四国遍路情報サイト「四国遍路」
四国八十八ヶ所霊場

第70番本山寺の古堂たちと同時期の出来事【70番札所「本山寺(もとやまじ)」】

スポンサーリンク   古い建造物を多数目にすることができる第70番本山寺。最古参のものは鎌倉時代で、その後戦国の世があったことを考えると現存しているのは奇跡ともいえます。本山寺の歴史と同時期の日本を考察します。
Continue Reading
遍路×サイクリング

自然とお遍路さんの融合が美しい境内と牛鬼の伝説【82番札所「根香寺(ねごろじ)」】

山中奥深く美しい緑に囲まれた根香寺と絵画の世界のような一幕。突然現れた牛鬼の像とその物語。   あなたにおすすめ    四国遍路情報サイト「四国遍路」TOPページに戻る
Continue Reading
遍路×サイクリング

大楠の生命力と戒壇めぐりの同行二人【75番札所「善通寺(ぜんつうじ)」】

翌朝再度戻った75番札所善通寺の境内で、生命力溢れる長寿の楠がとても大きなエネルギーを与えてくれた。戒壇めぐりでは”同行二人”の意味を改めて深く体感することとなった。
Continue Reading
遍路×サイクリング

善通寺の薬師如来像にひきつけられる【75番札所「善通寺(ぜんつうじ)」】

75番札所善通寺への到着は少し遅く、ちょうど日が暮れてきてたときだった。境内に入るなり感じた強いパワーのようなもの、これまでにないほどに惹きつけられた薬師如来像、善通寺で感じたものはやはり何か特別なものだった。
Continue Reading
遍路×サイクリング

穴禅定に岩屋と自然と融合する特別な体験ができるお寺【45番札所「岩屋寺(いわやじ)」】

小さな村を抜け、参道脇に佇む弘法大師と不動明王の仏像に祈ってからさらに階段を登っていくと、ようやく45番札所岩屋寺にたどり着くことができた。岩屋寺は境内と本堂があるだけのお寺ではなく、様々な印象的な特徴を持つ場所だった。
Continue Reading
遍路×サイクリング

トロピカルな雰囲気の境内で早朝参拝【38番札所「金剛福寺(こんごうふくじ)」】

札所間の距離が最も長く遠方に位置する38番札所金剛福寺。距離は長いが平坦なルートを走行し、たどり着いたのはあまり見かけない植物がトロピカルな雰囲気を醸し出すお寺だった。
Continue Reading
遍路×サイクリング

昔懐かしい手作り飴屋さんとイチョウの巨木【5番札所「地蔵寺(じぞうじ)」】

5番札所地蔵寺の境内で一際目を引いたイチョウの巨木。その実の香りは季節の訪れを知らせていた。門前ではノスタルジックな手作り飴との出会いがあった。
Continue Reading
遍路×レイライン

讃岐国高松藩初代藩主・松平頼重と結界【霊芝寺(香川県さぬき市)】

讃岐国高松藩の二つの菩提寺のうちのひとつ「霊芝寺」は、高松藩二代藩主と九代藩主が儒教形式で葬られている寺院です。高松城とレイラインでつながる位置関係から、一族の繁栄を願ったおもいがみえてきます。
Continue Reading
遍路宿

総本山善通寺宿坊「いろは会館」は弘法大師生誕の地に泊まれる宿泊施設【75番札所「善通寺(ぜんつうじ)」】

75番札所善通寺の宿坊「いろは会館」は、最大250名が収容できる大きな宿坊です。早朝の勤行や、宿泊者だけが利用できる天然温泉「大師の里湯」など、善通寺ならではの体験ができるので、お遍路さんにとても人気があります。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

「三羽雀」から「菊に善」への寺紋の変遷に秘められた「真言宗善通寺派」の歴史【75番札所「善通寺(ぜんつうじ)」】

空海を輩出した佐伯氏が使用していたとされる「三羽雀紋」にあやかり、香川県内では雀紋を寺紋に使う寺が複数存在しますが、佐伯氏にゆかりの深い75番札所善通寺の現在の寺紋は「菊に善」。寺紋の視点で善通寺の歴史の変遷に迫ります。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top