スポンサーリンク

 

10番札所「切幡寺」は、切幡山中腹の標高155mに一気に登る坂道と333段の石階段が有名です。
本堂・大師堂にたどりつくだけでもくたびれますが、追加の111段を登って、「大塔」を拝み、山からの景色をぜひ堪能していただきたいです。

急坂と333段の石階段の序盤の難所

10番札所「切幡寺」の印象といえば、まずは「急坂と333段の石階段」です。
1番札所から歩き始めて、序盤はアップダウンがほとんどないのですが、「切幡寺」で初めての難所を経験します。
標高155mと聞くと、そんなに高い印象はないかもしれません。
私も登る前はそれほど意識をしていなかったのですが、短い距離で急勾配を登りますので、標高で感じるよりも厳しい登坂です。

登り口参道から坂道が始まり、山門をくぐってから、このような石段を延々と登ることになります。

登り口参道から坂道が始まり、山門をくぐってから、このような石段を延々と登ることになります。

あと何段と教えてくれるのはいいのですが…同じ景色で全然進んでいる感じがしません…

あと何段と教えてくれるのはいいのですが…同じ景色で全然進んでいる感じがしません…

 

歩き遍路さんは大きなザックを背負っている場合が多いですが、登り口参道の「須見光栄堂」さんで荷物を預かっていただけますので、ぜひ身軽にして足への負担を減らして進んでください。

 

追加111段で国指定重要文化財の「大塔」と山からの景色を堪能

333段の石段を登り終えると、やっとのことで本堂と大師堂にたどり着きます。

切幡寺 境内・本堂・大師堂

階段の上に境内が見えたときには、けっこうなやり遂げた感があります。

 

 

そして、ここで参拝して納経してやれやれとならずに、もう111段がんばってみてほしいのです。
本堂左奥方向に、さらに上に登る階段があり、そこを登ると、圧巻の「大塔」に出会えます。

階段の上に境内が見えたときには、けっこうなやり遂げた感があります。

ここまでくると足がプルプルいいだすと思いますが、堂々とした大塔の佇まいは必見です。

 

豊臣秀頼が秀吉の菩提を弔うため大阪に建立したものを、明治6年に移築したものだそうで、初重と二重の間が方形で、日本唯一の構造様式とのこと。

そして、更に見逃してはならないのが、「大塔」を見上げていた目線を後ろに移すと、山の上からの絶景を拝むことができるのです。

 

必死で登ってきた本堂・大師堂を眼下におさめ、ふもとを一望です。

必死で登ってきた本堂・大師堂を眼下におさめ、ふもとを一望です。

 

写真ではわかりづらいですが、少し先にはこれから渡ることになる大きな「吉野川」を臨むことができ、山・川・街をすっぽりおさめたような景色は見ものです。

これからの旅路で、山や丘の上のお寺は多いのですが、高台から開けた景色を楽しめるお寺は意外と少ないので、「切幡寺」でぜひ景色を堪能してください。
ちなみに「切幡寺」でも、本堂のある境内までしか登らなかった場合は、このような景色を楽しむことはできません。
私が訪れた際に巡拝者は何人かいたのですが、「大塔」まで登ったのは私だけで、皆さんもったいないなと思いました。
車遍路さんは333段もパスして、境内近くまで車で来られてしまうので、わざわざ111段登ろうとは思わないかもしれませんね。

 

おまけの自動給水式手水舎その2

8番札所「熊谷寺」で龍の口から自動で水の出る手水舎を発見してから、手水舎の造りが気になりだしてしまいました。

「切幡寺」の手水舎も自動給水式。
こちらは竹筒で、近づくと複数の穴から上品に少しずつ水が流れてきます。

なかなかお上品な水の流れ。ちょろちょろと水の落ちる音にも癒されます。

なかなかお上品な水の流れ。ちょろちょろと水の落ちる音にも癒されます。

どうでもいいことのようですが、札所で自分なりの発見をすることも遍路の楽しみだと思います。

というのはあくまでもおまけで、「切幡寺」の「大塔からの景色」をお見逃しのないよう。

 

【10番札所】  得度山 灌頂院 切幡寺(とくどざん かんじょういん きりはたじ)
宗派: 高野山真言宗
本尊: 千手観世音菩薩
真言: おん ばざらたらま きりく
開基: 弘法大師
住所: 徳島県阿波市市場町切幡字観音129
電話: 0883-36-3010

 

あなたにおすすめ

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」
TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

ごんのすけ

お遍路さん初心者です。  2015年1月20日(火)に1番札所を出発し、2015年3月1日(日)に41日間で88番札所で通し歩き結願を果たすことができました。 2015年4月12・13日の2日間で、開創1200年で盛り上がる高野山にお礼参りにも行ってきました。 自身の通し歩き遍路体験を元にお役立ち情報を発信しています。