スポンサーリンク

 

阿波の國に別れを告げ、ひたすら続く海沿いの国道55号で、土佐の國に入っていきます。
県境のまち「東洋町」には、猿との遭遇あり、歩きにくい危険箇所あり、それ以外にもネタ満載の要注意区間でした。

まったく気がつくことなく「土佐の國」に突入

果てしなく続く室戸岬への道のりの2日目は、前日野宿していた「鯖大師」からスタートし、徳島最後のまち「海陽町」の「宍喰温泉」で長時間休養をとって、いよいよ「土佐の國」に突入していきます。

私はここで大失態をおかすのですが、「宍喰温泉」から1kmほど先の「水床(みとこ)トンネル」を通過すると、そこから高知県に入るのですが、なぜかそれにまったく気が付かずに、東洋町内をまだ徳島県だと思って歩いていました。

ということで、かなり前の「鴨島のスーパー」で購入していた徳島銘菓「金長まんじゅう」を備蓄食料として持っていたのですが、徳島を出る前に食べようと思っていたのに、見事にそれを逃し、高知県内で食べるはめになってしまいました。
そろそろ高知県に入るはずだから食べておこうと思ったのが「生見(いくみ)海岸」の自動販売機コーナーでした。
まだこの時点でもすでに高知県にいることは気づきませんでした。

徳島県内で食べきった思っていた記念撮影。長い期間ザックの中で揺さぶられて、中身はけっこう崩れていたので、「狸」がトレードマークのパッケージ写真のみ掲載します。

徳島県内で食べきった思っていた記念撮影。長い期間ザックの中で揺さぶられて、中身はけっこう崩れていたので、「狸」がトレードマークのパッケージ写真のみ掲載します。

「金長まんじゅう」は、皮にココアパウダーが入っていて茶色、中は白餡で、徳島の民話「金長狸」のお腹をイメージしているそうです。
「金長ゴールド」は、中は同じ白あんで、皮も白のバージョン。
第22回全国菓子大博覧会で名誉総裁賞を受賞した徳島銘菓で、徳島県内ではお土産物屋や地元スーパーなどいたるところで売られていますし、ネットでも購入可能なので、ぜひ試してみてください。

ご興味ある方は、製造元の「株式会社ハレルヤ」のHPにてご覧になってみてください。

株式会社ハレルヤ:http://www.hallelujah.co.jp/

ネット購入可能な徳島特産品のお店のリンクも貼っておきます。

 

 

「野根まんじゅう」と、「野根の昼寝」の「明徳寺(東洋大師)」

生見海岸から更に2kmほど進んでいくと「野根(のね)」の集落にたどり着きます。

ここにはお遍路さんには有名な「明徳寺(みょうとくじ)」 別称「東洋大師(とうようたいし)」があります。
四国内に数多く残る弘法大師の水祈祷伝説スポットの番外霊場で、歩き遍路さんには宿泊可能な通夜堂を提供してくださっていることで知られています。

私は立ち寄らなかったですが、門前から記念撮影のみ。写真右のプレハブ小屋が「通夜堂」で、とても環境の良いありがたい宿泊施設と聞いています。 

私は立ち寄らなかったですが、門前から記念撮影のみ。写真右のプレハブ小屋が「通夜堂」で、とても環境の良いありがたい宿泊施設と聞いています。

【番外霊場】  金剛山 明徳寺(こんごうざん みょうとくじ) 通称:東洋大師(とうようたいし)
宗派: 真言宗豊山派
開基: 弘法大師
住所: 高知県安芸郡東洋町大字野根丙2246
電話: 0887-23-9777

 この「野根」のエリアは、昔はお遍路さんにとっては難所だったそうで、現在の国道55号が開通するまでは、海岸に下りて「ごろごろ石」「飛び石」「はね石」と呼ばれていた足元が悪い磯を歩くか、満潮など歩けないときは野根山を越えなければいけなかったとのことです。そこで、この「明徳寺」で休憩していくお遍路さんが多く「野根の昼寝」という言葉もできたそうです。

もうひとつ「野根」の名物があり、それが「野根まんじゅう」です。
明治時代創業で、昭和・今上天皇陛下献上の歴史があり、高知県内はもとより、都内百貨店でも扱っているところがある銘菓です。
元祖は、現在5代目になっている「浜口福月堂」で、もちろん「野根」にお店がありますので、立ち寄るのもいいかもしれません。
ちなみに「野根まんじゅう」をつくっているお菓子屋さんは「浜口福月堂」だけではなく、いくつかあるようで、「野根」でも数軒見つけました。

店名:  浜口福月堂
住所: 高知県安芸郡東洋町野根丙1942
電話: 0887-28-1043
店HP: http://www.nonemanjyu.com/

 

2回目の「猿との遭遇」の危険区間

「野根」を通過すると、ここからはしばらくお店やトイレがほとんどない区間に入っていきますので、それを前提に「野根」で準備を整えてください。

そしてこの区間で注意が必要なのが「猿」と「雑草」です。

「猿」に関しては、国道の山側がけっこうな高さの柵で落石対策がされているのですが、その柵の上や直下まで集団で迫ってきているところと遭遇しました。
他の歩き遍路さんと話したところ、かなり多くの方が遭遇しているので、ここは猿がたくさんいることを前提に、襲われないように携帯食を隠しておくなど対策をした方がよいと思います。
遍路旅で猿と遭遇したのは、初日の4番札所「大日寺」手前の旧遍路道とここの2回でした。
野生動物との遭遇も歩き遍路の醍醐味といえばそうですが、被害はないように常に対策は必要ですね。

そしてもうひとつの注意点が「雑草」です。
この区間は比較的歩道がしっかり整備されているエリアではあるのですが、歩道に多くの雑草が生えていて、一番厄介なのは木の枝のように固い正体不明の植物です。

こんな感じで歩道を覆いつくされているエリアがありました。

こんな感じで歩道を覆いつくされているエリアがありました。

この植物が生えているところは歩くことができず、やむをえず車道に出て歩いたこともあり、車がかなりのスピードでとばしてくる区間でもあるので、十分注意が必要です。
さすがにこれをすべて草刈りしながら歩くわけにはいかなかったのですが、別の機会で草刈りしに来ようかと思ったくらいの道でした。

 

室戸岬への果てしない道のり2日目は「鯖大師」から、東洋町をへて、室戸市に入り「佐喜浜」までの約40km弱を歩き、前日の40km超歩行と合わせて、足にかなりのダメージを受けていたのですが、このときはそこまで深刻には考えず、あとから痛い目をみるのですが、それはまた別の機会にご紹介します。

 

あなたにおすすめ

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」
TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

ごんのすけ

お遍路さん初心者です。  2015年1月20日(火)に1番札所を出発し、2015年3月1日(日)に41日間で88番札所で通し歩き結願を果たすことができました。 2015年4月12・13日の2日間で、開創1200年で盛り上がる高野山にお礼参りにも行ってきました。 自身の通し歩き遍路体験を元にお役立ち情報を発信しています。