅の街・新谷。新谷駅から延びる999通りを進んで行くと、道の突き当りに保育所・小学校が現れます。 どちらも屋根に時計台を模した造り。銀河鉄道999の始発駅・新谷の事、このデザインは何かありそうです。
Continue Reading
遍路道

有名SF漫画の原案が生まれた街「新谷(にいや)」【43番札所「明石寺」→44番札所「大寶寺」】

愛媛県大洲市東部の新谷地区、近くには番外霊場である十夜ヶ橋。 四国八十八ヶ所霊場巡礼では43番明石寺から44番大寶寺へ向かう道中に、ひときわ目を引く大きな看板があります。
Continue Reading
四国別格二十霊場

50年に一度の御遠忌・御開帳【別格7番札所「金山出石寺(きんざんしゅっせきじ)」】

平成29年(2017年)、別格7番札所「金山出石寺」は開山1300年を迎えます。 前回の訪問で、50年に一度の秘仏本尊御開帳が行われると知り、このたび向かいました。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top