愛媛県内子町には歩き遍路さんにありがたい遍路小屋・休憩所・お堂がたくさんあり、宿泊も可能にしてくださっているところも多いです。
私がおすすめするスポットをまとめてみました。

川に沿って山の中に入る内子町の道のり

お大師さま野宿のゆかりの地「十夜ヶ橋」がある大洲市を通過し、内子町に入ると中心街には重要伝統的建造物群保存地区に指定されている「八日市護国」の昔の風情を残す街並みを通り、私オススメの休憩スポット「道の駅 内子フレッシュパークKARARI(からり)」でひと休みしてからは、小田川に沿った国道379号を山の中に入っていきます。
※「十夜ヶ橋」と「内子町中心街」の様子は、以下リンクの記事もぜひご覧ください。

お大師さまが橋の下で野宿をした別格霊場8番札所にはありがたい通夜堂あり【十夜ヶ橋(とよがはし)】

ハゼを原料に木蝋と和紙の生産で財をなした重要伝統的建造物群保存地区【内子町八日市護国】

内子町は四国遍路においては札所がない通過エリアなのですが、久万高原に向けて登りが続き、峠を越える難所であるからか、歩き遍路さんにありがたい遍路小屋・休憩所・お堂がたくさんあります。
その中でも私がおすすめするスポットをまとめてご紹介したいと思います。

小田川は水がとてもきれいで、ところどころ河原に下りられる場所があるので、川を眺めながら岩の上で休憩するのも乙でした。南予の道のりで時々お会いした香川県からの歩き遍路さんと一緒にひと休みです。

小田川は水がとてもきれいで、ところどころ河原に下りられる場所があるので、川を眺めながら岩の上で休憩するのも乙でした。南予の道のりで時々お会いした香川県からの歩き遍路さんと一緒にひと休みです。

 

「大江健三郎」の出身地「大瀬」の「丸型ポスト」

内子町の中心街から約6kmほど進むと、「大瀬(おおせ)」の集落があります。
ここはノーベル文学賞作家「大江健三郎」の出身地だそうで、小さいながらも昔風の建物に統一された商店街があり、こんな山奥でも昔から住んでいる方はいらっしゃるんだなとしみじみ感じ入ってしまいました。

私の山奥生活の心配をよそに、なかなか活気のある商店街で、街並みも美しかった「大瀬」の集落です。

私の山奥生活の心配をよそに、なかなか活気のある商店街で、街並みも美しかった「大瀬」の集落です。

そして、昔風の建物に興味を持ち、きょろきょろしながら歩いていると、いらっしゃいました「丸型ポスト」です。
※「丸型ポスト」に関しては、以下タグの記事をぜひご覧になってみてください。

四国遍路「丸型ポスト」タグ

「大瀬郵便局」前の「丸型ポスト」です。昔風の建物が並ぶ街並みに完全に溶け込んで、美しい姿がまぶしかったです。

「大瀬郵便局」前の「丸型ポスト」です。昔風の建物が並ぶ街並みに完全に溶け込んで、美しい姿がまぶしかったです。

ここ「大瀬」には、旧喜多郡大瀬村役場だった建物を改修して、交流拠点として地元のボランティアさんが運営している宿泊施設「大瀬の館」があり、山村の生活感を味わえそうな雰囲気を感じたので、参考に施設HPのリンクをはっておきます。

愛媛県内子町 大瀬の館HP: http://xn--u9jy93jekpep1b.com/

 

千人にお接待を記念して建て替えられた「千人宿記念大師堂」

「大瀬」の集落から3kmほど進み、国道379号と小田川を挟んで対面の旧道沿いに「千人宿記念大師堂」があります。
この地で長くお遍路さんにお接待や善根宿を提供してきた山本さんが、昭和5年に千人宿泊を記念して古くからあった大師堂を建て替えたのが「千人宿記念大師堂」とのことで、現在も代替わりして維持管理を引き継がれているそうです。

「奉納」の白幕がとても目立つ「千人宿記念大師堂」です。長い年月が経っているとは思えないほど、建物がしっかりしています。

「奉納」の白幕がとても目立つ「千人宿記念大師堂」です。長い年月が経っているとは思えないほど、建物がしっかりしています。

大師堂内は8畳一間のスペースに寝具も用意してくださっていて、宿泊にとてもありがたい環境です。お大師さまに見守られながら、一夜宿をお借りできます。

大師堂内は8畳一間のスペースに寝具も用意してくださっていて、宿泊にとてもありがたい環境です。お大師さまに見守られながら、一夜宿をお借りできます。

大師堂のすぐとなりの「やなぜうどん 山本商店」さんが、管理をされているので、利用の際は一声お声がけを。

【千人宿記念大師堂 地図】

 

久万高原への複数ルートの分岐点「突合」にある「遍路小屋 内子」

「千人宿記念大師堂」から2km程度で、国道379号と国道380号の交差点「突合(つきあわせ)」があり、久万高原への峠越えの複数ルートの分岐点になります。
「鴇田(ひわた)峠」を越えるルートなら田渡川沿いの国道379号方向に左折、「農祖(のうそ)峠」を越えるルートなら通ってきた小田川沿いの国道380号方向に直進します。
私は「鴇田峠」ルートを選択し、「突合」の交差点から少し進んだ先に、「遍路小屋 内子」がありました。

木造の小屋がふたつと仮設トイレがある充実した遍路小屋です。手前の大きい方の建物は、小上がりスペースがあり、宿泊も十分に可能な環境です。奥の方の建物が実は…

木造の小屋がふたつと仮設トイレがある充実した遍路小屋です。手前の大きい方の建物は、小上がりスペースがあり、宿泊も十分に可能な環境です。奥の方の建物が実は…

シャワースペースになっています。水も使うことができるのは、野宿遍路にはとてもありがたいですね。

シャワースペースになっています。水も使うことができるのは、野宿遍路にはとてもありがたいですね。

この遍路小屋は、地元の方々の熱意と、愛媛信用金庫の寄付で平成21年(2009年)に建設されたそうで、遍路小屋周辺のスペースも広いので、野宿には重宝するスポットです。

【遍路小屋「内子」 地図】

 

清潔なトイレがありがたい「なみへいうどん」

田渡川沿いの国道379号をしばらく進んでいくと、突然木造のきれいな建物と敷地内に休憩所らしきスペースを発見し、ここが「なみへいうどん(なみへい食品株式会社)」で、不思議な名前と建物の美しさにひかれ、立ち寄りました。

山と川しか見えなかった景色の中に、いきなり美しい建物が。こんなところに「うどん屋」があるなんて、なかなかの穴場で、秘境探検の雰囲気を味わうことができると思います。

山と川しか見えなかった景色の中に、いきなり美しい建物が。こんなところに「うどん屋」があるなんて、なかなかの穴場で、秘境探検の雰囲気を味わうことができると思います。

「うどん屋」としての営業時間は昼の短い時間のようで、私が立ち寄った時には営業していなかったのですが、休憩スペースとトイレをお借りすることができ、特にトイレが清潔でたいへんありがたかったです。

「うどん屋」は営業時間外でしたが、製麺作業をされている方に声をかけさせていただき、建物併設のトイレを利用させていただきました。

「うどん屋」は営業時間外でしたが、製麺作業をされている方に声をかけさせていただき、建物併設のトイレを利用させていただきました。

参考にお店HPのリンクをはっておきます。

なみへいうどんHP: http://namihei-udon.com/

【なみへいうどん(なみへい食品株式会社) 地図】

 

内子町と砥部町の境「落合」にあるお堂

「なみへいうどん」から国道379号をさらに進み、「落合トンネル」という短いトンネルを抜けると、国道379号と県道42号の分岐点「総津落合交差点」で、ここが内子町と砥部町の境にあたります。
ここから「鴇田峠」へは県道42号を進み、いよいよ未舗装路もある峠道に入り、峠を越えて久万高原中心街に出るまでに12kmほどの距離がありますので、午後の遅い時間にここにたどり着いた場合は、その日はこれ以上進まない方が無難です。
ということで、多くのお遍路さんは国道379号を少し進んだ先の砥部町広田の集落に数軒旅館がありますので、ここをベースキャンプにして、朝から「鴇田峠」に挑む方が多いですが、野宿にこだわる方用に、宿泊可能なお堂をご紹介します。

写真のトンネルが「落合トンネル」で、トンネルを越えたところから「総津落合交差点」を撮影しました。ご紹介するお堂は、交通標識の川を渡って向こう側、写真で小さく見える階段を上がった上に建っています。

写真のトンネルが「落合トンネル」で、トンネルを越えたところから「総津落合交差点」を撮影しました。ご紹介するお堂は、交通標識の川を渡って向こう側、写真で小さく見える階段を上がった上に建っています。

階段の上に建つお堂はこんな感じ。事前情報がないと、近寄りづらい雰囲気かもしれません。

階段の上に建つお堂はこんな感じ。事前情報がないと、近寄りづらい雰囲気かもしれません。

お堂の中はこんな感じ。隙間があいた木戸なので、気温は外と同じですが、雨風はしのぐことができるので、野宿遍路にはありがたい宿泊スポットです。

お堂の中はこんな感じ。隙間があいた木戸なので、気温は外と同じですが、雨風はしのぐことができるので、野宿遍路にはありがたい宿泊スポットです。

[宗ジン落合交差点おホールグラフに]

 

ということで、内子町内にはありがたい休憩・宿泊スポットがたくさんあり、地域の方々の遍路への理解を深さを感じ、まさしく愛媛伊予國「菩提の道場」を体感する道のりでしたが、このエリアは山の中で、天候が変わりやすいですし、登り坂が続き峠を越える難所ですので、けっして無理はせず、時間に余裕をもって、計画的に進まれることをおすすめします。

 

スポンサーリンク

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」 TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

ごんのすけ

お遍路さん初心者です。  2015年1月20日(火)に1番札所を出発し、2015年3月1日(日)に41日間で88番札所で通し歩き結願を果たすことができました。 2015年4月12・13日の2日間で、開創1200年で盛り上がる高野山にお礼参りにも行ってきました。 自身の通し歩き遍路体験を元にお役立ち情報を発信しています。