四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路宿

自己を見つめる坐禅道場の遍路宿【喝破道場(香川県高松市)】

スポンサーリンク   82番札所「根香寺」近くにある坐禅道場「喝破道場」には、無料開放している宿泊可能な「ヘンロ小屋」と、禅体験も可能な有料の「遍路宿」があり、それぞれの目的で使い分けされています。真摯に「道」
Continue Reading
遍路宿

四国八十八ヶ所霊場巡礼結願前の便利な立地の善根宿「88ALBERGUE」【86番札所「志度寺」近く】

四国八十八ヶ所霊場巡礼も佳境に迫った86番札所「志度寺」の近くに、2018年春にオープンした善根宿「88ALBERGUE」があります。 香川大学の大学生が手造りしたという善根宿には、いろいろな工夫がつまっています。 &n
Continue Reading
遍路道

四国遍路の普及に努めた人物ゆかりの場所【真念庵[土佐清水市]】

四国八十八ヶ所が庶民に広まったのは江戸時代前半の事と言われる。 その普及に努めた人物ゆかりの場所が、第37番岩本寺から第38番金剛福寺の間にあります。
Continue Reading
遍路道

野宿大師伝説が伝わる橋の下のお大師さま【十夜ヶ橋(とよがはし)[大洲市]】

「行き悩む 浮世の人を 渡さずば 一夜も十夜の 橋とおもほゆ」 愛媛県大洲市、橋の下で野宿をすることとなった大師の伝説が、詠んだ歌と共に伝わります。
Continue Reading
四国別格二十霊場

お大師さまお手植えのいざり松にて千枚通し霊符で病快復【別格12番札所「延命寺(えんめいじ)」】

別格12番札所「延命寺」はお大師さまお手植え伝説のいざり松が有名なお寺です。空海ゆかりの千枚通し霊符は、病気平癒・安産のご利益があるとして、現代にも受け継がれています。
Continue Reading
遍路道

遍路の父と呼ばれる「真念」ゆかりのへんろ石【58番札所「仙遊寺」境内入口】

昔昔の四国八十八ヶ所はルールが定まっていない、道が険しい、地図が無い等、一般人が到底回れるようなものではなく、修行僧など 限られた人たちしか回ることができませんでした。江戸時代中期、それを可能にした人物がいます。
Continue Reading
遍路道

御坊川沿いの遍路道には2013年11月スタートの遍路休憩所・善根宿【83番札所「一宮寺」→84番札所「屋島寺」】

83番札所「一宮寺」から御坊川沿いを進むルートの途中に、2013年11月に運営を開始した遍路休憩所・善根宿があります。 空き家を改築した施設ではありがたいお接待が用意されており、運営者さんのあたたかい心遣いを感じます。
Continue Reading
遍路宿

伊予國最後の野宿スポット「ハト小屋」「しんきん庵・法皇」【65番札所「三角寺」→66番札所「雲辺寺」】

伊予最後の野宿スポットとして横山公会堂近くの通称「ハト小屋」と、遍路小屋「しんきん庵・法皇」があります。 お大師さまが熱病を封じ込めたといわれる別格14番札所「常福寺(椿堂)」にも立ち寄っていきましょう。
Continue Reading
遍路宿

お接待ロード「旧讃岐街道」沿いには有名な善根宿「萩生庵」【西条市→新居浜市】

西条市から新居浜市にかけての「旧讃岐街道」は、お遍路さんへのあたたかい心遣いを感じるお接待ロードでした。 新居浜市に入ってすぐの中萩の集落には、有名な善根宿「萩生庵」があります。
Continue Reading
遍路宿

ありがたいお言葉をいただけるお寺の「通夜堂」ではなく「遍路宿」に泊まらせていただく【光明寺(西条市三芳)】

西条市三芳の「光明寺」ではありがたい無料宿泊所をお接待してくださっています。 お寺の宿泊施設といえば「通夜堂」と呼ぶのが通例ですが、このお寺では「遍路宿」と呼びます。その心は?
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top