四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路道

四国遍路道中の安全祈願は阿波國一之宮へ【大麻比古神社(おおあさひこじんじゃ)】

四国八十八ヶ所霊場巡礼のスタート地点、第1番札所「霊山寺」のほど近くに、阿波國の一之宮で徳島県の総鎮守である「大麻比古神社」があります。 古くより信仰を集めるこの神社は、実は四国遍路とも関連が深いのです。
Continue Reading
遍路×レイライン

レイライン的な観点から見た札所の構造【香川県観音寺市エリア[68番札所「神恵院」・69番札所「観音寺」]】

香川県西部の観音寺市には、四国八十八ヶ所霊場の66番から69番の札所があり、四国山地の一角標高911mから溜池が散在する長閑な山村風景から瀬戸内海が眼前に広がる伸びやかな海岸沿いまで、変化に富んだ自然景観が展開します。
Continue Reading
遍路×レイライン

白峯寺(第81番札所)と天皇寺(第79番札所)を結ぶ崇徳上皇の御霊鎮魂のレイライン【「ゆかりの地とレイライン」編】

崇徳上皇をどのように祀り、敬って、その霊を慰めたのか、レイライン的な観点から見ると、古の讃岐の人たちの優しい思いが浮き彫りになってきます。 それは四国のお遍路の伝統にも繋がる死者に寄り添う宗教文化に根ざしたものでしょう。
Continue Reading
遍路×レイライン

倭迹迹日百襲姫の源流を示す讃岐のレイライン【「田村神社」「船山神社」編】

讃岐の東部、現在の東かがわ市にたどり着いた倭迹迹日百襲姫(やまとととひももそひめ)は、讃岐國内を西に進みます。 水神や吉備勢力との関係を示す史跡は、お遍路とも関連深いスポットです。
Continue Reading
遍路B級グルメ

田村神社の日曜限定うどんは讃岐の家庭の味【83番札所「一宮寺」隣接】

83番札所「一宮寺」の隣の讃岐一宮「田村神社」では、日曜限定で社務所がうどん屋に変身します。 他のうどん屋では味わえない讃岐の家庭の日常を感じることができる、ある意味レアな体験ができるスポットでもあります。
Continue Reading
遍路×サイクリング

「サイクリング×お遍路体験」イベント開催報告【2016年3月27日(日):83番札所「一宮寺」】

本サイトの執筆者である自転車屋の馬渕慎平さんと公認先達の野瀬照山さんにご協力いただいて、「サイクリング×お遍路体験」のイベントを83番札所「一宮寺」で開催しました。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

讃岐一宮の「別当寺」には「地獄の釜」の伝説あり【83番札所「一宮寺(いちのみやじ)」】

83番札所「一宮寺」は、讃岐國の「一宮」の「別当寺」でしたが、他の3県の一宮別当寺とは少し違う歴史を持ちます。 お大師さまが戒めのためにつくったといわれる「地獄の釜」も要チェックです。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

伝説の「八十場の霊水」湧出地の「崇徳上皇」ゆかりのお寺【79番札所「天皇寺(てんのうじ)」】

79番札所「天皇寺」を知るうえで、「八十場の霊水」と「崇徳上皇」のエピソードを外すことはできません。 「怨霊」の伝説もありますが、現在はお遍路さんを守ってくれる神様になっているはずです。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

元は「琴弾八幡宮」のお寺の「本堂(西金堂)」は最新式【68番札所「神恵院(じんねいん)」】

68番札所「神恵院」は、江戸時代までは「琴弾八幡宮」として札所でしたが、明治時代の神仏分離により、69番札所「観音寺」の境内地に移され、1境内2札所の珍しいお寺です。 2002年新築の「本堂」は最新式の施設でした。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

「石鎚山」信仰で栄えるお寺の本堂は幽玄な空気につつまれる【64番札所「前神寺(まえがみじ)」】

64番札所「前神寺」は、日本七霊山のひとつ「石鎚山」の信仰とともに栄えるお寺です。 木立に囲まれた入母屋造りの巨大な本堂は、幽玄な空気につつまれ、感じ入るところがありました。
Continue Reading
12

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top