四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路道

かつての港町の賑わいを想像することができるやや大きな標石【88番札所「大窪寺」→3番札所「金泉寺」】

スポンサーリンク   第88番大窪寺、それから奥の院與田寺と来て徳島県へ向かうお遍路さんが通るこの場所は、かつて風待ち潮待ちを行う船の入出港で賑わった引田。港町であり県境の街でもあるその街への入口に、中務茂兵衛
Continue Reading
遍路道

四国一周を目指して進む道中にある中務茂兵衛標石【88番札所「大窪寺」→1番札所「霊山寺」】

第88番大窪寺を打ち終え山から里へ出て、総奥の院與田寺を参り、阿讃國境の大坂峠を目指して進んでいる地点。香川県最東の街・東かがわ市の市役所前に、中務茂兵衛晩年の標石が残されています。   あなたにおすすめ &n
Continue Reading
遍路道

見事な紅葉、境目の大銀杏【阿讃県境「境目(さかいめ)」】

第88番大窪寺から約4km進むと、香川県・徳島県の県境地点であり、遍路道の分岐点である「境目」集落があります。当集落には地域のシンボルツリーである大きな銀杏の木があり、晩秋の時期には鮮やかな黄色に紅葉します。
Continue Reading
遍路×レイライン

讃岐の龍燈伝説【龍燈院・富田神社・白鳥神社】

今回は、聖地にまつわる不思議な現象「龍燈」がテーマです。 「龍燈」とは、神仏に龍が灯明を捧げると信じられた発光現象で、江戸時代から明治初期にかけて、全国で見られた記録があり、讃岐の地でも龍燈にまつわる話が残されています。
Continue Reading
遍路道

四国八十八ヶ所奥の院と称される大寺院【與田寺(よだじ)】

香川県東部の東かがわ市に「四国八十八ヶ所奥の院」 と称される寺院「與田寺」があります。 中務茂兵衛の標石では「弘法大師御再来遺跡」と紹介されている名刹です。
Continue Reading
遍路道

中務茂兵衛、生きて四国遍路を回った証、最後の標石【「三宝寺」門前編】

第88番大窪寺を出て、香川・徳島の県境をかすめ、しばらく進んだ先、香川県東かがわ市の三宝寺の門前。 中務茂兵衛最晩年の標石が残されています。
Continue Reading
遍路道

本州への連絡汽船の案内が記された標石【「三宝寺」近く[香川県東かがわ市]】

四国八十八ヶ所第88番大窪寺を出て境目(香川・徳島県境)を通り、そこからまた1時間と少し。 遍路を続けるか、それとも国元に戻るのか。その選択肢を提供する中務茂兵衛さんの標石が残されています。
Continue Reading
遍路道

乳出が良くなる大銀杏のご利益【阿讃県境「境目(さかいめ)」】

88番札所「大窪寺」から順打ち方向に向かう遍路道の途中に、阿讃國境のシンボル「境目のイチョウ」があります。 初秋を迎えると色づき始める銀杏の木は、ある信仰を集めてきました。
Continue Reading
遍路道

中務茂兵衛、生きて四国遍路を回った証、最後の標石【阿讃県境「境目(さかいめ)」編】

四国八十八ヶ所第88番大窪寺を出て 1時間強。徳島県との県境を跨ぐ地点に中務茂兵衛さんの標石が残されています。 こちらの石は茂兵衛さんの人生の中で最晩年のものと伝わります。
Continue Reading
遍路×レイライン

倭迹迹日百襲姫の源流を示す讃岐のレイライン【「水主神社」編】

讃岐東部の東かがわ市には倭迹迹日百襲姫(やまとととひももそひめ)と所縁が深い「水主神社」があります。 この神社には大和との関係を明確に示すレイラインの構造が残されています。
Continue Reading
12

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top