四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路宿

四国八十八ヶ所霊場巡礼結願前の便利な立地の善根宿「88ALBERGUE」【86番札所「志度寺」近く】

四国八十八ヶ所霊場巡礼も佳境に迫った86番札所「志度寺」の近くに、2018年春にオープンした善根宿「88ALBERGUE」があります。 香川大学の大学生が手造りしたという善根宿には、いろいろな工夫がつまっています。
Continue Reading
遍路道

四国遍路の普及に努めた人物ゆかりの場所【真念庵[土佐清水市]】

四国八十八ヶ所が庶民に広まったのは江戸時代前半の事と言われる。 その普及に努めた人物ゆかりの場所が、第37番岩本寺から第38番金剛福寺の間にあります。
Continue Reading
遍路道

野宿大師伝説が伝わる橋の下のお大師さま【十夜ヶ橋(とよがはし)[大洲市]】

「行き悩む 浮世の人を 渡さずば 一夜も十夜の 橋とおもほゆ」 愛媛県大洲市、橋の下で野宿をすることとなった大師の伝説が、詠んだ歌と共に伝わります。
Continue Reading
遍路道

岩をくぐり川を渡る起伏に富んだ遍路道にはありがたい休憩所あり【別格3番札所「慈眼寺」への遍路道】

別格3番札所「慈眼寺」は、標高550mの山深い場所にある山岳霊場です。山登りの未舗装歩き遍路道は起伏に富んだ魅力的な遍路道で、その途中にはありがたい休憩所「西山荘」があります。
Continue Reading
四国別格二十霊場

お大師さまの橋の下の野宿は一夜が十夜に【別格8番札所「十夜ヶ橋(とよがはし)」】

別格8番札所「十夜ヶ橋」は、空海が巡錫中に橋の下で野宿をしたという霊跡です。 お大師さまが寝ておられるかもしれないから橋では杖をつかないというお遍路さんの習わしはこの地が由来といわれています。
Continue Reading
遍路豆知識

遍路の父と呼ばれる「真念」ゆかりのへんろ石

昔昔の四国八十八ヶ所はルールが定まっていない、道が険しい、地図が無い等、一般人が到底回れるようなものではなく、修行僧など 限られた人たちしか回ることができませんでした。江戸時代中期、それを可能にした人物がいます。
Continue Reading
遍路B級グルメ

結願に向かう前の腹ごしらえはあっさりジューシーな「讃岐黒豚ハンバーグ」【道の駅ながお ほしごえの里】

88番札所「大窪寺」への山登りに向かう前には、「道の駅 ながお」で準備を万端に整えます。 道の駅併設のレストラン「ほしごえの里」で、讃岐三畜のひとつ「讃岐黒豚」のあっさりジューシーなハンバーグで腹ごしらえしました。
Continue Reading
遍路豆知識

「四国八十八ヶ所遍路大使」に任命されて「同行二人バッジ」をゲット【前山おへんろ交流サロン】

88番札所「大窪寺」への中継基地である「前山」には「おへんろ交流サロン」があります。 四国遍路に関する貴重な資料の数々が展示されており、歩き遍路さんは「四国八十八ヶ所遍路大使任命書」と「同行二人バッジ」をいただけます。
Continue Reading
遍路宿

東讃地域きっての桜の名所は安心の野宿スポット【香川県立亀鶴(きかく)公園】

87番札所「長尾寺」から少し南に進んだ先に香川県東讃地域きっての桜の名所「香川県立亀鶴公園」があります。 この公園は、歩き遍路さんにありがたい環境の良い野宿スポットでもあります。
Continue Reading
遍路道

御坊川沿いの遍路道には2013年11月スタートの遍路休憩所・善根宿【83番札所「一宮寺」→84番札所「屋島寺」】

83番札所「一宮寺」から御坊川沿いを進むルートの途中に、2013年11月に運営を開始した遍路休憩所・善根宿があります。 空き家を改築した施設ではありがたいお接待が用意されており、運営者さんのあたたかい心遣いを感じます。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top