四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路道

遍路旅の寄り道に、しんじょう君の駅はいかがでしょう【土佐新荘駅[須崎市]】

スポンサーリンク   高知県の第36番青龍寺から第37番岩本寺へ向かう途中。 その間、距離約60kmは遍路全体行程の中でも五本の指に入る長い区間ですが、途中の須崎市にあるJRの無人駅がちょっとしたブームになって
Continue Reading
遍路B級グルメ

さぬきうどん遍路の結願は滋味あふれる「打ち込みうどん」で【八十八庵(やそばあん)[大窪寺門前]】

香川県に入ってたくさんのお店でいろいろな「さぬきうどん」を食べてきましたが、88番札所「大窪寺」の門前にある「八十八庵」でさぬきうどん遍路の旅も結願です。 滋味あふれる「打ち込みうどん」で、体も心もあたたまりました。 &
Continue Reading
遍路道

「屋島」からの下り道の危険な看板セレクション【84番札所「屋島寺」→85番札所「八栗寺」】

84番札所「屋島寺」がある台形の山「屋島」からの下り遍路道はスリリングでワイルドな道のりです。少々ビビる看板をいくつも発見しましたので、まとめてご紹介します。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

源平合戦の舞台には四国の狸の総大将「太三郎狸」あり【84番札所「屋島寺(やしまじ)」】

台形の山「屋島」の山頂付近にある84番札所「屋島寺」は、源平合戦の舞台にもなったことで有名なお寺です。 四国の狸の総大将「太三郎狸」の数々の伝説とともに「蓑山大明神」も参拝してください。
Continue Reading
遍路宿

高級立ち寄り湯でくつろいだ後に喫茶店裏で野宿【「天然いやだに温泉 大師の湯」「道の駅 ふれあいパークみの」】

71番札所「弥谷寺」のすぐ近くに、お遍路さんの休憩・宿泊によく利用される「道の駅 ふれあいパークみの」があります。 施設内の「天然いやだに温泉 大師の湯」でくつろいだ後の宿泊は、喫茶店裏で野宿させていただきました。
Continue Reading
遍路道

「大寳寺」裏山を通ったあとは峻険な修行道「八丁坂」を登る【44番札所「大寳寺」→45番札所「岩屋寺」】

44番札所「大寳寺」から45番札所「岩屋寺」に向かうルートは、久万高原の山あいを進む自然満喫ルート。 山岳修行の「岩屋寺」には、峻険な修行道「八丁坂」を登って山の尾根をつたっていきます。
Continue Reading
遍路道

小学生の応援を受けてから急坂下りに浜辺ありのアトラクション遍路道【大月へんろみち】

足摺岬から西海岸を進む「月山神社・大月海岸ルート」は、地元の有志によって2004年に復元された「大月へんろみち」を通るために進むようなもので、小学生の応援を受けて歩く、起伏に富んだすばらしい遍路道でした。
Continue Reading
遍路道

「ジョン万次郎」生誕の地「中浜」を走り抜ける路線バスの旅【足摺半島西岸ルート】

幕末から明治にかけて、通訳・教師として活躍した「ジョン万次郎」の生誕の地、足摺半島の「中浜」に立ち寄り、宿泊のために足摺岬に戻る際に利用した路線バスは、細くてくねくねの道を疾走する強烈な印象を残すものでした。
Continue Reading
遍路道

「清瀧寺」の山登り打ち戻りは荷物を預けていざ!【34番札所「種間寺」→35番札所「清瀧寺」】

仁淀川を渡って土佐市に入ると、次の札所は標高130mの「清瀧寺」への山登りです。 山へは行き帰り同じ道の打ち戻りになりますので、遍路道途中の土佐市観光笹岡ハイヤーさんに大きな荷物を預けてから挑みましょう。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

いかついお大師さまが炊くお米は一万倍?の通称「西寺(にしでら)」【26番札所「金剛頂寺(こんごうちょうじ)」】

かつては寺領が室戸全域にわたり隆盛を極めた26番札所「金剛頂寺」では、いかついお大師さまがお出迎えしてくれます。お大師さまが炊いた米が一万倍になり、住民を飢えから救ったといわれる「一粒万倍の釜」の伝説がありました。
Continue Reading
12

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top