高野山の信仰の中心として「奥の院」と並んで参拝者が多いのが「壇上伽藍」です。
開創1200年記念で、「中門」の再建が完了したことと、御本尊「薬師如来」の歴史上初の御開帳は見逃せません。

高野山の信仰の中心「壇上伽藍」

空海が高野山に密教の道場を開く際に、高野山の中心として真っ先に整備を開始したのが現在の「壇上伽藍(だんじょうがらん)」で、大日如来を中心とした密教の教義や世界観「胎蔵曼荼羅」を、建造物や仏像、仏画によって目に見える形で表現しようとしたのが、この伽藍です。
建造計画が壮大だったため、第一次の完成は空海入定後の寛平年間(890年前後)だったといわれています。
その後も落雷や火災の被害により、建造物の再建を繰り返し、現在の配置になったのは昭和58年(1983年)で、境内の建造物は19にもおよびます。
高野山信仰の中心として「奥の院」の並んで参拝者が多く、現在でも重要な儀式はこの「壇上伽藍」の境内にある「金堂(こんどう)」や「根本大塔(こんぽんだいとう)」で行われています。

遍路のお礼参りは「奥の院」のお大師さまに行いますが、高野山の中心である「壇上伽藍」の参拝も外せません。

空海入定1100年に合わせて、昭和12年(1937年)に現在の姿に再建された「根本大塔」で、「胎蔵界」と「金剛界」の両者は根本的には一つだという空海の思想を表現しているそうです。

空海入定1100年に合わせて、昭和12年(1937年)に現在の姿に再建された「根本大塔」で、「胎蔵界」と「金剛界」の両者は根本的には一つだという空海の思想を表現しているそうです。

 

開創1200年記念の目玉事業「中門再建」

2015年は高野山開創1200年にあたり、2015年4月2日~5月21日は特に大法会期間中として、たくさんのイベントが行われていますが、これに合わせて目玉事業として進められてきたのが「壇上伽藍」の「中門」の再建です。
天保14年(1843年)の大火により焼失し、その後再建叶わずでしたが、170年ぶりに再建を完成し、2015年4月2日にめでたく落慶となり、当日は大相撲の横綱「白鵬」と「日馬富士」の奉納土俵入りも行われました。

できたてほやほやの「中門」は、朱色が鮮やかな堂々としたお姿です。境内に見える「根本大塔」とのコントラストも素晴らしい。

できたてほやほやの「中門」は、朱色が鮮やかな堂々としたお姿です。境内に見える「根本大塔」とのコントラストも素晴らしい。

持国天・多聞天・広目天・増長天の四天王が目を光らせています。

持国天・多聞天・広目天・増長天の四天王が目を光らせています。

 

御本尊「薬師如来」の御開帳は歴史上初

「中門」をくぐると、すぐ正面に御本尊が安置されている「金堂(こんどう)」があります。
この「金堂」は8代目で、1代前の「金堂」は昭和元年(1926年)の火災で全焼し、この際に御本尊も焼失してしまい、昭和9年(1934年)に再建されました。
このように再三の火災被害と再建を繰り返してきた「金堂」ですが、高野山の歴史上、御本尊が御開帳されたという記録は残っておらず、今回の開創1200年記念御開帳が歴史上初の御開帳になるとのことです。
これは見逃すことはできません。

堂内に入り、御本尊を参拝し、御手綱でご縁を結びます。堂内はもちろん写真撮影禁止なので、ご自分の目でしかとご確認ください。

堂内に入り、御本尊を参拝し、御手綱でご縁を結びます。堂内はもちろん写真撮影禁止なので、ご自分の目でしかとご確認ください。

御本尊「薬師如来(やくしにょらい)」の像は、昭和初期の大仏師「高村光雲」の作で、これは「阿閦如来(あしゅくにょらい)」であるとする説や、「薬師如来」と「阿閦如来」は同体であるとする説もあるようです。
「金剛薩埵坐像」「金剛王菩薩坐像」「不動明王坐像」「降三世明王立像」「普賢延命菩薩坐像」「虚空蔵菩薩坐像」の6仏を脇仏として従え、とにかく神々しいお姿でした。

 

「三鈷の松」や「霊宝館」など見どころがたくさん

「壇上伽藍」にはその他にも建造物がたくさんありますし、「三鈷の松(さんこのまつ)」のような史跡もあり、ここでご紹介しきれませんので、ぜひ時間を十分に確保して参拝されることをオススメします。

空海が唐より帰国する際に投げた「三鈷杵(さんこしょう)」が引っかかっており、この地が密教の道場としてふさわしいと決心されたという伝説が残っている「三鈷の松」

空海が唐より帰国する際に投げた「三鈷杵(さんこしょう)」が引っかかっており、この地が密教の道場としてふさわしいと決心されたという伝説が残っている「三鈷の松」

また、「壇上伽藍」からすぐのところに、高野山の仏像や仏画など貴重な文化遺産を保存・管理・展示している「霊宝館(れいほうかん)」があり、こちらでも開創1200年記念期間中は、前出の「飛行三鈷杵(ひぎょうさんこしょ)(重文)」、弘法大師の真跡「聾瞽指帰(ろうこしいき)(国宝)」、弘法大師が唐から請来した「諸尊仏龕(しょそんぶつがん)(国宝)」の高野山三大秘宝と、鎌倉時代の名仏師快慶作の「孔雀明王像(重文)」、運慶作の「八大童子像(国宝)」が期間限定で特別公開されていますので、こちらも拝観することがオススメです。

「霊宝館」をじっくり見てまわると、高野山の歴史をしっかり勉強できました。

「霊宝館」をじっくり見てまわると、高野山の歴史をしっかり勉強できました。

 

遍路お礼参りの「奥の院」参拝と並んで、「壇上伽藍」参拝は高野山では外せませんので、十分に時間を確保して、ゆっくり境内を散策してください。
開創1200年記念の特別公開もお見逃しなく。

 

【施設名】  壇上伽藍(だんじょうがらん)
住所: 和歌山県伊都郡高野町高野山132
電話: 0736-56-3215

 

スポンサーリンク

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」 TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

ごんのすけ

お遍路さん初心者です。  2015年1月20日(火)に1番札所を出発し、2015年3月1日(日)に41日間で88番札所で通し歩き結願を果たすことができました。 2015年4月12・13日の2日間で、開創1200年で盛り上がる高野山にお礼参りにも行ってきました。 自身の通し歩き遍路体験を元にお役立ち情報を発信しています。