四国遍路情報サイト「四国遍路」
四国八十八ヶ所霊場

「三羽雀」から「菊に善」への寺紋の変遷に秘められた「真言宗善通寺派」の歴史【75番札所「善通寺(ぜんつうじ)」】

スポンサーリンク   空海を輩出した佐伯氏が使用していたとされる「三羽雀紋」にあやかり、香川県内では雀紋を寺紋に使う寺が複数存在しますが、佐伯氏にゆかりの深い75番札所善通寺の現在の寺紋は「菊に善」。寺紋の視点
Continue Reading
遍路道

世界的に知られる津浪教訓話の基となった地の施主による標石【77番札所「道隆寺」→78番札所「郷照寺」】

第77番道隆寺を出発して10分ほど歩いたところ。丸亀市に入ってすぐのところの道沿いに中務茂兵衛標石が残されています。この石を眺めていると、防災教訓の基となった話が浮かび上がってきます。   あなたにおすすめ &
Continue Reading
遍路道

中務茂兵衛、四国遍路最盛期とみることができる標石【76番札所「金倉寺」→77番札所「道隆寺」】

善通寺市周辺に近在する札所参りの最後となる第77番道隆寺。寺が近くなったところで車道脇に除けて残されている標石が目に入ります。
Continue Reading
遍路道

五差路に二つ並んで立っている中務茂兵衛標石(西側)【76番札所「金倉寺」→77番札所「道隆寺」】

香川県西部に残されている中務茂兵衛標石は、岡山の施主による石が多いこととこんぴらさんに関する記載が見られることが特徴の一つ。多度津町の五差路、一対二基の西側の標石は、まさにその要件を両方満たしています。
Continue Reading
遍路道

五差路に二つ並んで立っている中務茂兵衛標石(東側)【76番札所「金倉寺」→77番札所「道隆寺」】

第76番金倉寺から第77番道隆寺に向かう道中、遍路道と旧街道が重複している五差路で見ることができる、一対二基の標石。この記事では東側にある標石を詳しく観察します。
Continue Reading
遍路道

旧道沿いに残されている標石から考察する「豫」と「予」【70番札所「本山寺」→71番札所「弥谷寺」】

讃岐の遍路道中は札所間距離が1~2時間と近いところが多いのですが、こちらの石がある第70番本山寺と第71番弥谷寺の間は少し距離が離れています。標石に刻まれている情報から、新字・旧字を考察したいと思います。
Continue Reading
遍路道

第71番弥谷寺参道登り口の三叉路にある標石【71番札所「弥谷寺」参道】

第71番弥谷寺へ徒歩で向かう際、階段が始まる地点で目に入るこちらの標石。石が立っている地点を中心として、三方向に分かれる三叉路になっています。
Continue Reading
遍路豆知識

空海を生んだ佐伯家に由縁をもつ寺紋「三羽雀紋」の探求

空海を輩出した讃岐國の豪族「佐伯家」が使っていたとされる「雀紋」。それにあやかり香川県内のいくつかの寺では「三羽雀紋」が寺紋に使われているという話を耳にして、三羽雀紋の探求をはじめました。
Continue Reading
遍路道

阿讃県境の稜線を歩いて大滝山へ向かう【別格20番札所「大瀧寺」への阿讃縦走登山ルート】

別格20番大瀧寺は標高946mの大滝山の山頂付近に位置し、その道のりは険しい遍路ころがしの一つ。いくつかある登山道の中で、徳島/香川の県境になっている稜線を歩いて、寺を目指します。
Continue Reading
遍路道

三つの札所が一面に併記されている中務茂兵衛標石【73番札所「出釈迦寺」→74番札所「甲山寺」】

奥に見えている三角形の山は甲山(かぶとやま)。山のふもと東側に第74番甲山寺(こうやまじ)があります。その間近となる場所に中務茂兵衛標石が残されています。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top