スポンサーリンク

 

75番札所「善通寺」は、お大師さまの出身家である佐伯家ゆかりのお寺で誕生の地でもあるといわれています。
広大な境内にはたくさんのお堂が建ち並び、重要文化財の宝庫でもありました。

さてどちらに進めばよいのやら

74番札所「甲山寺」を参拝し、「宮川製麺所」で昼食をとり、巨大病院「四国こどもとおとなの医療センター」を横目に進んだ先で、老舗パン屋「三村のパン」を発見して立ち寄りました。
※「宮川製麺所」「三村のパン」の様子は、以下リンクの記事もぜひご覧ください。

さぬき式セルフに圧倒されながらも優しいおねえさんに教えを請う【宮川製麺所[善通寺市]】

昭和28年創業老舗パン屋の善通寺名物「レトロあんぱん」【三村のパン[善通寺市]】

「三村のパン」が角にある交差点から、歴史を感じるお店が点在する細道に入って300mほど進むと75番札所「善通寺」に到着しますが、さてどちらに進めばよいのやら、迷ってしまいました。

右側(西方向)を見ると、小さな橋を渡った先に「仁王門」が見えます。

右側(西方向)を見ると、小さな橋を渡った先に「仁王門」が見えます。

左側(東方向)を見ると、お大師さまらしき後ろ姿と、その先に巨大であろう塔の先端が見えています。

左側(東方向)を見ると、お大師さまらしき後ろ姿と、その先に巨大であろう塔の先端が見えています。

私は「仁王門」を目指して右側に進んだのですが、こちらは「大師堂」である「御影堂(みえどう)」がある「西院」で、「本堂」である「金堂」は左側に進んだ先の「東院」にあることを、「西院」に入ってから気がつき、「本堂」に先に参拝するために、引き返すことになりました。
ちなみに、先ほどの写真で「東院」に進む途中で後ろ姿が見えていた弘法大師像があるお寺は「観智院(かんちいん)」で、「善通寺」創建と同時に空海によって開創され、多くの堂塔がある「善通寺」の寺務を筆頭格として統括していたお寺なのだそうです。
弘法大師像は昭和9年(1934年)に建てられたもので、像の周囲には四国八十八ヶ所の御本尊とお砂が配置され、お砂踏みができるようになっています。

「善通寺」は広大な境内で、大きくは「東院」と「西院」の2つのエリアにわかれており、歩き遍路道は2つのエリアのちょうど真ん中にたどり着きますので、私のように迷わないようにご注意ください。

 

お大師さまの父ゆかりの「伽藍」には重要文化財の「金堂」「五重塔」

ということで、まずは「本堂」がある「東院」へと進みます。
「伽藍」とも呼ばれる「東院」では、表情豊かな「五百羅漢」がお出迎えしてくださいますが、まず目に飛び込んでくるのは巨大な「五重塔」です。

「五百羅漢」に注目したいところですが、目を奪われるのは、境内にそびえる…

「五百羅漢」に注目したいところですが、目を奪われるのは、境内にそびえる…

高さ43mの「五重塔」で、「善通寺」のシンボルです。

高さ43mの「五重塔」で、「善通寺」のシンボルです。

そして、「本堂」である「金堂」も重厚なたたずまい。

江戸時代中期の元禄12年(1699年)創建、入母屋造で外観は2階建てに見えますが、実は内部は1層の珍しい建物です。

江戸時代中期の元禄12年(1699年)創建、入母屋造で外観は2階建てに見えますが、実は内部は1層の珍しい建物です。

「五重塔」と「金堂」は重要文化財にも指定されている見事な建造物です。

「善通寺」の縁起によると、現在の「善通寺」の所在地は空海が生まれた地で、「東院(伽藍)」がある場所は空海の父であり地元の豪族であった佐伯直田公(さえきのあたいたぎみ(法名:善通))から空海が土地の寄進を受けて、唐での修行後、長安の青龍寺を模して創建されたといわれています。
寺名も父の法名から「善通寺」とされたのですが、当時の「善通寺」は現在の「東院」にあたる場所のみで、「西院」の場所はのちに創建されることになります。

 

佐伯家邸宅跡に創建された「誕生院」

現在の「西院」にあたる場所は「誕生院」とも呼ばれており、元は佐伯家の邸宅があった場所だといわれています。
ここに堂宇が建設されたのは、「善通寺」創建から400年以上経った鎌倉時代の建長元年(1249年)で、創建時は空海誕生の地であることから名をとり「誕生院」とされ、「善通寺」とは別のお寺だったそうです。

「西院」には、空海の足跡をたどる絵画が展示されています。

「西院」には、空海の足跡をたどる絵画が展示されています。

お大師さま像の前には、向かって左に父「佐伯直田公」、中央に幼少期の空海「幼名:佐伯真魚」、右に母「玉依御前」がいらっしゃいます。

お大師さま像の前には、向かって左に父「佐伯直田公」、中央に幼少期の空海「幼名:佐伯真魚」、右に母「玉依御前」がいらっしゃいます。

佐伯家邸宅跡に建造されたといわれている「御影堂(みえどう)」が「大師堂」です。

佐伯家邸宅跡に建造されたといわれている「御影堂(みえどう)」が「大師堂」です。

「御影堂」の地下は、約100mの暗闇の道を、法号を唱えながら歩き、お大師さまと結縁する「戒壇めぐり」をすることができる道場となっています。

「西院」には、他にもたくさんのお堂があり、観光目的の参拝客の姿も多くみられます。

また、「西院」の敷地内には、お遍路さんの中では超有名な宿坊「いろは会館」もあります。

宿坊内には、温泉が湧出する大浴場「大師の里湯温泉」もあり、お遍路さん以外の宿泊客も多いそうです。

宿坊内には、温泉が湧出する大浴場「大師の里湯温泉」もあり、お遍路さん以外の宿泊客も多いそうです。

 

75番札所「善通寺」は、お大師さま誕生の地であり、真言宗善通寺派の総本山たる堂々たるお寺でした。
広大な境内をじっくりまわらせていただき、次の札所を目指します。

 

四国遍路情報サイト「四国遍路」を運営する株式会社四国遍路では、総本山善通寺と共同で、善通寺をより詳しくご紹介し、楽しんでいただくことができるツアープランをご提供しています。
ツアーの様子を撮影した以下動画をぜひご覧ください。
ツアーの参加希望・お問い合わせは株式会社四国遍路にご連絡ください。
TEL: 087-899-6737
E-mail: info@shikokuhenro.co.jp

 

【75番札所】  五岳山 誕生院 善通寺(ごがくざん たんじょういん ぜんつうじ)
宗派: 真言宗善通寺派
本尊: 薬師如来
真言: おん ころころ せんだり まとうぎ そわか
開基: 弘法大師
住所: 香川県善通寺市善通寺町3-3-1
電話: 0877-62-0111

 

あなたにおすすめ

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」
TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

ごんのすけ

お遍路さん初心者です。  2015年1月20日(火)に1番札所を出発し、2015年3月1日(日)に41日間で88番札所で通し歩き結願を果たすことができました。 2015年4月12・13日の2日間で、開創1200年で盛り上がる高野山にお礼参りにも行ってきました。 自身の通し歩き遍路体験を元にお役立ち情報を発信しています。