四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路道

四万十川最後の渡しは今も細々続いているようです【37番札所「岩本寺」→38番札所「金剛福寺」】

人は川や海の上を歩くことはできません。昔の四国遍路は、四国各所の水辺で渡し舟を利用していました。四国第二の大河・四万十川(渡川)を渡る際も同様。四万十川で最後まで残った河口の渡し舟は、かつてお遍路さんも利用していました。
Continue Reading
遍路道

五台山の麓に残された標石は、京都の中心で暮らす人物によるもの【32番札所「竹林寺」近く】

第32番竹林寺がある五台山から下山した地点。五台山小学校の角に金枠で補強された中務茂兵衛標石が残されていますが、石に刻まれている情報を読み解くと、京の中心で暮らす人物の寄進であることがわかります。
Continue Reading
遍路道

結願へカウントダウンの地に立つ標石【87番札所「長尾寺」→88番札所「大窪寺」】

四国八十八ヶ所霊場を全て回ることを「結願(けちがん)」と言いますが、第1番霊山寺から巡拝を始めた場合の結願の寺は、第88番大窪寺。その結願へ向けた道の途中に、こちらの標石はあります。
Continue Reading
遍路道

伊藤萬蔵×中務茂兵衛合作の標石【28番札所「大日寺」→29番札所「国分寺」】

かつて土佐国府が置かれた南国市では、第29番国分寺周辺を中心にいくつかの中務茂兵衛標石を見ることができます。こちらの標石は、当時の遍路界における第一人者らの合作によって建てられたものです。
Continue Reading
遍路道

吉野川土手で見ることができる復旧された標石【10番札所「切幡寺」→11番札所「藤井寺」】

第10番切幡寺から第11番藤井寺への遍路道では、途中で四国一の大河・吉野川を渡ります。その北岸土手に上がる地点に、中務茂兵衛標石が残されていますが、他の場所の標石とは少し様子が異なります。
Continue Reading
遍路道

芋泥棒と間違われた西行法師の歌碑が残された番外霊場【七仏寺(しちぶつじ)】

お大師さまが生まれた善通寺周辺は、札所が密集しているだけでなく、遍路道沿いに大師ゆかりの霊蹟が多数存在します。 西行法師の歌碑が残る「七仏寺」もそのひとつです。
Continue Reading
遍路道

88度目の巡拝を記念して建てた初期の標石【2番札所「極楽寺」→3番札所「金泉寺」】

第2番極楽寺から第3番金泉寺に向かう遍路道の第3番にほど近い手前、かつては田んぼの畦道だった場所の入り口に、中務茂兵衛門最初期の標石が残されています。
Continue Reading
遍路道

讃岐男に阿波女。実は國境近くに立つ標石【3番札所「金泉寺」門前】

第1番霊山寺から四国遍路を始めて、無理なく到達することができる第3番金泉寺。始めたばかりでは、一番・二番・三番・四番と、それぞれがそう遠くはない寺といった感じですが、3番札所に関しては、ある分岐点でもあります。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top