高知県と愛媛県の県境は旧道距離約6km、標高300mの「松尾峠」を越えて、いよいよ伊予の國「菩提の道場」に突入です。
峠の頂上の「松尾大師跡」は宿泊も可能なお堂が残っていますので、ぜひお立ち寄りを。

高知県と愛媛県の県境「松尾峠」

高知最後の39番札所「延光寺」に参拝し、この日は宿泊していた「ホテルアバン宿毛」を朝6時頃に出発しました。
1月下旬に遍路に出発し、この時期は朝7時でも日が昇らず真っ暗でしたが、高知を歩ききった2月中旬になってくると、朝6時台で明るくなってくるので、早めに出発する日が増えました。

いりくんだ宿毛湾内につくられた漁業と海運の拠点「宿毛湾港」を朝7時前に撮影。波がまったくなく静寂につつまれています。

いりくんだ宿毛湾内につくられた漁業と海運の拠点「宿毛湾港」を朝7時前に撮影。波がまったくなく静寂につつまれています。

宿毛中心市街地から2kmほど進むと、田園・住宅街を抜けた先に、高知県と愛媛県の県境「松尾峠」の山道への入口にたどり着きます。

県境の峠越えは特別感があります。山道には残り距離表示看板がところどころに設置されていて、勇気づけられます。

県境の峠越えは特別感があります。山道には残り距離表示看板がところどころに設置されていて、勇気づけられます。

ここからの登り道がけっこうしんどかったのか、写真がまったく残っていないのですが、よくいえば自然がよく残っている、悪くいえば整備がいきとどいていない、そこそこの悪路で、山道全体4kmほどの中で最後の約1kmで標高300mまで一気に登るので、傾斜がきつく、想像以上に苦労しました。
さすが土佐の國「修行の道場」で、最後の最後まで試練を課してくれます。

そして、登り切った峠の頂上には、県境を示す古い石柱があり、ようやく伊予の國までたどり着いたことを実感させてくれます。

江戸時代の貞享4年(1687年)に建立されたといわれる伊予國境の石柱。

江戸時代の貞享4年(1687年)に建立されたといわれる伊予國境の石柱。

江戸時代には多い日に300人ほどが通行した「松尾峠」は、重要な街道でした。昔の人はこんなに厳しい峠道を行き来していたかと思うと頭が下がります。

江戸時代には多い日に300人ほどが通行した「松尾峠」は、重要な街道でした。昔の人はこんなに厳しい峠道を行き来していたかと思うと頭が下がります。

 

「松尾峠」の「松尾大師跡」は宿泊も可能

「松尾峠」頂上には、昔の「松尾大師」のお堂が「松尾大師堂跡」として残されていて(現在の「松尾大師」は愛媛県側に峠を下った一本松地区に移設)、お堂の中で宿泊することもできます。
もし宿泊する際は、峠の頂上なので、水・食料の準備と、気候への対応は必須です(トイレはあります)。
そして、真っ暗の峠道のスリルを楽しめる方だけにしておくのがよいと思います。

地元の方々の尽力で、お堂がきれいな状態で残っています。かんぬきがかかっていますが、それを外すと…

地元の方々の尽力で、お堂がきれいな状態で残っています。かんぬきがかかっていますが、それを外すと…

お堂内は宿泊可能なように整備してくださっています。宿泊しなくても、お大師さまにここまでの道のりの無事のお礼参りをしていくとよいと思います。

お堂内は宿泊可能なように整備してくださっています。宿泊しなくても、お大師さまにここまでの道のりの無事のお礼参りをしていくとよいと思います。

峠の頂上を越えて、愛媛県側に入っていくと、高知県側の悪路が嘘のようによく整備された歩きやすい未舗装路を下ります。
「修行の道場」と「菩提の道場」をいきなり感じさせてくれる演出かと思ってしまうほどでした。
行政区の違いで整備の方法や考え方が違うのか、どのような事情があるのかはわかりませんが、違いがわかりやすすぎる道のりでした。

 

果てしない長距離で足の痛みとも戦った土佐の國「修行の道場」を振り返り、なんとかここまでたどり着けたことに感謝するとともに、伊予の國「菩提の道場」は穏やかな気持ちで旅路を楽しめることを期待・祈願して、「松尾峠」を越えました。

 

【松尾峠(高知県愛媛県県境) 地図】

 

スポンサーリンク

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」 TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

ごんのすけ

お遍路さん初心者です。  2015年1月20日(火)に1番札所を出発し、2015年3月1日(日)に41日間で88番札所で通し歩き結願を果たすことができました。 2015年4月12・13日の2日間で、開創1200年で盛り上がる高野山にお礼参りにも行ってきました。 自身の通し歩き遍路体験を元にお役立ち情報を発信しています。