スポンサーリンク

 

今治市の中心部にある55番札所「南光坊」は、伊予一宮の別当寺として創建された歴史あるお寺です。
四天王が守る珍しい「山門」と、運が良ければ「納経所」でうれしい出会いがあるかも。

54番札所「延命寺」からさわやかな墓地をぬけて今治市中心部へ

54番札所「延命寺」を参拝したあとは、今治市の中心部に向けて進みますが、お寺の境内の看板でもおすすめされている旧遍路道をぜひ歩いてみてください。

私が訪れた際は「延命寺」が大改修中だったため、危うくこの看板を見逃すところでした。進んできた県道38号に戻らず、境内から山手を東方向に進むのが旧遍路道です。

私が訪れた際は「延命寺」が大改修中だったため、危うくこの看板を見逃すところでした。進んできた県道38号に戻らず、境内から山手を東方向に進むのが旧遍路道です。

上の写真の地図にもあるように、お堂やお地蔵さま、古い道標が点在している風情のある住宅街を抜けていくと、遍路道ではあまり見ることのないひらけた小高い丘が見えます。

こういう整備された階段をのぼることは遍路道では意外と少ないです。しかも公園のようなさわやかな丘に導かれていきます。

こういう整備された階段をのぼることは遍路道では意外と少ないです。しかも公園のようなさわやかな丘に導かれていきます。

階段をのぼったきれいに整備された広場があります。「遍路道」の札がちゃんとかかってるれっきとした旧遍路道です。

階段をのぼったきれいに整備された広場があります。「遍路道」の札がちゃんとかかってるれっきとした旧遍路道です。

このさわやかな丘は、実は「墓地」だったのです。遍路道で恐ろしい雰囲気の墓地を通り抜けることは何回かありましたが、こんなに明るくさわやかな墓地は初めてです。

このさわやかな丘は、実は「墓地」だったのです。遍路道で恐ろしい雰囲気の墓地を通り抜けることは何回かありましたが、こんなに明るくさわやかな墓地は初めてです。

「大谷霊園」のある丘を下ると、今治北高校があって県道38号に戻ってきます。
ここまでたどり着けば、今治市の中心街に到着で、55番札所「南光坊」は目の前です。

 

「南光坊」は伊予一宮「大山積神社」の別当寺

55番札所「南光坊」は、今治市役所やJR今治駅がすぐ近くの今治市の中心部に位置しています。
江戸時代には今治城の城下町として発展したエリアでもあるので、道は碁盤の目のように張り巡らされていて、前出の今治北高校の前から「南光坊」までもいくつも道はあるのですが、ぜひ以下地図のルートを進んでみてください。

※「今治北高校交差点」から県道38号をまっすぐ進み、「南光坊西交差点」を右折して、国道317号に入ります。

国道317号に入って右手に「南光坊」とも関わりが深い「別宮大山積神社(べっくおおやまづみじんじゃ)」があります。
この神社は、瀬戸内海に浮かぶ大三島(おおみしま)にある伊予一宮「大山積神社」の別宮として大宝3年(703年)に創建されたそうです。
そして、お遍路的にたいへん興味深いのは、大三島の「大山積神社」が元々札所だったとのことで、島に渡って参拝するのが不便だったために、鎌倉時代に「別宮大山積神社」が前札所となり、別当寺(神仏習合が行われていた時代に、神社を管理するために置かれた寺のこと)の役割を果たし納経をつかさどっていたのが現在の「南光坊」とのことなのです。
阿波一宮の別当寺である13番札所「大日寺」、土佐一宮の別当寺である30番札所「善楽寺」でも、神社との関わりに注目しましたが、ここ「南光坊」の神社と関係する歴史は深いものがありそうです。
ご興味ある方は、詳細を調べてみるとおもしろいかもしれません。
私からの情報は、概要だけにとどめておきます。
※13番札所「大日寺」、30番札所「善楽寺」の詳細情報は、以下リンクの記事もぜひご覧ください。

神仏習合の歴史を感じるお寺【13番札所「大日寺(だいにちじ)」】

土佐一宮「土佐神社」の「別当寺」としての混迷の歴史を学ぶ【30番札所「善楽寺(ぜんらくじ)」】

 

「南光坊」には四天王が守る「山門」からアプローチ

県道38号から国道317号のルートをオススメした理由のメインは、ぜひ「山門」をくぐってお寺にアプローチしてほしかったからなのです。
「南光坊」の山門は、「持国天」「増長天」「広目天」「多聞天」の四天王が守る珍しい門で、その迫力に圧倒されます。

国道317号側から見た「山門」の表の様子です。「山門」をくぐることなく境内に入ることができる道も複数あるのですが、ぜひ「山門」の迫力を体感してから、お寺にアプローチしてください。

国道317号側から見た「山門」の表の様子です。「山門」をくぐることなく境内に入ることができる道も複数あるのですが、ぜひ「山門」の迫力を体感してから、お寺にアプローチしてください。

この写真は、お寺の境内から見た「山門」の裏の様子です。「四天王」が表裏両方を守っているので、表と裏の様子が似ていますね。

この写真は、お寺の境内から見た「山門」の裏の様子です。「四天王」が表裏両方を守っているので、表と裏の様子が似ていますね。

目を見開き、今にもしゃべりだしそうな表情の「持国天」

目を見開き、今にもしゃべりだしそうな表情の「持国天」

剣を振り上げた姿が勇ましい「増長天」

剣を振り上げた姿が勇ましい「増長天」

目を閉じ、巻物をもって、人を諭すがごとき「広目天」

目を閉じ、巻物をもって、人を諭すがごとき「広目天」

にらみつけているようにも見えながら、広い心で受け入れてくれそうな「多聞天」

にらみつけているようにも見えながら、広い心で受け入れてくれそうな「多聞天」

 

四国霊場唯一の御本尊「大通智勝如来」と空襲から住民を守った「大師堂」

「南光坊」の見どころはたくさんあるのですが、「山門」に続いて注目なのが、御本尊が「大通智勝如来(だいつうちしょうにょらい)」であることで、四国霊場の御本尊としては唯一だそうです。
「大通智勝如来」は、「釈迦如来」の過去世における父であり師ともされていて、「法華経第七化城喩品」に説かれているとのことです。

ひらけた境内の中に多くのお堂があり、その中でも御本尊「大通智勝如来」がいらっしゃる「本堂」は堂々とした佇まいです。

ひらけた境内の中に多くのお堂があり、その中でも御本尊「大通智勝如来」がいらっしゃる「本堂」は堂々とした佇まいです。

また、「大師堂」は、第二次世界大戦時の空襲で境内の大部分の堂宇が焼失した際に、「金毘羅堂」とともにその戦禍を免れた歴史ある建物で、数多の焼夷弾が境内に落とされる中、そのいずれもが「大師堂」の屋根を滑り落ち、堂内にいた避難者の全員が無事であったと伝えられているありがたいお堂なのです。

「山門」から境内に入ってすぐの「大師堂」は、屋根飾りと正方形のすっきりした形が特徴で、このお堂が戦禍を免れたと思うと感慨深いです。

「山門」から境内に入ってすぐの「大師堂」は、屋根飾りと正方形のすっきりした形が特徴で、このお堂が戦禍を免れたと思うと感慨深いです。

 

運が良ければ「納経所」でお楽しみイベントがあるかも

そして、「南光坊」は歩き遍路さんの一部に熱烈なファンがいるのですが、その理由は「納経所」にあります。
私が「南光坊」にたどり着いたのは、納経所終了時間の17時直前で、参拝前に無理言って先に納経所に駆け込んだのですが、そこにいらっしゃったお寺の方がとても親切で、いろいろな話を聞かせてくださったり、特別サービスをいただいたりしてしまいました。
熱烈なファンを集めるのは、この「納経所」にいる方が理由なのです。
諸事情あってここでは詳細情報を公開することを控えますが、「納経所」でのお寺の方とのコミュニケーションは、最近多い観光バス遍路さんは味わうことができない(ツアー添乗員がまとめて納経)ことで、札所で観光バスツアーの一行を見かけるたびに、もったいないことをしているなと思ったりしていました。
ここ「南光坊」はその最たる例で、「納経所」での時間のうれしさ楽しさは札所の中でNo1でした。

「納経所」でどのような出会いがあるかお楽しみ。ただし、必ず遭遇できるわけでもなく、混み具合にもよるので、運試ししてみてください。

「納経所」でどのような出会いがあるかお楽しみ。ただし、必ず遭遇できるわけでもなく、混み具合にもよるので、運試ししてみてください。

 

55番札所「南光坊」は、今治市の中心部に位置する見どころが多いお寺です。
伊予一宮「大山積神社」の別当寺の歴史を感じ、四天王が守る「山門」からアプローチして、運が良ければ「納経所」での素敵な出会いが待っているかもしれません。

 

【55番札所】  別宮山 金剛院 南光坊(べっくざん こんごういん なんこうぼう)
宗派: 真言宗醍醐派
本尊: 大通智勝如来
真言: なむ だいつうちしょう ぶつ
開基: 行基菩薩
住所: 愛媛県今治市別宮町3丁目1番地
電話: 0898-22-2916

 

あなたにおすすめ

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」
TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

ごんのすけ

お遍路さん初心者です。  2015年1月20日(火)に1番札所を出発し、2015年3月1日(日)に41日間で88番札所で通し歩き結願を果たすことができました。 2015年4月12・13日の2日間で、開創1200年で盛り上がる高野山にお礼参りにも行ってきました。 自身の通し歩き遍路体験を元にお役立ち情報を発信しています。