四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路道

忘れられた遍路道沿いの当地の独自情報を知らせる中務茂兵衛標石【40番札所「観自在寺」→41番札所「龍光寺」】

スポンサーリンク   第40番観自在寺を出発すると多くの地図では国道56号を経由で示されていますが、こちらは一本中へ入った道。そこに中務茂兵衛標石が設置されているあたり、ここがかつての遍路道だったのではないでし
Continue Reading
遍路道

情報量に保存状態、いずれも全標石中随一を誇る標石【40番札所「観自在寺」→41番札所「龍光寺」】

四国遍路三大遍路ころがしの一つ・柏坂への登り口。集落の中心に残されている中務茂兵衛標石は良質の石材に独自情報に添句ありと、全標石の中でも特別高規格なものとなっています。   あなたにおすすめ    四
Continue Reading
遍路道

さとうきび畑が広がる街に残された中務茂兵衛標石【5番札所「地蔵寺」→6番札所「安楽寺」】

徳島県における和三盆糖の産地・上板町。さとうきび畑や製糖工場を見ることができる同町の遍路道沿いに、中務茂兵衛の標石が残されています。
Continue Reading
遍路道

遍路道中初めての未舗装路の入口に立つ中務茂兵衛初期の標石【3番札所「金泉寺」→4番札所「地蔵寺」】

第1番霊山寺から歩き遍路を始めて訪れる未舗装の道が、第3番奥の院・愛染院へ続くこちらの道。いわゆる「遍路道の登場」にワクワクするところですが、この道が始まる地点に中務茂兵衛標石が残されています。
Continue Reading
遍路道

傷ついた標石は中務茂兵衛50歳の時に建立したもの【10番札所「切幡寺」→11番札所「藤井寺」】

第10番切幡寺を下山して四国三郎・吉野川へ向かう道中。川の土手はもうすぐ近くというところに、少し傷ついた中務茂兵衛標石が残されています。
Continue Reading
遍路道

北前船寄港で栄えた離島集落の住民が寄進した中務茂兵衛標石【39番札所「延光寺」入口】

高知県最後の札所・第39番延光寺。とにかく長い土佐國の道のり、ここへ到着することで得る安堵感はとても大きい。その札所への入口で見ることができる標石に記されている情報は、とても個性があるものです。
Continue Reading
遍路道

淀川河川改修時期にそこで暮らしていた方々が寄進した標石【40番札所「観自在寺」→41番札所「龍光寺」】

愛媛県最初の札所・第40番観自在寺から次の第41番龍光寺へは距離約48kmと、八十八ヶ所の中でも長い道のり。その札所間の終盤、三間盆地へ向かって県道57号を登る道中に中務茂兵衛標石が残されています。
Continue Reading
遍路豆知識

大月へんろ道を守る人達【大月小学校おへんろ授業4】

大月小学校で開催されたおへんろ授業に参加して、先達さんや有志の方々の「大月へんろ道」保存にかける思いや努力を目の当たりにしました。昔ながらの遍路道を守るために多くの人手が求められています。
Continue Reading
遍路豆知識

ダイナミックな大月へんろ道の最後はゴロゴロ石の海岸【大月小学校おへんろ授業3】

高知県大月町の小学校で行われている大月へんろ道の「道しるべ札」取り付けは、最後に山を下って海沿いの遍路道である赤泊の浜にたどり着きます。山から海へのダイナミックな景色の転換が見事です。
Continue Reading
遍路豆知識

大月へんろ道で小学生と道しるべ札を設置【大月小学校おへんろ授業2】

2012年から大月小学校で続けられているおへんろ授業。先達さんと小学生が一緒に「大月へんろ道」を歩きながら、子どもたちお手製の「道しるべ札」を取り付けていきます。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top