四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路道

四国八十八ヶ所奥の院と称される大寺院【與田寺(よだじ)】

スポンサーリンク   香川県東部の東かがわ市に「四国八十八ヶ所奥の院」 と称される寺院「與田寺」があります。 中務茂兵衛の標石では「弘法大師御再来遺跡」と紹介されている名刹です。
Continue Reading
四国別格二十霊場

勝賀山から移ってこられた毘沙門天立像は国の重要文化財【別格19番札所「香西寺(こうざいじ)」】

香川県高松市の西部にある別格19番札所「香西寺」は、鎌倉時代の当地の豪族である香西氏ゆかりのお寺です。 平安時代に刻まれたと伝えられる毘沙門天立像は国の重要文化財に指定されています。   あなたにおすすめ &n
Continue Reading
遍路道

與田寺の裏山には四国八十八ヶ所と西国三十三観音の写し霊場【與田寺(よだじ)】

四国八十八ヶ所総奥之院である「與田寺」は、香川県東部きっての大寺院であり、たくさんの見どころがあります。 本堂裏の山には四国八十八ヶ所と西国三十三観音の写し霊場があり、境内散策もオススメです。
Continue Reading
遍路道

厄除けで有名な東讃きっての大寺院はもうひとつの四国八十八ヶ所総奥之院【與田寺(よだじ)】

香川県東かがわ市にある「與田寺」は、厄除けで有名な大寺院です。 88番札所「大窪寺」で結願後に1番札所「霊山寺」に向かうルートのひとつの途中にあり、四国八十八ヶ所総奥之院としても知られています。
Continue Reading
遍路道

神話時代からの伝説が残る霊峰にたたずむ航海の神【西照神社[別格20番「大瀧寺」隣接]】

別格20番札所「大瀧寺」の隣にある「西照神社」は、明治時代の神仏分離までは、大瀧寺と神仏習合の聖地であり山岳道場であり、古くから重要な信仰の対象でした。 大瀧寺参拝の際には、西照神社にもぜひ立ち寄りを。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

540段の石段を登る霊山信仰の象徴のお寺では320年ぶりのお大師さま御開帳【71番札所「弥谷寺(いやだにじ)」】

71番札所「弥谷寺」は、標高382mの「弥谷山」の中腹に位置し、540段の石段を登ってやっと「本堂」にたどり着く難所寺です。 苦労してたどり着いたお寺では、320年ぶりのお大師さま御開帳という貴重な機会に巡り合えました。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

舗装路急坂を登り切った先にはお大師さま「降伏の秘法」の伊予國最後の札所【65番札所「三角寺(さんかくじ)」】

伊予國最後の65番札所「三角寺」は平石山の中腹の標高430m地点にあり、舗装路急坂を登る難所寺です。 お大師さまが三角の護摩壇を築き「降伏の秘法」を施したとされるお寺です。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

厳寒の山岳信仰の霊地は伊予の國の「関所寺」【60番札所「横峰寺(よこみねじ)」】

西日本最高峰「石鎚山」の中腹にある60番札所「横峰寺」は、昔から山岳信仰の霊地で、伊予の國の「関所寺」です。 2月下旬でも雪が残る厳寒のお寺で、あたたかいお接待をいただきました。
Continue Reading
遍路道

瀬戸内海を臨む瓦の街「菊間」の「やくよけ大師 遍照院」と「青木地蔵」【松山市→今治市】

松山市から今治市へは瀬戸内海の美しい景色を眺めながら、ひたすら北上していきます。 今治市に入って最初の街「菊間」は、瓦屋さんが立ち並び、お大師さまゆかりの「遍照院」と「青木地蔵」がありました。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

伊予國出身の「時宗」の開祖「一遍上人」と四代将軍「家綱」の念持仏「歓喜天」に注目【50番札所「繁多寺(はんたじ)」】

50番札所「繁多寺」は、伊予國出身の「時宗」の開祖「一遍上人」が逗留し「浄土三部経」を奉納したお寺です。 江戸時代には徳川家の帰依を受け、四代将軍「家綱」の念持仏であったといわれる「歓喜天」がまつられています。
Continue Reading
12

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top