四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路道

遍路ころがしで道順を知らせる中務茂兵衛標石【11番札所「藤井寺」→12番札所「焼山寺」】

スポンサーリンク   第11番藤井寺から第12番焼山寺への遍路道は全長が12kmと長い山道で、「四国遍路最大の遍路ころがし」 と呼ばれています。 そんな山中の分かれ又に、中務茂兵衛標石が残されています。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

二羽の鶴とゆかりが深い山岳霊場【20番札所「鶴林寺(かくりんじ)」】

一に焼山、二にお鶴、三にお龍… 遍路道で山坂がきつい場所を “遍路ころがし” と呼びますが、とりわけ山のお寺が多い徳島県では、これら3つの札所を「阿波三大遍路ころがし」と呼んでいます。  
Continue Reading
遍路道

久礼の急坂を克服した跡を見ることが出来る駅【影野(かげの)駅[高知県四万十町]】

近代になって発達した交通機関にとっても高知県の久礼坂の克服は大きな課題となり、その時代時代の最新技術が用いられてきました。 影野駅には交通の要衝として機能していた名残を見ることができます。
Continue Reading
遍路道

旧往還そえみみず遍路道[前編]【36番札所「青龍寺」→37番札所「岩本寺」】

この場所が人の手によって開削された切通なのか、はたまた多くの人たちが歩くことによって踏み固められ道となったのか。 そんなロマンさえ感じられる古道遍路道が高知県中土佐町にあります。
Continue Reading
遍路道

遍路旅の寄り道に、しんじょう君の駅はいかがでしょう【土佐新荘駅[須崎市]】

高知県の第36番青龍寺から第37番岩本寺へ向かう途中。 その間、距離約60kmは遍路全体行程の中でも五本の指に入る長い区間ですが、途中の須崎市にあるJRの無人駅がちょっとしたブームになっています。
Continue Reading
遍路道

新旧遍路石から見えてくる古の遍路道事情【60番札所「横峰寺」への遍路道】

60番横峰寺と言えば愛媛県随一の遍路ころがしであり、八十八ヶ所全体としても標高第3位の750mに位置する山のお寺さん。 そこを示す遍路石の新旧について考察してみたいと思います。
Continue Reading
遍路道

四国最大の遍路ころがしで出会うことができる老杉とお大師さま【12番札所「焼山寺」への遍路道】

遍路道の難所を指す時、お遍路さんがころげるようなきつい坂 という例えで 「遍路ころがし」と呼びます。 四国方々にそのような場所が存在するが、とりわけ11番藤井寺から12番焼山寺は、四国遍路最大の遍路ころがしと名高い。
Continue Reading
遍路道

白峯寺に上がる「西行法師の道」には幻の瀑布「稚児ヶ滝」あり【79番札所「天皇寺」→81番札所「白峯寺」】

79番札所「天皇寺」から本来の札所順とは違って81番札所「白峯寺」に向かうルートがあります。 その道は「西行法師」ゆかりの遍路道で、途中には香川県内最大級の幻の瀑布「稚児ヶ滝」に目を奪われます。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

「崇徳上皇」慰霊のための「勅額」と「石造十三重塔」は重要文化財【81番札所「白峯寺(しろみねじ)」】

81番札所「白峯寺」は、讃岐に配流になった「崇徳上皇」の陵墓が築かれた地にあるお寺です。 上皇の慰霊のためのものが多く残っており、「勅額」と「石造十三重塔」は国の重要文化財に指定されています。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top