【今治6ヶ寺めぐり-ポタリング編その3】56番泰山寺と57番栄福寺と武田屋八幡饅頭

スポンサーリンク

愛媛県今治市は、四国八十八ヶ所霊場のうちの6ヶ寺がある札所密集地。自転車の聖地「しまなみ海道」の四国側の玄関口であるこの街で、1日のポタリング遍路に挑戦します。54番延命寺から56番泰山寺を目指します。

 

54番札所延命寺の次は56番札所泰山寺

愛媛県今治市は54番札所延命寺から59番札所国分寺までの6つのお寺が集まる札所密集地で、全て参拝しても20km程度の距離の範囲です。今回は、自転車の聖地である今治にちなみ、折りたたみ自転車を使って1日で6つの札所をめぐる「今治6ヶ寺めぐり」を企画しました。
※出発からの経緯については、下記のリンクをご覧ください。

【今治6ヶ寺めぐり-ポタリング編その1】スタートの今治港から55番札所南光坊

【今治6ヶ寺めぐり-ポタリング編その2】55番南光坊から54番延命寺へ

今治市街地中心部から54番札所延命寺に進んだ後は、56番札所泰山寺を目指します(55番札所南光坊は参拝済みのため)。距離にして約3kmの平坦な道が続く快走ルートでした。。

延命寺から泰山寺の道

延命寺から泰山寺までは本来の遍路ルートがないので、バイパスをぐいぐい進みます。

 

56番札所泰山寺到着

泰山寺に着いたのは、11時25分で延命時から約25分かかりました。特に寄り道をしなかったのですが、少し道に迷ったのがロスになったのでしょうか。

泰山寺と自転車

泰山寺の入り口階段脇に自転車を停めます。

泰山寺本坊

泰山寺本坊の様子。

四国遍路においては、2月は閑散期といわれていて、ここまでに訪問したどの寺も「今の時期はお遍路さんは少ないね」とのことでした。少しだけ住職さんとお話しし、次の57番栄福寺に出発します。約3kmの道のりです。

 

【「56番札所泰山寺」 地図】

 

57番札所栄福寺へ

栄福寺までの道もほぼ平坦で、田畑と住宅地の混在したエリアを進みます。栄福寺のおしゃれな看板が見えてきたので、指示通りに右折。しばらく進むとお遍路さんの道しるべが見えてきたので、矢印に従って細い道を進むことにしました

栄福寺看板

オリジナルのロゴが描かれた栄福寺の看板。

栄福寺遍路道

標石と道しるべにしたがって、細い水路沿いの道を進みます。

栄福寺への坂

家の裏手を進むと坂が見えてきます。栄福寺は小高い丘の上です。

栄福寺境内

栄福寺に到着。

車が通れないような細い遍路道を進み、栄福寺に到着したのは12時10分。途中少し寄り道したので、泰山寺からは25分程度かかった計算です。3km超の道なので我ながらスローペースです。次の58番仙遊寺までも約3kmですが、山を登るので覚悟が必要です。

 

【「57番札所栄福寺」 地図】

 

武田屋八幡饅頭でひとやすみ

栄福寺のすぐ近くには「武田屋八幡饅頭」という饅頭屋さんがあり、このエリアの名物と聞いて気になっていました。ちょうどお昼になっていたので、休憩がてら立ち寄ってみます。

武田屋八幡饅頭

100年以上の歴史を持つ武田屋八幡饅頭。

店内に入り、ショーケースに入った複数個入りパックを眺めていると、店員さんが「注文は一個からでも大丈夫ですよ」と言ってくださいました。お言葉に甘えて3個購入し、お店の横にある休憩スペースでいただくことに。簡易包装で渡されたお饅頭はほんのり暖かく優しいお味でお茶もすすみます。黒糖入りの「ねっちり系」のあんこと程良い厚みの皮が気に入ってしまって、お土産を買うために再度入店しました。平日の昼でしたが、地元の人が続々と来店していて、地域で愛されているお店であることを実感しました。

武田屋八幡饅頭と休憩所

「美味しかったのでお土産買います」と伝えると、お店の人も「美味しいでしょう!」と笑顔で返してくれました。

 

【「武田屋八幡饅頭」 地図】

 

おいしいお饅頭を食べながら一休みする至福の時間を過ごし、すぐに58番札所仙遊寺へと向かいます。すでにバター餅も食べていたので私は昼食はとりませんでしたが、56番札所泰山寺から57番札所栄福寺のルート周辺には食事処が数軒あるので、食事には困らないかと思います。

※自転車での今治6ヶ寺めぐりの様子は以下リンクの記事に続きます。

【今治6ヶ寺めぐり-ポタリング編その4】58番仙遊寺から59番国分寺

この記事を書いた人

廣瀬美音子
札幌で生まれ育ち、東京にて都市計画コンサルタントに従事。結婚を機に香川に移住し、地方自治体勤務などを経て、2019年から株式会社四国遍路(https://shikokuhenro.co.jp/)に入社。お遍路文化を通じた新しい四国の楽しみ方を模索しています。日本酒とワインが好き。