四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路道

高知城近くにある標石から読み取る当時の四国遍路界【30番札所「善楽寺」→30番札所奥の院「安楽寺」】

高知城の登り口近くに茂兵衛さんの標石が残されています。 高知市中心部には八十八ヶ所の本札所が無いため、一般的には市街地中心部が巡礼ルート(遍路道)にはなっていませんが、明治以降、そうではなかった時期があります。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

四国の転機となった戦いと長宗我部信親墓所【33番札所「雪蹊寺(せっけいじ)」】

第33番雪蹊寺は、土佐國の戦国武将として名高い長宗我部家と由縁が深いお寺です。 四国の転機であったかもしれない合戦のお話とゆかりの墓所が今なお引き継がれています。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

首から上の病に霊験あらたかと伝わる梅見地蔵【30番札所「善楽寺(ぜんらくじ)」】

冬でも温暖な高知は青空が似合います。 30番札所「善楽寺」の境内に留まられて、お遍路さんを見守り続けるお地蔵さまがいらっしゃいます。
Continue Reading
遍路×レイライン

東讃の二至を結ぶレイライン【87番札所「長尾寺」周辺】

香川県には夏至の日の出と冬至の入り日方向を結ぶ「二至」のラインが重要な意味をもっていることがわかってきました。 今回は、香川県の東部、87番札所「長尾寺」周辺に見られる同様の二至を指し示すレイラインを見ていきます。
Continue Reading
遍路道

「清瀧寺」の山登り打ち戻りは荷物を預けていざ!【34番札所「種間寺」→35番札所「清瀧寺」】

仁淀川を渡って土佐市に入ると、次の札所は標高130mの「清瀧寺」への山登りです。 山へは行き帰り同じ道の打ち戻りになりますので、遍路道途中の土佐市観光笹岡ハイヤーさんに大きな荷物を預けてから挑みましょう。
Continue Reading
遍路宿

シャワー・寝具有りの管理の行き届いたありがたい通夜堂【34番札所「種間寺」】

34番札所「種間寺」では、お寺で受付、鍵管理も行き届いた安心な通夜堂を用意してくださっています。 シャワースペース有り、シーツ交換をしてくださる寝具有りと、たいへんありがたい施設です。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

お大師さま種まきのお寺は「さわり大黒」と「手水鉢」に注目【34番札所「種間寺(たねまじ)」】

空海が唐より持ち帰った五穀の種を境内にまいたことから名づけられたというのが34番札所「種間寺」です。 多くの人が触って艶の出ている「さわり大黒」と年代物の「手水鉢」に注目です。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

長宗我部元親ゆかりのお寺は高知特産品の宝庫【33番札所「雪蹊寺(せっけいじ)」】

33番札所「雪蹊寺」は、四国を制覇した武将「長宗我部元親」ゆかりのお寺です。 お寺の境内には特産品の直売所があって、アットホームな雰囲気を感じることができました。
Continue Reading
遍路B級グルメ

うどんだしに中華麺?「中日(ちゅうにち)」の元祖は現役バリバリ【竹村食堂(高知市長浜)】

既に通過してきた香南市赤岡で見かけた「中日そば」の看板がなんとなく気になっていたのですが、33番札所「雪蹊寺」の手前の商店街でまさかの再会。 そこは「中日(ちゅうにち)」の元祖のお店でした。
Continue Reading
遍路道

種崎から長浜へ県営渡船「龍馬」でワープしてみた【32番札所「禅師峰寺」→33番札所「雪蹊寺」】

32番札所「禅師峰寺」から33番札所「雪蹊寺」の間の道のりには県道の一部を船で渡る珍しい遍路道。 地元住民の生活の足として長く続く渡し船は、歩き遍路も助けてくれる貴重な存在です。
Continue Reading
12

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top