13番札所「大日寺」の県道を挟んで向かい側には「一宮神社」があり、江戸時代には同じ境内にあったそうです。
「一宮神社」から「大日寺」を眺めて、神仏習合の歴史を感じられる史跡です。

お寺のすぐ向かいに立派な神社

鮎喰川沿いの気持ちの良い県道21号を進んできて、「おやすみなし亭」で休憩してから約2km、山の中から市街地に入ってきたなと実感しながら13番札所「大日寺」に到着します。
「大日寺」は県道21号の左側にありますが、右側の「一宮神社」も目に飛び込んできます。

この神社は、南北朝時代から戦国時代にかけて、この地を治めた一宮氏が神主をつとめ、居城だった山城「一宮城」のふもとに建てられたそうです。
神仏習合の時代には「大日寺」とは同じ境内にあり、神社の本地仏が「十一面観世音菩薩」であったことから、「大日寺」の現在のご本尊は「大日如来」ではなく「十一面観世音菩薩」になっているとのこと。

神仏習合の歴史を色濃く感じることができます。

鳥居、狛犬、本殿ととても味があって、歴史を感じることができます。

鳥居、狛犬、本殿ととても味があって、歴史を感じることができます。

「一宮神社」の本殿前、神馬を通して「大日寺」を眺めるアングルがオススメです。

「一宮神社」の本殿前、神馬を通して「大日寺」を眺めるアングルがオススメです。

 

「しあわせ観音」と「水子地蔵」が主役?

「大日寺」は県道沿いの山門をくぐると、境内一望のコンパクトなお寺です。

まず目に入るのは、境内の中心に位置する「しあわせ観音」です。

合掌した手の中に、色鮮やかな観音さまがいらっしゃいます。

合掌した手の中に、色鮮やかな観音さまがいらっしゃいます。

その名の通り、しあわせを祈願すると良いとのことです。
あまりに目立っているので、本堂や大師堂が完全に脇役に感じました。

そして、振り返ると、これまた目に入るのが「水子地蔵」です。

大日寺 水子地蔵

神々しい日輪の前にお地蔵さまがいらっしゃって、そのまわりにはかわいいお子さま達。

 

思い出してみると、1番札所「霊山寺」にもたくさんのお子さま像がいらっしゃったような…1番札所はまだ4日前のことなのですが、けっこう昔のように感じられるのは、短い期間の中でもたくさんの札所をまわり、遍路ころがしもクリアできた達成感からだと思います。
まだまだ先は長く、前を振り返っている場合でもないのですが。

「大日寺」の印象といえば、この「しあわせ観音」と「水子地蔵」、それに「一宮神社」で、お寺自体の印象が薄くなってしまったのですが、神仏習合の歴史を感じながら、徳島市内の札所ラッシュへの進んでいきます。

 

【13番札所】  大栗山 花蔵院 大日寺(おおぐりざん けぞういん だいにちじ)
宗派: 真言宗大覚寺派
本尊: 十一面観世音菩薩
真言: おん まか きゃろにきゃ そわか
開基: 弘法大師
住所: 徳島県徳島市一宮町西丁263
電話: 088-644-0069

 

スポンサーリンク

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」 TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

ごんのすけ

お遍路さん初心者です。  2015年1月20日(火)に1番札所を出発し、2015年3月1日(日)に41日間で88番札所で通し歩き結願を果たすことができました。 2015年4月12・13日の2日間で、開創1200年で盛り上がる高野山にお礼参りにも行ってきました。 自身の通し歩き遍路体験を元にお役立ち情報を発信しています。