四国遍路情報サイト「四国遍路」
四国八十八ヶ所霊場

1番札所奥の駐車場で見つけた絶景【1番札所「霊山寺(りょうぜんじ)」】

スポンサーリンク   徳島県にある霊山寺は四国八十八ヶ所霊場巡礼の1番札所として有名で、ここから四国遍路を始める人は多いと思います。参拝者の多い霊山寺にあって、人に知られていない隠れた絶景(?)を発見しました。
Continue Reading
遍路道

山寺である箸蔵寺へ向かう交通機関の変遷【別格15番札所「箸蔵寺」への箸蔵山ロープウェイ】

標高633mに位置する別格15番箸蔵寺への参拝の足は、現在ロープウェイが担っています。しかしながら戦前・戦後の一時期は今と少々事情が異なっていたようです。その遺構をいくつかの場所でみることができます。   あな
Continue Reading
遍路道

かつての箸蔵街道沿いに残されている中務茂兵衛標石【別格15番札所「箸蔵寺」参道】

八十八ヶ所参りとしては少々不便な場所ですが、昔から多くのお遍路さんが訪れていた番外霊場・箸蔵寺。巡礼者はいくつかのルートを選択して寺を訪れていました。寺院がある山へ続く道沿いに標石が残されています。
Continue Reading
遍路道

愛媛県最東部に位置する内容盛りだくさんな中務茂兵衛標石【別格14番札所「椿堂」近く】

愛媛/徳島の県境に位置する番外霊場・椿堂常福寺(別格第14番)。疫病が流行った際にその平癒を大師が祈祷した霊場ですが、その参拝を終えて寺を出発してすぐ。三叉路の角に中務茂兵衛標石が残されています。
Continue Reading
遍路道

やや破損が目立つ100度目の中務茂兵衛標石【72番札所「曼荼羅寺」南北参道出口】

中務茂兵衛標石の密集地帯である第72番曼荼羅寺周辺。境内から南北に延びる参道出口に、やや破損が目立つ中務茂兵衛標石が残されています。
Continue Reading
遍路道

曼荼羅寺山門前にあるやや大きな中務茂兵衛標石【72番札所「曼荼羅寺」門前】

第72番曼荼羅寺に入る道は東南北と三箇所ありますが、山門が設けられているこちらは東側。その門前にやや大きめの中務茂兵衛標石が残されています。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

四国霊場最古の札所にあった松の大木【72番札所「曼荼羅寺(まんだらじ)」】

第72番札所曼荼羅寺。四国八十八ヶ所の中で最も古い推古4年(596)創建と伝わる札所には、かつて「笠松」と呼ばれた名物松があり、巡礼者たちに親しまれていました。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top