香川県高松市の西部にある別格19番札所「香西寺」は、鎌倉時代の当地の豪族である香西氏ゆかりのお寺です。
平安時代に刻まれたと伝えられる毘沙門天立像は国の重要文化財に指定されています。

車遍路さんは車で山門をくぐって駐車場へ

別格19番札所「香西寺(こうざいじ)」は、香川県西部の住宅地にあります。
県道から東西にのびる細い参道を入っていきますが、車遍路さんはこの参道を車で進み、たいへん珍しい光景を目にします。

住宅街の細い道路を進んだ先に山門が見えます。

住宅街の細い道路を進んだ先に山門が見えます。

参道をそのまま車で進むことができ、山門をくぐることができます。

参道をそのまま車で進むことができ、山門をくぐることができます。

山門をくぐって境内に入り、道なりに左に曲がったところが駐車場です。

山門をくぐって境内に入り、道なりに左に曲がったところが駐車場です。

車で山門をくぐることができるお寺は珍しく、貴重な体験です。
山門前まで来た時点でかなりびびると思いますが、勇気を出してそのまま車で山門へと進んでください。

 

勝賀山から様々な変遷をへて現在地へ

今でこそ住宅街の中にある香西寺ですが、縁起によると奈良時代に行基菩薩により「勝賀寺(かつがじ)」として創建された際には現在地の南西部にある勝賀山の北麓に庵を結んだのが始まりといわれています。
その後、平安時代に空海が現在地に寺院を移し、鎌倉時代に当地の豪族である香西氏の庇護を受け「香西寺」と改称したとのことです。
さらに室町時代に進むと細川氏により現在地より東に1kmほどの場所に移され、寺名も「地福寺」となり、戦国時代には「高福寺」となり、江戸時代の失火で現在地に再興された際に香西寺と名を戻し、現在に至るそうです。

その後も失火による再建が行われたそうで、様々な変遷をへて現在に至るお寺ですが、それぞれの時代に有力者に支援を受け地域に根付くお寺です。

再建を繰り返しながら現代に残る本堂はたいへん立派な佇まいです。

再建を繰り返しながら現代に残る本堂はたいへん立派な佇まいです。

巨木に抱かれた厄除弘法大師さまが迎えてくださいます。

巨木に抱かれた厄除弘法大師さまが迎えてくださいます。

大師堂には不動明王もまつられています。

大師堂には不動明王もまつられています。

目の病を治すご利益のある目治し地蔵菩薩さまがいらっしゃいます。

目の病を治すご利益のある目治し地蔵菩薩さまがいらっしゃいます。

四国三十三観音霊場の33番札所で結願寺でもあります。

四国三十三観音霊場の33番札所で結願寺でもあります。

 

国指定の重要文化財「毘沙門天立像」

本堂の向かって右側に朱塗りが目を引くお堂があります。

朱塗りが特徴的な「毘沙門堂」です。

朱塗りが特徴的な「毘沙門堂」です。

このお堂にまつられている「毘沙門天立像」は、平安時代中期の作と伝えられていて、檜一木造りで、失火や戦火の被害を受けてきたお寺において、元の勝賀寺時代から受け継がれる貴重なもので、国の重要文化財に指定されています。
香西寺参拝の際には毘沙門天堂にも参拝したいものです。

また、境内裏山の勝賀山山麓にあたる場所には、四国八十八ヶ所の写し霊場が設置されており、香西寺の時代の変遷を感じながら巡礼するのもオススメです。

駐車場から坂をのぼって写し霊場のスタートです。

駐車場から坂をのぼって写し霊場のスタートです。

境内北側の波切不動明王がまつられるお堂までたどりつくと、写し霊場結願です。

境内北側の波切不動明王がまつられるお堂までたどりつくと、写し霊場結願です。

 

様々な変遷をへて現在に至る香西寺には、ご利益のある仏様がたくさんまつられていますので、その歴史を感じながら参拝されてみてください。

【別格19番札所】  寶幢山 香西寺(ほうどうざん こうざいじ)
宗派: 真言宗大覚寺派
本尊: 延命地蔵菩薩
真言: おん かかかび さんまえい そわか
開基: 行基菩薩
住所: 香川県高松市香西西町211番地
電話: 087-881-2337

 

スポンサーリンク

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」 TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

佐藤 崇裕

四国遍路情報サイト「四国遍路」を運営する株式会社四国遍路(http://shikokuhenro.co.jp/)の代表取締役。四国遍路の文化をより良い形で引き継いでいくために、四国遍路に新しい付加価値を生み出すべく日々奮闘中。