四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路×サイクリング

穴禅定に岩屋と自然と融合する特別な体験ができるお寺【45番札所「岩屋寺(いわやじ)」】

スポンサーリンク   小さな村を抜け、参道脇に佇む弘法大師と不動明王の仏像に祈ってからさらに階段を登っていくと、ようやく45番札所岩屋寺にたどり着くことができた。岩屋寺は境内と本堂があるだけのお寺ではなく、様々
Continue Reading
遍路×サイクリング

自然の力を強く感じた参拝【44番札所「大寶寺(たいほうじ)」】

ミニベロでの四国八十八ヶ所霊場巡りがちょうど半分が終わった44番札所大寶寺にて、深いご縁と自然の不思議な力を感じることになった。   あなたにおすすめ    四国遍路情報サイト「四国遍路」TOPページ
Continue Reading
遍路×サイクリング

トロピカルな雰囲気の境内で早朝参拝【38番札所「金剛福寺(こんごうふくじ)」】

札所間の距離が最も長く遠方に位置する38番札所金剛福寺。距離は長いが平坦なルートを走行し、たどり着いたのはあまり見かけない植物がトロピカルな雰囲気を醸し出すお寺だった。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

民衆のために海神に身を捧げて大岩を取り除いた話【25番札所「津照寺(しんしょうじ)」】

“室戸三山” の一つに数えられる、第25番津照寺。地元では “津寺” の愛称で呼ばれる。お寺は太平洋に近い立地であることからか、海にまつわる話が多く残されています。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

その音は亡くなった人に届く… 鐘石【24番札所「最御崎寺(ほつみさきじ)」】

四国八十八ヶ所・第24番最御崎寺。 土佐國で初めての札所ですが、一つ前の札所である第23番薬王寺からの距離約80kmは、札所間距離第二位の長丁場。歩き遍路で訪れるとお寺に到着した時にこちらの山門をくぐることになります。
Continue Reading
遍路道

足摺岬の後、新しい道を行くか、打ち戻るか【38番札所「金剛福寺」門前】

高知県の足摺岬にある第38番金剛福寺。 はてしない道のりを経て到達するお寺の門前には、その後の進路を示す古い標石が残されています。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

首から上の病に霊験あらたかと伝わる梅見地蔵【30番札所「善楽寺(ぜんらくじ)」】

冬でも温暖な高知は青空が似合います。 30番札所「善楽寺」の境内に留まられて、お遍路さんを見守り続けるお地蔵さまがいらっしゃいます。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

本堂改修で仮安置中の「火伏せ不動尊」のかたわらに「お遍路バリィさん」【54番札所「延命寺(えんめいじ)」】

今治市最初の54番札所「延命寺」では、本堂改修中で御本尊「火伏せ不動尊」が仮安置されているお堂に珍しい参拝をしました。 そのかたわらでは、今治市の有名ご当地キャラ「バリィさん」がお遍路をしているというレアアイテム発見です
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

伊予國出身の「時宗」の開祖「一遍上人」と四代将軍「家綱」の念持仏「歓喜天」に注目【50番札所「繁多寺(はんたじ)」】

50番札所「繁多寺」は、伊予國出身の「時宗」の開祖「一遍上人」が逗留し「浄土三部経」を奉納したお寺です。 江戸時代には徳川家の帰依を受け、四代将軍「家綱」の念持仏であったといわれる「歓喜天」がまつられています。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

空也上人ゆかりのお寺は裏山の「奥の院」で八十八ヶ所参り【49番札所「浄土寺(じょうどじ)」】

49番札所「浄土寺」は、浄土教の先駆者とされる「空也上人」ゆかりのお寺で、口元から六体の阿弥陀小化仏を吐いている空也上人像が安置されています。 わたし的な見どころスポットは、裏山の「奥の院」にある「八十八ヶ所参り」です。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top