最初にして最大の難所といわれるのが、12番札所「焼山寺」への「遍路ころがし」です。
11番札所「藤井寺」の山道入口から、8kmほど進んだ「浄蓮庵」でお大師さまに元気をもらってからの下り登りが勝負です。

「遍路ころがし」の中でも最初にして最大の難所

「遍路ころがし」という言葉は、歩き遍路を始めると必ず耳にするフレーズです。
「遍路ころがし」とは、遍路をころげ落とすような道の意味で山寺への難所のことを言い、以下の複数の区間がそのように呼ばれています。

●11番札所「藤井寺」から12番札所「焼山寺」への山越え路
●20番札所「鶴林寺」への登山路
●21番札所「太龍寺」への登山路
●27番札所「神峯寺」への急坂 ※「真縦(まったて)」とも呼ばれる
●60番札所「横峰寺」への登山路
●66番札所「雲辺寺」への登山路
●81番札所「白峯寺」への登山路

その中でも、「焼山寺」への道のりは、全長約13kmで山を2つ越えるための登り下りがあり、「健脚5時間、平均6時間、遅足8時間」かかるともいわれる最初にして最大の難所です。

11番札所「藤井寺」が山道の入口にあたり、お大師さまの励ましを受けながら、登山をスタートしていきます。

「遍路ころがし」に挑む緊張とプレッシャーから、「藤井寺」をゆっくり見てまわる余裕がありませんでした。

「遍路ころがし」に挑む緊張とプレッシャーから、「藤井寺」をゆっくり見てまわる余裕がありませんでした。

 

最後まで残った空海の道

この「焼山寺」への「遍路ころがし」は、1200年ほど前の空海が歩いていた頃の自然がそのまま残っている唯一の道といわれており、地元での保存・管理は行き届いています。
それもあってか、長距離の登り下りが険しい道ではありますが、安全に歩行できるように足場は整備されているので、想像していたよりも歩きやすく、良いペースで進んでいくことができました。

少し危ないなと思ったのが石がごつごつしていたこの道ぐらいで、全体を通して比較的安全な道が続きます。

少し危ないなと思ったのが石がごつごつしていたこの道ぐらいで、全体を通して比較的安全な道が続きます。

山は杉林になっているので、私が歩いた1月は杉の落葉がクッションになって気持ちよかったです。ただ、春先の花粉が舞う時期は、山道の険しさよりも花粉症対策が必要ではと、花粉症ではない私が心配になるほど立派な杉が林立しています。

山は杉林になっているので、私が歩いた1月は杉の落葉がクッションになって気持ちよかったです。ただ、春先の花粉が舞う時期は、山道の険しさよりも花粉症対策が必要ではと、花粉症ではない私が心配になるほど立派な杉が林立しています。

 

「長戸庵」まで標高400mを一気に登る

登山をスタートしてから、最初のチェックポイントである「長戸庵」まで、約3kmの距離で標高400mを一気に登る急坂です。
「長戸庵」までの間に、数少ない水場である「水大師」や、山からの景色を楽しめるビュースポットがありますので、最初は無理せず、それぞれのポイントで荷物を降ろして、休みながら進むのが良いと思います。

スタートとしてほどなくでの下界の吉野川を見下ろすビュースポット。山からの景色が楽しめるのは、この地点ぐらいで、あとはひたすら林の中を進むので、ここで記念撮影を済ませておいてください。
スタートとしてほどなくでの下界の吉野川を見下ろすビュースポット。山からの景色が楽しめるのは、この地点ぐらいで、あとはひたすら林の中を進むので、ここで記念撮影を済ませておいてください。
「ここから柳水庵(4km)まで飲み水はありません」と脅される「水大師」。山水を飲むのも気持ち良い体験ですが、飲み水はきらさないように少々重くても登る前に十分に用意・持参してください。
「ここから柳水庵(4km)まで飲み水はありません」と脅される「水大師」。山水を飲むのも気持ち良い体験ですが、飲み水はきらさないように少々重くても登る前に十分に用意・持参してください。
スタートから約3km、標高400mの「長戸庵」に到着。ここまでは、想像よりも楽に気持ち良く登ってくることができました。

スタートから約3km、標高400mの「長戸庵」に到着。ここまでは、想像よりも楽に気持ち良く登ってくることができました。

 

「柳水庵」の休憩所は宿泊も可能なありがたい施設

「長戸庵」から更に約3kmで一山越えて、急な坂を下ったところに、二つ目のチェックポイント「柳水庵」があります。

「柳水庵」手前下り坂途中に小屋がありますが、休憩はもう少し先の休憩所まで我慢して通過してください。下り坂の石畳が滑りやすいので要注意。

「柳水庵」手前下り坂途中に小屋がありますが、休憩はもう少し先の休憩所まで我慢して通過してください。下り坂の石畳が滑りやすいので要注意。

「柳水庵」は立派なお堂です。お堂前にトイレがあるので、ここを利用しましょう。

「柳水庵」は立派なお堂です。お堂前にトイレがあるので、ここを利用しましょう。

「柳水庵」に到着したら、通過して下る方向を見ると、プレハブの小屋が見えます。
ここがたいへんありがたい休憩所になっており、靴を脱いで、足を伸ばして、休憩させていただきました。
地元の方が電気や寝具も用意してくださっていて宿泊も可能ですが、ここに夕方に到着するスケジュールは組みにくいですし、夜の山中になるので、もし宿泊するようであれば、食料や飲水は十分に持参する必要がありますね。

ちょっとした家のようで、宿泊環境としても十分です。

ちょっとした家のようで、宿泊環境としても十分です。

電気や寝具は、宿泊しなくても、しばらく休憩するにもたいへんありがたいです。

電気や寝具は、宿泊しなくても、しばらく休憩するにもたいへんありがたいです。

 

お大師さまと感動のご対面で元気をもらう「浄蓮庵」

「柳水庵」で休憩してからは、約2kmで250mを登る2つ目の山に挑みます。
ここは、立ち止まりたくなる衝動を抑えながら、黙々と登っていくしかありません。
座れるような休憩所もないので、ここは修行・我慢だと思って、一歩一歩前に進みました。

そして、ひたすら登っていくと、突如石階段が現われ、そこを見上げると…杉の木に抱かれたお大師さまがいらっしゃるではありませんか。

登り坂で息をきらして進んできた先にお大師さまが見えたときは「感動!」の一言。

登り坂で息をきらして進んできた先にお大師さまが見えたときは「感動!」の一言。

坂の下から見上げるお大師さまとの対面は、歩き遍路さんにはとても有名だそうです。
私は何の前知識もなく突然のご対面だったので、余計に驚きと感動があったように思います。
ここで紹介しておきながら、初めて歩くお遍路さんは、何も知らずに登っていく方がオススメですね。

ここが、「焼山寺」への「遍路ころがし」の標高最高地点745mの「浄蓮庵」です。
実は標高700mの「焼山寺」よりも高い位置にあり、空海が焼山寺に向かう途中、ここで木の根を枕に仮眠し、夢の中に阿弥陀如来が出現したので、尊像を刻み安置したことに由来すると伝えられています。

その際にお手植えされたとされるのがお大師さま像の後ろにそびえる巨古木で「左右内(そうち)の一本杉」と呼ばれていて、それにちなんで庵も「一本杉庵」の通称があります。

当然ですが、庵や杉が昔から存在し、お大師さま像が安置されたのはのちの世になってから。
大正15年に安置されたとのことですが、この位置に像を安置した方は、歩き遍路さんに感動を与え続ける素晴らしい功績だと思います。

杉の巨古木に抱かれるお大師さまに、遍路ころがし完歩を祈願します。

杉の巨古木に抱かれるお大師さまに、遍路ころがし完歩を祈願します。

 

一番きついのは「浄蓮庵」からの下りと再度の登り

お大師さまとの感動のご対面で元気をもらえるのですが、一番きついのはここからの下りと「焼山寺」までの再度の登りです。
せっかく標高745mの「浄蓮庵」まで登りきったのに、約1.5kmの距離で標高300mを一気に下ることになるのです。
登山経験者には当たり前の話なのですが、体への負担は登りよりも下りの方が大きくなりますし、転倒などの危険も下りの方が圧倒的に多くなります。

「浄蓮庵」を出発してほどなくして、集落のある舗装路に一度出ますが、以下写真のような滑りやすい側溝の上を歩くなど、危険な場所がありますので、十分注意して進みたいところです。

これが遍路道?と疑ってしまった側溝。前日の雨の影響もあり、とても滑りやすかったです。

これが遍路道?と疑ってしまった側溝。前日の雨の影響もあり、とても滑りやすかったです。

途中には沢を通過する場所もあります。ここはそれほど危険ではないので、景色を楽しみながら進みました。

途中には沢を通過する場所もあります。ここはそれほど危険ではないので、景色を楽しみながら進みました。

そして、「焼山寺」まで再度の登りになります。
この登り道は、途中に残り距離表示が何もなくて、どこまで登ればたどり着くのか、心が折れそうになりました。

なんとか進んでいくと、「お疲れさまです」の看板に迎えられて「焼山寺」に到着です。

ほんとうに疲れました…とこの先に更なる試練があるのですが、それは「焼山寺」の記事にてご紹介します。

ほんとうに疲れました…とこの先に更なる試練があるのですが、それは「焼山寺」の記事にてご紹介します。

最初にして最大の難所といわれるだけあって、かなりの試練の道ではありましたが、自然や見どころが満載の初の「遍路ころがし」でした。
あとから思い起こせば、「焼山寺への道ががんばれたんだから、この道も越えられるはず」と自分に言い聞かせて苦しい道を乗り切ることができたとも思います。

登りきった達成感に浸りたいところなのですが、本当の試練は「下り道」にあります。
このあとの遍路旅路で、何回も下りのつらさを経験しましたので、別の記事にてご紹介していこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」 TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

ごんのすけ

お遍路さん初心者です。  2015年1月20日(火)に1番札所を出発し、2015年3月1日(日)に41日間で88番札所で通し歩き結願を果たすことができました。 2015年4月12・13日の2日間で、開創1200年で盛り上がる高野山にお礼参りにも行ってきました。 自身の通し歩き遍路体験を元にお役立ち情報を発信しています。