四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路道

奥の院と呼ばれる古刹へ 【別格13番札所「仙龍寺(せんりゅうじ)」への遍路道】

伊予国の終盤、65番三角寺境内から続く道。かつての遍路が皆訪れていたという場所へ向かいます。   あなたにおすすめ    四国遍路情報サイト「四国遍路」TOPページに戻る
Continue Reading
遍路宿

山の上の大広間「通夜堂」で一夜を明かす際にはロープウェイ乗り場を要チェック【66番札所「雲辺寺」】

66番札所「雲辺寺」では大きな広間の「通夜堂」を用意してくださっています。山の上で一夜を明かす際に要チェックなのが「ロープウェイ乗り場」で、意外と宿泊時に重宝しました。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

讃岐の関所寺は「五百羅漢」「おたのみなす」「大師乳銀杏」に「スノーパーク」まで見どころ満載【66番札所「雲辺寺(うんぺんじ)」】

讃岐國最初の66番札所「雲辺寺」は、四国霊場最高峰にして関所寺でもあります。 雲辺寺山の山頂には、「五百羅漢」「おたのみなす」「大師乳銀杏」「スノーパーク」といろいろな見どころがありました。
Continue Reading
遍路道

遍路宿の案内人の「丸型ポスト」といかつい奴を見逃すなかれ【遍路道「丸型ポスト」まとめ(愛媛県東予エリア編)】

愛媛県東予エリアで見つけた「丸型ポスト」は、遍路宿の案内をしてくれていた親切な奴でした。 これまでの「丸型ポスト」とは姿が異なるいかつい奴もお見逃しなく。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

厳寒の山岳信仰の霊地は伊予の國の「関所寺」【60番札所「横峰寺(よこみねじ)」】

西日本最高峰「石鎚山」の中腹にある60番札所「横峰寺」は、昔から山岳信仰の霊地で、伊予の國の「関所寺」です。 2月下旬でも雪が残る厳寒のお寺で、あたたかいお接待をいただきました。
Continue Reading
遍路宿

ありがたいお言葉をいただけるお寺の「通夜堂」ではなく「遍路宿」に泊まらせていただく【光明寺(西条市三芳)】

西条市三芳の「光明寺」ではありがたい無料宿泊所をお接待してくださっています。 お寺の宿泊施設といえば「通夜堂」と呼ぶのが通例ですが、このお寺では「遍路宿」と呼びます。その心は?
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

仙人が忽然と姿を消した伝説のお寺にはお大師さまの「御加持水」と天然温泉付き「宿坊」あり【58番札所「仙遊寺(せんゆうじ)」】

58番札所「仙遊寺」は、40年ほど寺に籠った仙人が忽然と姿を消した伝説が寺名の由来になっています。 歩き遍路にありがたいお大師さまの「御加持水」と天然温泉付き「宿坊」があり、「通夜堂」でのうれしいお接待もあるようです。
Continue Reading
遍路道

瀬戸内海を臨む瓦の街「菊間」の「やくよけ大師 遍照院」と「青木地蔵」【松山市→今治市】

松山市から今治市へは瀬戸内海の美しい景色を眺めながら、ひたすら北上していきます。 今治市に入って最初の街「菊間」は、瓦屋さんが立ち並び、お大師さまゆかりの「遍照院」と「青木地蔵」がありました。
Continue Reading
遍路道

四国遍路の元祖「衛門三郎」の「邸宅跡」と「納札発祥の地」【別格9番札所「文殊院」・「札始大師堂」】

「浄瑠璃寺」「八坂寺」からほど近い松山市荏原集落は、四国遍路の元祖「衛門三郎」の出身地といわれています。 衛門三郎の邸宅跡に創建されたとされる「文殊院」と衛門三郎が初めて札を納めたとされる「札始大師堂」に立ち寄りました。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top