スポンサーリンク

 

高知県の第36番青龍寺から第37番岩本寺へ向かう途中。
その間、距離約60kmは遍路全体行程の中でも五本の指に入る長い区間ですが、途中の須崎市にあるJRの無人駅がちょっとしたブームになっています。

しんじょうくんデザイン

 

—– こちらの記事に登場する主な地名
土佐新荘駅(とさしんじょうえき)
須崎市(すさきし)
多ノ郷(おおのごう)
角谷峠(かどやとうげ)
焼坂(やけざか)
 

しんじょう君

須崎市ご当地キャラ・しんじょう君

事の始まりは、須崎市のご当地ゆるキャラ「しんじょう君」が ゆるキャラグランプリ2016で第一位を獲得したこと。

須崎市はニホンカワウソが最後に目撃された場所。その地点が市内の新荘川。容姿と名前はそこに因みます。
頭部は須崎市のB級グルメ「鍋焼きラーメン」があしらわれています。

ニホンカワウソ…
 生きた姿が最後に目撃されたのが 昭和54年(1979)、須崎市新荘川にて。
その後、死体が発見されたことやカワウソの糞と思われるものが発見されたことがあるが、長らく生きた姿が見られていないことから、平成24年(2012)に絶滅宣言が出された。

平成29年(2017)、今年になって 長崎県の対馬で生きたカワウソの姿が映像に収められ 公開された。まだニホンカワウソと同定はされていないものの、しんじょう君人気の高まりと共に日本におけるカワウソ界は追い風が吹いていると言える。

 

JR土讃線「土佐新荘駅」

土佐新荘駅・駅名標

“新荘” の名を冠する駅にやってきました。

しんじょうくんフィーバー

四国にはよくある待合所のみの無人駅だったのですが、しんじょう君の登場以降変化が起きました。

しんじょう君とJR四国のコラボレーション

待合所の外壁と共に内側もリノベーション。とても明るい雰囲気の駅になりました。

待合所ベンチ

待合所のベンチも土佐新荘駅オリジナルデザインです。

 

ここに来るには…

時刻表・運賃表

列車で来るには到達難易度がやや高め。
一つ手前(高知寄り)の須崎駅は特急停車駅であり、高知駅からの区間列車が多く運行されているのですが、土佐新荘駅に来る列車は各駅停車のみで、一日七便しかありません。
特に日中は本数が少ないので、駅訪ねが目的の場合、須崎駅から歩いて訪れるのもありです。 徒歩15~20分、坂はありませんし、その道中には名物鍋焼きラーメンを食べることができるお店がたくさんあるので、ちょっとした観光コースになります。

※須崎市のご当地B級グルメ「鍋焼きラーメン」に関しては、以下リンクの記事もぜひご覧ください。

須崎名物「鍋焼きラーメン」は「雑炊」まで食べて完成【道の駅「かわうその里すさき」】

須崎B級グルメ「鍋焼きラーメン」発祥の店の味を追求した人気店【まゆみの店[須崎市]】

 

歩き遍路では別格5番札所「大善寺」から7,8分のところで、このお寺の最寄駅でもあります。道の駅かわうその里すさき の少し手前。

※別格5番札所「大善寺」に関しては、以下リンクの記事もぜひご覧ください。

お大師さまが海難者を弔い交通安全を祈願した「二つ石大師」【別格5番札所「大善寺(だいぜんじ)」】

船舶の往来安全に寄与していた太平洋を望む別格霊場【別格5番札所「大善寺(だいぜんじ)」】

 

実際にはドライブついでに自家用車での訪問が最も多い様子で、駅前に数台駐車することができます。

限定記念入場券

多ノ郷(おおのごう)・須崎・土佐新荘、市内3駅の限定記念入場券。

 

駅のホームから望む先は…

土佐新荘駅から窪川方面、新荘川に角谷峠

土佐新荘駅から窪川方面、流れている川が新荘川の河口部分。上流ではニホンカワウソが最後に目撃されました。

順打ちの歩き遍路では、ここから “土佐の親不知” と呼ばれる遍路ころがし。角谷峠(かどやとうげ)・焼坂(やけざか)・そえみみず坂 or 大坂越え・片坂… と続いていきます。
ここを境にお店の軒数が減ってくるので、この手前の須崎市街地で食事や他必要な物は調達しておきましょう。

 

そのような人口希薄地帯だからこそ カワウソが最後まで生き永らえることができたのかもしれませんね。

 

【「土佐新荘駅」 地図】

 

あなたにおすすめ

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」
TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

野瀬 照山

八十八ヶ所案内人・先達であり、旅人をお迎えするゲストハウスそらうみを運営。 四国八十八ヶ所結願30回、うち歩き遍路12回。 四国六番安楽寺出家得度。四国八十八ヶ所霊場会公認先達。 高松市一宮町で「さぬき高松ゲストハウスそらうみ(http://www.sanuki-soraumi.jp/)」を運営。